[Notes] What to do when the error “ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH” occurs when the site is always SSL-enabled

【備忘録】サイトを常時SSL化したら「ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH」というエラーが出たときの対処

公開日: 日記・雑記
Knowledge Base トラブル 対処

【この記事の目次】- 必要な部分だけ見たいときにどうぞ - [表示する]

実際にココナラで相談を受けた案件で、アドバイスで終わってしまった(無料サービスしてしまった)ので、くやしさを紛らわすため、今後発生する可能性があるため備忘録として紹介しておきます。

以下相談内容の引用です

現在、Xサーバーでサイトを運営しているのですが、自分で無料の独自SSL化をしてみました。
しかし、wordpressの一般設定でhttpからhttpsに修正し、リダイレクトのプラグインを入れてみたところ、最初は表示されていたのですが、1日経過してからchromeで以下のような記述があり見れなくなってしまいました。
————————————
このサイトは安全に接続できません
〇〇.net ではサポートされていないプロトコルが使用されています。
ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH
————————————
wordpressの管理画面にも入れなくなってしまいましたが、何とか入ることが出来ましたので、httpsからhttpに再修正しています。

中のURLも徐々にhttpsに変更してしまっているため、早めに何とかしないといけないと思い、ご連絡いたしました。
まずは、可能かどうか検討をしていただきたくよろしくお願いいたします。

ん?エックスサーバーでのSSL対応は

【備忘録】サイトを常時SSL化したら「ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH」というエラーが出たときの対処

のサービスでいろいろな方のを受注させていただいてるのですが、こんなエラーは初めて!!ということで、すぐにサーバーの問題ではないと判断しました(最終的にこの判断は大正解でした)。

実はこのサイト、すでにエックスサーバーでのSSL化(SSL証明書の割り当て)だけ済んでて、その先の作業で不具合が起きたそうなんです。私のところに依頼が来る方のほんとんどはこのタイプなので、後処理が大変なんでしょうね、多分(私失敗しないので何も言えません)。

このエラーの根源はCDNでした

CDN?と思われた方も多いことでしょう。最近ではサイトの表示を高速化するという意味で有名になった用語ですが、元々は外部にファイルを上げておいて、自身のサーバーからではなく別の場所でファイルの管理を使用という記述。・・・なーんて偉そうなこと言ってますけど間違ったことを書いてもいけないので、詳細は

をご覧ください(ウィキペディアのページです)。

今回の方はCloudFlareというCDNを使われており、管理はエックスサーバーというよりはCDNでという感じの管理をされていました。CloudFlareを使われた方ならご存知だと思いますが、このサービス(CDNは私使ったことないので・・・)ではドメインのDNS(ネームサーバー)の設定をCloudFlareに向けるように指示がされており、そのようになっていました。

・・・とすると対処方法は・・・

基本的にはキャッシュがクリアされるまで放置で解消されるということなんですね。つまり、別のサーバーで作成したページをCloudFlareへ上げてそれを表示して高速化・・としているわけですからね。

待ってられない!!という方は一度ネームサーバーの設定をCloudFlareからWordpressを運営しているサーバーへ戻して常時SSL化した後、再びCloudFlareなどのCDNを活用するという方向でいいと思います。

「like」は「いいね」、では「Dislike」は??プラグインの翻訳作業でいつも悩む・・・どう訳す??

名古屋での猫ちゃん探しはペットショップではなく「サクラねこ名古屋」さんがおすすめ

件名「Order Confirmation」、送信者「AppStore Invoice Order」というスパム(フィッシング)メールが届いた


最後に愚痴を聞いてちょ

ココナラには「ダイレクトメッセージ(DM)」というのと「トークルーム」というのがあって、前者は相談用のメッセージシステム、後者はダイレクトメッセージで仕様が固まった後サービス購入されてから行うメッセージシステム。

まあ私にとって初めての経験だったので、DMでいろいろやりとりしながらこの不具合はCloudFlare経由だからでは?というところまでたどり着いたんです。その方も「そういえば・・・」と気づいたようだったので、一応大人の対応としてDMの最後に「ここから先ご自身で作業されるならどうぞ!」と書いたら・・・・

「あとは自分でがんばってみます」

で終了・・・・。その後その方のサイトがどうなったかは不明です(興味もありません)けど、普通こういう場合って依頼しようと思ったんだし・・・ねぇ???と思いません??

サイトのことは環境によって違いがあることが多いので、よほど自信がない限りやってみないと・・・ということで、私の場合ほとんどがDMの中でやり取りして「うまく行ったらご購入くださいね」みたいな感じが多いんです。

そしてほとんどの方はその方法で解決しても「解決できたんだから」ということできちんと?サービス購入してもらえます。でも今回は・・・でした。ココナラにはいろいろな方がいるので今後の対応を考えさせられる案件でした(泣)。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) / 石川..

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) / 石川..

1,738 円 (税込)
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社インプレス発売日2019年07月ISBN9784295006664発売国日本サイズ・ページ280p 21×19cm関連キーワード 9784295006664 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
【中古】 ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門 WordPress Ver.4.x対応 サイト制作から納品までのはじめの一歩 ..

【中古】 ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門 WordPress Ver.4.x対応 サイト制作から納品までのはじめの一歩 ..

1,045 円 (税込)
秋元英輔(著者),清野奨(著者),プライム・ストラテジー株式会社(その他)販売会社/発売会社:SBクリエイティブ発売年月日:2016/02/01JAN:9784797383300//付属品〜CD−ROM付
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報