インドゴムノキの特徴と育て方

公開日:2015年10月24日 あ行
自然環境では高さ30mになる高木ですが、剪定をこまめにすることで、1~2メートルの非常にボリウムのある樹形に仕立てることができます。葉は厚く楕円形、長さ30cmで光沢のある濃緑色です。フィカス属の仲間で品種が非常に多く、ミニ観葉から大鉢まで、年間通じて楽しめます。

【インドゴムノキの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:フィカス・エラスティカ、ゴムノキデコラ

類 似 品 種 :デコラ・バリエガタ/デコラ・トリカラーなど

学     名 :Ficus elastica

花  言  葉 :

科     名 :クワ科

属     名 :イチジク属(フィクス属)

原  産  国 :インド~マレーシア

栽培のしやすさ :★★★★★が多いほど初心者向け)

分     類 :

背     丈 :10~200

入手のしやすさ :大型園芸店などで取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :

【インドゴムノキの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の日向~

冬場の置き場所 :屋内の日当たりのよい場所~屋内の日当たりのよい場所

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合5度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :挿し木(芽), で殖やせます

肥料・栄養剤等 :

【インドゴムノキの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:炭そ病, その他

かかりやすい害虫:ハダニ, カイガラムシ, アブラムシ

【インドゴムノキの特徴と育て方】-日常のお手入れ

 日陰でも育ちますが、節間がのびて格好が悪くなりますので、年間を通してできるだけ日当たりのよい場所に置くと葉が斜上してきれいな樹形になります。冬は室内の暖かい場所に置き、ガラス越しの日光に当てるようにしましょう。

大株は枝葉が大きく伸び、下葉が落ちるので、枝の先端を切って側枝を伸ばすようにします。下葉の落ちた部分に枝が出てくるので、バランスのよい姿になります。

その他

肥料はあまり多く与えすぎると枝葉が大きく伸びすぎるようになるので、春と秋の2回位の追肥が適当です。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)