モントレーイトスギの特徴と育て方

公開日:2015年10月24日 ま行
どこでも販売されているので知らない人はいないと思われますが、実は「ゴールドクレスト」として販売されている品種は「モントレーイトスギ」という品種です。本来クリスマスの木と言えば「モミの木」ですが、入手のしやすさと手入れのしやすさからゴールドクレストが生木のクリスマスツリーとして使われることが多いようです。

【モントレーイトスギの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:コニファー,モントレーイトスギ

類 似 品 種 :イトスギ

学     名 :Cupressus

花  言  葉 :

科     名 :ヒノキ科

属     名 :イトスギ属

原  産  国 :北半球の広い地域

栽培のしやすさ :★★★★☆が多いほど初心者向け)

分     類 :

背     丈 :50~2000

入手のしやすさ :大型園芸店などで取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :

【モントレーイトスギの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の日向~

冬場の置き場所 :屋外の日向~屋内の日当たりのよい場所

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合0度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :挿し木(芽)で殖やせます

肥料・栄養剤等 :

【モントレーイトスギの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:その他

かかりやすい害虫:その他

【モントレーイトスギの特徴と育て方】-日常のお手入れ

丈夫な植物ですが、根が浅く広く張るので倒れやすいのが特徴です。大きな株には添え木が必要になることがあります。

葉ぶりがいいので見ごたえはあるのですが、内部の葉の密度が高いと蒸れてしまいますので、定期的に剪定が必要です。地植えでも鉢でも育てることができます。

その他

かかりやすい病気としては「葉枯病」というがあり、細菌による病気なのでなかなか完治は難しく、きちんと管理しているはずなのにだんだん葉が茶色くなってきてやがては枯れてしまいます。対策としては感染しないように泥はねしないようにすることと、木の内部の風通しをよくすることです。

スギ特有の「スギドクガ」という小さな虫が発生することがあります。毒性はありませんが、やはり枯れる原因になりますので、見つけたら早めに取るようにしましょう。

あまり地中深くに根を張って水を吸い上げる植物ではないため、深い鉢で底面給水すると茶色くなって枯れてしまうことがあります。特に鉢植えではこまめに水やりを行って表面の湿度を保つか、足元に植物を植えて水の吸い上げを良くするなどの工夫が必要です。
植え替え直後などは水ごけを上に置いたり、霧吹きで常に湿気を持たせるなどをすればスムーズに成長します。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)