[Expire Users] Translation file download page for using plugins in Japanese

【Expire Users】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページ

公開日:2018年4月28日 翻訳ファイル
【Expire Users】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページ

登録ユーザーがサイトにログインできる期間(期限)を設定できるようになるWordPressプラグイン【Expire Users】 の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

このページでは、【 Expire Users 】をインストールして、実際に使用(試用)しながら翻訳を行った日本語化用ファイルを提供しております。

翻訳ファイルの制作費用および維持管理費用として、少額にて販売させていただいております。

翻訳ファイルに関する情報

本ページで販売しているプラグイン翻訳ファイルの内容は以下の通りです。

項    目内   容
プラグイン名Expire Users
対応バージョン1.2(プラグインの現行バージョン: 1.2 )
公式ページ https://wordpress.org/plugins/expire-users/
紹介ページhttps://www.momosiri.info/wppi/expire-users/
翻訳対象件数92件
翻訳済み件数92件
転送先WordPress本体の翻訳ファイルディレクトリ
特記事項
販売価格300円(税込み)

プラグイン名は、管理画面のプラグイン一覧へ表示されている名称です。

特記事項欄に【有料版】と記載のないものは、無料版にのみ適用できる翻訳ファイル、【有料版】と記載されているものは、有料版にのみ適用できる翻訳ファイルです。

公式ページ欄にあるリンク先は、wordpress.org内の公式ページです。似た名前のプラグインが多数ありますので、ご自身の使われているプラグインに相違ないかを必ず確認ください。

紹介ページ欄にあるリンク先では、当サイト内でこのプラグインの使い方、公式ページに掲載されていないテスト情報などを紹介しています(紹介ページの内容が本ページのプラグインバージョンと異なる場合があります。リンク先ページでバージョン情報を確認の上ご覧ください)。

対応バージョン欄では、本ページで販売する翻訳ファイルがどのバージョンのプラグインで適用可能かと、現在公式ページで配布されている最新のプラグインバージョンを表示しています。

対応バージョン欄で表示している2つのバージョンが異なる場合や、貴サイトでお使いのバージョンと翻訳ファイルの対応バージョンが異なる場合には以下のような事象が発生することがありますので、ご了承の上ご購入ください。

  • プラグインバージョンの違いにより、未翻訳の部分が残る可能性があります
  • プラグイン本体の大きなプログラム変更などにより、多量の未翻訳部分が残る可能性があります
  • プラグイン本体の大きなプログラム変更などにより、全く翻訳されない場合があります

翻訳ファイルは形のある販売物ではないというダウンロード商品の性質上、ご購入いただいた方の環境からダウンロードされたファイルが完全消去されたことを確認できないため、ご購入後の返品・返金は致しかねます。

翻訳ファイルおよび翻訳の詳細は、「翻訳ファイルおよび翻訳内容について」をご覧ください

転送先欄には、ご購入いただいた翻訳ファイルを転送する場所を記載しています。詳しくは翻訳ファイルの転送手順を参照ください。

翻訳ファイルをご購入いただく前に

購入前にWordPress本体及びプラグインの更新を行うことをおすすめしています

プラグインは作者により適宜更新されており、有志により翻訳が行われている場合があります。プラグインを最新バージョンへ更新したり、WordPress本体の更新を行うことで、日本語化されることがありますので、まずはそれらを行った上で購入をご検討ください。

WordPress本体やプラグインの更新により、万が一貴サイトで不具合が生じましても一切責任を負いませんので、ご自身の判断で更新措置を行うようにしてください。

翻訳ファイルを適用するには以下のツールおよびスキルが必要です

ご購入いただいた翻訳ファイルのサイトへ適用するには、以下の作業をお客様ご自身で行っていただく必要があります(適用の代行は行っておりません)。

  • ご購入いただいた圧縮ファイルをパソコン上で解凍する
  • FilezillaなどのFTPクライアントツール、またはサーバーのファイルマネージャー等を使って、サイト(サーバー内)へファイルを転送する

→詳しくは「FTPを使った翻訳ファイルの転送手順」をご覧ください

適用作業について、経験やスキルが不安な方は、参考記事「【超図解】WordPress用プラグイン翻訳ファイルの適用方法」を一読いただき、ご自身で翻訳ファイルを適用できると判断された場合にのみ、購入いただけますようお願いいたします。

上記のスキルや環境がない方向けに、当サイトで無料配布させていただいているプラグイン「「HA Force Translate Files」」を提供しておりますので併せてご検討ください。

翻訳ファイルの購入

※翻訳ファイルは安全に決済していただくため、クリエイターによる創作の総合マーケット「BOOTH」で管理・販売を行っており、購入いただくには「BOOTH」への無料登録が必要となります。 お支払い方法は各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済などが利用できます。詳しくはお支払い方法をご確認ください。

翻訳ファイル提供規約および以下の重要事項について確認し、同意しました
チェックを入れると購入ページへ進むボタンがクリックできるようになります
  1. プラグインに間違いはありませんか? →再確認する
  2. 翻訳ファイルが【有料版】向けのものなのか、【無料版】向けのものか確認いただけましたか?
  3. 貴サイトのプラグインバージョンと、翻訳ファイルの対応バージョンは確認しましたか? →再確認する
  4. 貴サイトのプラグインバージョンと、翻訳ファイルの対応バージョンが異なる場合、正常に翻訳が行われない可能性があることについて了承いただけましたか?
  5. 購入したファイルの解凍および転送をご自身で行えること、当方での適用(転送)代行を行わない旨をご理解いただけましたか?
  6. 翻訳中の用語・単語は一般的に使われているものであり、サイトに合わせて変更が必要な場合はご自身で行っていただく必要があることについてご理解いただけましたか?→規約を確認する
  7. ファイルの性質上、返品・返金への対応を致しかねる旨を理解いただけましたか?→規約を確認する

