WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです
[Contextual Related Posts] Translation file download page for using plug-ins in Japanese

【Contextual Related Posts】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページ

公開日: 翻訳ファイル


現在の投稿に関連する記事リストをいろいろな場所へ表示できるようになるWordpressプラグイン【Contextual Related Posts】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

せっかく目的を達成できそうなプラグインだと思ってインストールしたら

  • 設定画面がすべて英語で意味が分からない
  • 訪問者に表示するメッセージ(警告表示や案内表示)が英語で自分では変更できない

こんなケース結構ありますよね?Wordpressは基本英語表記のホームページ作成ツールですので仕方ないことではありますが、設定を誤ったりしないようにできれば日本語できっちり読んで設定したいものです。

そこでこのページでは、【Contextual Related Posts】をインストールして、実際に使用(試用)しながら、可能な限りすぐに日本語で使えるようにするためのファイルを提供しております。バージョンアップによる翻訳内容の訂正・追加をできる限り行うため、少額で販売させていただいておりますのでご協力をお願いします。

【Contextual Related Posts】プラグインの翻訳ファイルの価格は500です
※万が一このページ記載の価格と販売ページの価格が異なる場合は、販売ページでの価格が正式価格となります

※翻訳ファイルは安全に決済していただくため、クリエイターによる創作の総合マーケット「BOOTH」で管理・販売を行っておりますので、入手いただくには「BOOTH」への無料登録が必要となります。

お支払い方法は各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済が利用できます。詳しくはお支払い方法をご確認ください。

プラグインの機能・翻訳ファイルの概要

プラグインの機能

【Contextual Related Posts】は関連記事の表示が行えるようになるプラグインで、主に

  • 文章の内容から関連する記事を抽出してリスト表示する
  • 特定の投稿タイプやカテゴリーを除外して関連記事を生成
  • 特定の投稿などに関連記事を表示させないようにする
  • 設定した場所へ自動で関連記事を表示させる
  • ショートコードで任意の場所へ関連記事を表示させる
  • あらかじめ記事ごとに表示する関連記事をキャッシュ(自動生成して保存)しておくため、表示速度に影響が少ない

といった機能を備えています。詳しいプラグインの機能や使い方は

で紹介していますので翻訳ファイルご購入前にご確認ください。

ご購入いただくファイルの対応バージョンは2.7.0です。現在Wordpress公式サイトで配布されているプラグインの最新バージョンは2.9.4ですので、バージョンが異なると

  • 一部が翻訳されない
  • 一部しか翻訳されない
  • 後述する方法で適用しても日本語にならない

などの不具合が発生する場合がありますので、ファイルの対応バージョン・現在お使いのプラグインバージョンなどをよく確認いただいた上でご購入をお願いいたします。

翻訳ファイルの概要

項    目内   容
対応バージョン2.7.0(プラグインの現行バージョン:2.9.4)
翻訳対象件数231件
翻訳済み件数231件
特記事項特にありません
販売価格500

【有料版】【Pro版】等の記載がないものについては無料版に適用できる翻訳ファイルとなります。通常有料版ではファイルの内容、ファイル名等が全く異なりますのでご購入&適用いただいても日本語化されませんのでご注意ください

※作者名・寄付についての記述など使用に際して英語のままでも問題ないと判断した箇所については翻訳していない部分があります(上の翻訳済件数には算入しています)

※翻訳ファイルはプログラムソース上から再抽出した後に作成していますが、ソース上に翻訳接頭辞(翻訳が可能な文字列であることを示す文字列)が正しく設定されておらず、翻訳済の部分が100%であっても英語のままの箇所が存在する場合があります。

※翻訳対象件数や難易度等に応じて価格の設定をさせていただいておりますが、例えば総翻訳対象件数が200件であっても無料版では100件のみ使用するということがあります。そうした場合には有料版部分を含めた200件の翻訳に対して価格設定をさせていただいておりますのでご了承ください。

※翻訳内容については重大な欠陥があると認められた場合を除き対応しかねますのでご了承ください(不具合については決済・ご購入いただくBOOTHの問いフォームからお願いします)

※翻訳ファイルはプラグインやテーマの更新によって不完全なものが上書きされてしまうことがありますので、ご購入いただいたファイルは大切に保管いただけますようお願いいたします

※万が一翻訳ファイルを紛失された場合はご購入いただいたBOOTHの購入履歴より、無料で同一ファイルのダウンロードを行っていただくことができますが、予告なく提供を終了させていただく場合がありますのでご了承ください

