ストロビランテスの特徴と育て方

公開日:2015年10月24日 さ行

珍しい紫の葉が印象的な観葉植物です。単独で栽培するというよりも寄せ植えの彩りの一つとして使われることが多い品種です。

【ストロビランテスの特徴と育て方】-基本情報

基本データ

  • 通称名 / 別名:ストロビランテス/ウラムラサキ
  • 類 似 品 種 :特になし
  • 学     名 :Strobilanthes auriculatus var. dyeriana
  • 花  言  葉 :
  • 科名 ・ 属名 :キツネノマゴ科/イセハナビ属
  • 原  産  国 :
  • 背     丈 :30~150
  • 開 花 時 期 :

栽培のしやすさ

非常に簡単 やや簡単 ふつう やや難しい 難しい

生育の種類

1年草 2年草 多年草 宿根草 その他

入手できる場所

大型園芸店 小型園芸店 ホームセンター スーパー その他

【ストロビランテスの特徴と育て方】-育成する環境、殖やし方など

上手に管理する上で欠かせない栽培環境やかかりやすい病気・付きやすい害虫などの参考データです

  • 夏場の置き場所 :屋外の日向
  • 冬場の置き場所 :屋内の日当たりのよい場所~屋内の日当たりのよい場所
  • 最 低 気 温 :鉢やプランターで栽培の場合10度を下回らない環境で
  • 繁 殖 方 法 :挿し木(芽)で殖やせます
  • 肥料・栄養剤等 :
    液肥 配合肥料 化成肥料 専用肥料 その他

【ストロビランテスの特徴と育て方】-かかりやすい病気や害虫

  • かかりやすい病気:
    うどんこ病 すす病 べと病 炭そ病
    黒腐病 軟腐病 モザイク病 その他
  • かかりやすい害虫:
    ハダニ カイガラムシ アブラムシ ハムシ
    コナジラミ ヨウトムシ その他

【ストロビランテスの特徴と育て方】-日常のお手入れ

太陽の光が好きな植物なので、日当たりのいい場所で管理するようにしましょう。園芸品種で日当たりの強いものの寄せ植えアイテムとして育てると色のコントラストが出て華やかな鉢や花壇を作ることができます。

【ストロビランテスの特徴と育て方】-その他

大きく伸びた茎につく葉は、先端部は葉色がよく、美しいのですが、下のほうは落葉したり見苦しくなったりしますのでこまめに剪定して小さな株を保つようにするときれいな樹形になります。

ProleafさんのYoutube動画

 植物の育て方や手入れの方法などを分かりやすく解説してくれているprotoleafさんのYoutube動画です

より詳しい参考サイト

生産者や専門家などが公開している>【ストロビランテスの特徴と育て方】に関する参考サイトです

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)