オカメヅタの特徴と育て方

公開日:2015年10月24日 あ行
天候の変化や乾燥にも強いので、ガーデニングの下草に利用したり、気根(付着根)を出して壁や樹木などに張りつく特徴を生かして垣根などに使われるつる性植物です。色や葉の形などいろいろあり、何種類かを混ぜて植えたりすることで変化のある景色を作ることができます。

【オカメヅタの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:キヅタ(木蔦)、アイビー、ヘデラ、セイヨウキヅタ

類 似 品 種 :

学     名 :Hedera helix/H. rhombea/H. canariensis

花  言  葉 :

科     名 :ウコギ科 / キヅタ属

属     名 :

原  産  国 :

栽培のしやすさ :★★★★★が多いほど初心者向け)

分     類 :

背     丈 :1000

入手のしやすさ :ホームセンターなど幅広く取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :

【オカメヅタの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の日向~

冬場の置き場所 :屋内の日当たりのよい場所~屋内であればどこでも

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合0度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :で殖やせます

肥料・栄養剤等 :

【オカメヅタの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:すす病

かかりやすい害虫:アブラムシ

【オカメヅタの特徴と育て方】-日常のお手入れ

手入れは特にきを使う必要がありませんが、つるの長さは10メートル以上にもなるので、定期的に剪定したり、取り木にして挿し芽で増やしたりします。つるが成長して木の色になってしまったところで剪定すると次のつるが生えないことがあるので、緑のつるのうちに剪定することをおすすめします。
水やりは乾いたら・・・という感じですが、湿地でも十分育つので特に気を付けることはありません。

その他

ありません

ProleafさんのYoutube動画

植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)