※このプラグインの翻訳ファイル以外に無料の翻訳ファイルも多数あります。こちらの一覧から英語でお使いのものがあればダウンロードしてお試しください


ご購入いただく前に

Wordpressは有志によって日々変更が行われているサイト作成ツールです。これは翻訳ファイルに関しても同様です。ご購入いただく前に「翻訳ファイルをご購入いただく前に必ずご確認ください」の内容を必ずご確認ください
翻訳ファイルをご購入いただく前に必ずご確認ください
  • 公式ディレクトリで翻訳ファイルを探してみてください
  • プラグインは有志により言語対応が進んでいるものが多数あります。これらはこちらのWordpress翻訳ファイル一覧でファイルを探すことができ、それらを適用することもできます(この場合翻訳ファイル名が変更となっている場合がありますのでそのまま適用できないことが多いです)

  • 更新や再インストールで自動的に日本語化される場合があります
  • バージョンが進んで日本語化対応されているものは、プラグインの更新や再インストールを行うことで前項で公開されている翻訳ファイル自動的に適用され、日本語で利用できるようになります。しかしこの作業によってプラグイン自体の機能が大幅に変わってしまったり、今まで動作していたものがしなくなったりといった不具合が発生する場合がありますのでご注意ください

  • 当サイトで販売している翻訳ファイルについて
  • ※当サイトで販売している翻訳ファイルは前述した公式サイト上にある翻訳ファイルのコピーやそれらを改編したものではなく、当ページの作成時には日本語対応していないものに対してオリジナルで作成させていただいたものです。

    前述した公式ディレクトリは日本語化はされているものの機械的な翻訳となっている部分が多いです。当サイトで販売しているファイルはさまざまな種類のプラグインを実際に使用・テストした経験をもとに作成しておりますのでより口語に近い形で提供させていただいております


    日本語翻訳ファイルの購入方法

    1. まずはプラグイン名、対応バージョン、特記事項等の再確認をお願いします
    2. 管理画面のプラグイン一覧とWordPress公式ページの一覧でプラグイン名が異なる場合があります。また似た名称のプラグインが存在する場合もありますので、バージョン情報等と合わせて確認をお願いします(公式ページはこのページ上部のバナーをクリックするとご覧いただけます)。

    3. 形のある販売物ではないというダウンロード商品の性質上、ご購入いただいた方の環境からダウンロードされたファイルが完全消去されたことが確認できないため、ご購入後の返品・返金に応じることは致しかねます

    4. 可能であれば購入前にWordpress本体やプラグインの更新をしてください
    5. 上の「ご購入いただく前に」で詳しくご案内しております。

      ※本体やプラグインの更新により不具合が発生しても当方では一切責任を負いません

    6. 下のボタンをクリックしてください(クリエイターによる創作の総合マーケット「BOOTH」の注文ページへ移動します)

    7. Boothページの案内に従ってご購入手続きをお願いします。購入後すぐにファイルをダウンロードいただけます

    日本語化ファイルの適用方法

    このプラグインの日本語化ファイルを適用するには

    1. 購入いただいた圧縮ファイルを解凍します
    2. 「対象サイトのWordpressインストールフォルダ」→「wp-content」→「languages」を開き、「plugins」フォルダの中へFTPクライアントソフトなどを使って「○○-ja.po」と「○○-ja.mo」のファイルを転送します

    これで完了です。転送後は管理画面やプラグインの設定画面などをリロード(再度読み込み)することで日本語表記になります。

    ※プラグイン名フォルダの中の「Languages」フォルダへ転送しても適用されますが、プラグインの更新によって翻訳ファイルが消失する可能性がありますので、なるべく上の場所へ転送してください

    指定場所へ転送したのに適用されないときは

    指定の場所へ翻訳ファイルを転送しても適用されない場合には以下を確認ください

    1. 圧縮ファイルや解凍したフォルダごとアップロードしていませんか?
    2. 手順にも書かせていただいておりますが、翻訳ファイルダウンロード後、解凍した際にできるフォルダの中に「〇〇.po」と「〇〇.mo」の2つのファイルができます

      アップロードの際にはこの2つのファイルのみ(フォルダを含めない)を指定場所へアップロードしてください

    3. アップロード先は間違っていませんか?
    4. 1つ上の階層へアップロードへアップロードされることで適用されないというお問い合わせをいただくことがありますので、今一度お間違いがないかご確認ください

