リュウキュウベンケイの特徴と育て方

公開日:2015年10月24日 や・ら・わ行
冬の常緑草として有名です。真冬から春先にかけて長い間花が咲きますので、さびしくなりがちな冬場のガーデニングを楽しくさせてくれます。オリジナルの作出種や改良品種が多数あり、花の咲き方や色などさまざまなバリエーションのものが販売されます。

【リュウキュウベンケイの特徴と育て方】-基本情報

通称名 / 別名:カランコエ

類 似 品 種 :改良品種やオリジナル品種多数

学     名 :Kalanchoe

花  言  葉 :

科     名 :ベンケイソウ科

属     名 :リュウキュウベンケイ属(カランコエ属)

原  産  国 :アフリカ南部、東部、アラビア半島、東アジア、東南アジア

栽培のしやすさ :★★★★☆が多いほど初心者向け)

分     類 :多年草

背     丈 :10~50

入手のしやすさ :大型園芸店などで取り扱い(主に苗で販売)

開 花 時 期 :1月~5月

【リュウキュウベンケイの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです
夏場の置き場所 :屋外の日向~

冬場の置き場所 :屋内の日当たりのよい場所~屋内の日当たりのよい場所

最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合5度を下回らない環境で

繁 殖 方 法 :挿し木(芽), で殖やせます

肥料・栄養剤等 :

【リュウキュウベンケイの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

かかりやすい病気:うどんこ病

かかりやすい害虫:カイガラムシ, アブラムシ

【リュウキュウベンケイの特徴と育て方】-日常のお手入れ

日照時間が短くなると花を咲かせる特性があるので、光に当たる時間を調整することで、花の咲く時期をコントロールすることができます。

乾燥には強いですが、水分過多には弱いので、6月から10月は雨の当たらない戸外で、11月から5月は室内の日当たりのよい場所で管理しましょう。

その他

葉や花に水分が当たると株が弱ってしまうので特に梅雨時は雨が直接当たらないように管理します。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)