ご購入(決済)が完了すると、決済いただいたBOOTHより翻訳ファイルをダウンロードいただけます。ダウンロード後、次項の「FTPを使った翻訳ファイルの転送手順」および「翻訳ファイルに関する情報」の転送先欄を参照の上、転送作業を行ってください。

FTPを使った翻訳ファイルの転送手順

購入後ダウンロードしたファイルを解凍する

ダウンロードいただくファイルは.zip形式で圧縮されています。ダウンロード後、パソコンのツールを使ってデスクトップなど分かりやすい場所へ解凍してください。

Windows10の場合は圧縮ファイルを右クリックして、「すべて展開」をクリックすれば解凍できます。

解凍後、作成されたフォルダ内に「〇〇-ja.po」「〇〇-ja.mo」(〇〇は同じ名前です)というファイルがあることをご確認ください。

ファイルをサイトの収容されているサーバーへ転送する

サイトの所定の場所へ、「〇〇-ja.po」「〇〇-ja.mo」の2つのファイルを転送します。

転送後、サイトの管理画面をリロード(再読み込み)することで、日本語化されます。

転送するのは2つのファイルそのものであり、ディレクトリ(フォルダ)ではない点に留意ください(フォルダを転送しても翻訳は適用されません)

FTPツールを使って以下のようにディレクトリを展開(開く)し、2つのファイルを転送してください。

  1. サーバー内でサイトの収容されているディレクトリ(index.php)のある場所へ接続する
  2. 「wp-content」ディレクトリ(フォルダ)を開く
  3. 「languages」ディレクトリ(フォルダ)を開く
  4. 「plugins」ディレクトリ(フォルダ)を開く

4まで行っていただいた段階で、下図のようにいくつかの「〇〇-ja.po」「〇〇-ja.mo」ファイルが存在するだけで他にディレクトリ(フォルダ)のない状態となります。他にフォルダが見える状態の場合は転送先が誤っていると考えられますので、再度ご確認をお願いいたします。

【Expire Users】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページの画像|Knowledge Base

ご購入後の問い合わせ

購入後、サイトへ適用しても日本語化されない場合には、以下について今一度ご確認いただいた上で、購入いただいた「BOOTH」のメッセージよりご連絡ください(セキュリティおよび個人情報保護の観点から本ページからの直接のお問合せは受け付けておりません)。

  • ファイルの転送先に誤りはございませんか?
  • ファイルの転送先へは解凍したフォルダではなく、ファイルそのものをアップロードされましたか?
  • プラグイン名はお間違いありませんか?
  • プラグインのバージョンと翻訳ファイルの対応バージョンに大きな相違はありませんか?

こちらからショップページへお進みいただき、メールマークをクリックすることでメッセージを作成・送信いただくことができます。

【Expire Users】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページの画像|Knowledge Base

メッセージをいただく際には、不具合の発生した翻訳ファイル名やご購入いただいたBOOTH内のページURL等と共に不具合の内容をお書き添えいただきますと、迅速に対応できますのでご協力をお願いいたします。

メッセージをいただいた際、お客様がメッセージに書かれている翻訳ファイルを実際にご購入いただいたかを確認した上で回答や返信をさせていただきます。「BOOTH」へ複数のユーザー登録をされている場合は、必ずご購入時のユーザーアカウントよりメッセージをお願いします。

購入後の管理・メンテナンスについて

再翻訳するときは

再翻訳は「○○-ja.po」ファイルをPOEDITという翻訳ツールを使って、パソコン上で編集することができます。サイトの性質によっては文言を変更することでより自身のサイトに合った表現をしたり、主旨と違った使い方をすることができる場合もありますので工夫してみてください。

特別な環境でなければ、インストール後「○○-ja.p」を開くとpoeditが起動し、翻訳の編集が可能になります。編集が終了したらファイルを保存し、FTPなどを使用してプラグイン等の翻訳ファイルを設置すべき場所へ転送して利用ください。

日本語化したはずなのにいつの間にか英語表記に戻ってしまうときは

プラグインの翻訳は、有志(ボランティア)によって公式サイト上で随時行われており、定期的にサイトへの自動更新が行われ、最新の状態に保たれるようになっています。

本ページから購入・適用いただいたファイルも、この動作によって翻訳ファイルが上書きされたり削除されたりして、文章の内容や単語が変わってしまったり、翻訳されていたものが英語に戻ってしまったりすることがあります。

こうした不都合を防ぐには、WordPressでアップロードした翻訳ファイルがいつの間にか元の翻訳内容に書き換わってしまうときの対処を参考に更新をオフにするか、パソコン上に翻訳ファイルの入ったフォルダを用意して保存しておき、定期的に転送するなどの対策を行う必要があります(更新をオフにした場合にはそのプラグインだけでなく本体を含めすべての翻訳ファイルが更新されなくなります)。

当サイトでは、自動更新を止める必要もなく、翻訳ファイルを定期的に上書きする必要もなく、一度アップロードした翻訳ファイルが常に適用されるようにする独自プラグインを配布しています。

翻訳ファイルを更新で上書きされない場所へ保存し、優先読み込みさせるプラグイン「HA Force Translate Files」

私自身が管理するサイトでの不都合を解消するものですのですべての環境で動作する保証は致しかねますが、管理が大幅に楽になりますので、ぜひ導入をご検討ください。

本記事の更新(変更)履歴

更新日更新内容
2018年 4月28日【Expire Users】プラグインを日本語で使用するための翻訳ファイルダウンロードページを公開しました
2021年 8月17日バージョン1.2対応ファイルの提供を開始しました
  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。