    5. プラグインフォルダ内に別の翻訳ファイルが存在していませんか?
    6. プラグインの多くは、プラグイン名フォルダの中の「languages」や「lang」フォルダ内などに別の翻訳ファイルが存在する場合、そちらを優先して反映されるようになっていますので、そちらを削除するか、上書きしてみてください

    7. アップロードした翻訳ファイル名の末尾に(1)などが追加されていませんか?
    8. FTPなどのファイル転送ツールや転送プラグインなどによってはファイル名を上書きせず、バージョン管理用に(1)などを付加するようになっているものがあります。付加されてしまう場合には一旦元の翻訳ファイルを削除した後に転送することで正常に適用されます

    9. プラグインのバージョンにより、翻訳ファイル名が変更となっている場合があります
    10. プラグインの更新を行ったら翻訳されなくなったというケースです。プラグインの更新によってプログラムソース上の翻訳ファイル名が変更となり、現在のファイル名では適用されない状態になっていることが考えられます。そうした場合には管理画面から「プラグイン」→「プラグイン編集」をクリックし、該当のプラグインを選択後、「textdomain」と書かれている項目の右側にある文字列が翻訳ファイルの文字列と合致しているかを確認ください。

      例:「textdomain」の記述が【abcde】となっている場合、ファイル名は【abcde-ja】となっているかを確認してください

      ファイル名が異なる場合にはリネーム後に転送することで適用されるようになります(バージョンが異なるため100%翻訳されないことがあります)

    翻訳ファイルに関するお問い合わせ

    ファイルの相違がある場合やダウンロードできない場合、適用方法のお問い合わせなどはファイルを購入、ダウンロードいただいたBoothのメッセージからお願いいたします。

    Boothの販売ページはこちら

    ※Boothのサイトからメールアイコンをクリックするとメッセージが送信できます(要ログイン)

    ※迅速に対応させていただくため、メッセージの本文にお問い合わせいただくプラグイン(テーマ)の名前、ご購入時に届くメールに記載されている「注文番号」などを入力いただけますようお願い申し上げます


    翻訳ファイルの取り扱いについて

    今回提供させていただくファイルはGPLの元で配布されているWordpressのプラグインやテーマを日本語環境で設定・使用できるようにする翻訳ファイルですが、プログラムコードから翻訳要素を再構築(再収集)して作成したオリジナルの日本語翻訳ファイルとなります。

    したがってご購入いただいたファイルについては当サイトの著作物となりますので、購入した方個人による使用を除き、公開している場所(インターネットサイト)などでの再配布、再販を禁止させていただいております

    ただし、用途に応じてファイルの内容の修正・改変を行うことについては制限をするものではありませんので、次項の再翻訳の方法などを参考に自身のサイトの用途に合わせて自由に文字列の修正などを行っていただいて構いません



    自分なりの翻訳ファイルを作るには(翻訳ファイルの再編集)

    再翻訳は「○○-ja.po」ファイルをpoeditなどの翻訳ツールを使って編集することができます。サイトの性質によっては文言を変更することでより自身のサイトに合った表現をしたり、主旨と違った使い方をすることができる場合もありますので工夫してみてください。

    言語翻訳ソフト「poedit」は

    から入手することができます。特別な環境でなければ、インストール後「○○-ja.p」を開くとpoeditが起動し、翻訳の編集が可能になります。編集が終了したらファイルを保存し、FTPなどを使用してプラグイン等の翻訳ファイルを設置すべき場所へ転送して利用ください。

    FTPの使い方が分からない、FTPツールを使えないという方は

    を使用すると特別なソフトや設定なしでWordpressのインストールフォルダなどへファイルの転送を行うことができます。

    File Managerプラグインを使ったファイル転送の方法は

    が参考になりますので是非一度ご覧ください

    おまけ 日本語化したはずなのにいつの間にか英語表記に戻ってしまうときは

    Wordpressのバージョンによってはバックグラウンドで翻訳ファイルの自動更新が動作するようになっています。この動作によって翻訳ファイルが上書きされたり削除されたりして翻訳ファイル適用前に戻ってしまうことがあります。そんなときは

    を参考に更新をオフにするか、パソコン上に翻訳ファイルの入ったフォルダを用意して保存しておき、定期的に転送するなどの対策を行う必要があります(更新をオフにした場合にはそのプラグインだけでなく本体を含めすべての翻訳ファイルが更新されなくなります)。

    また、Wordpressの更新画面から手動で翻訳の更新を行った場合も同様のことが起こる可能性がありますので注意が必要です。

    WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

    Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

    【スポンサーリンク】