WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです
Why is the file name or file URL of the image uploaded to the media set to "XX-scaled"?

メディアにアップロードした画像のファイル名やファイルのURLが「〇〇-scaled」になるのはなぜ?

公開日: 初心者向け情報

ちょっと前から不思議に思ってたけどそのままにしていたWordPressの謎について調べてみました。それは、メディアにアップロードした画像について

  • たまにファイル名が勝手に自動で「〇〇-scaled」になる
  • それに伴ってファイルのURLが勝手に自動で「https://~/wp-content/uploads/ファイル名-scaled.拡張子」になる

こと。不思議に思ったことありませんか??

自身あまり気にはしてなかったのですが、やはりどうしてそうなるのかは知っておいた方がいいと思い、メモ程度に残しておきます。

「-scaled」になるのはWordPressのバージョン5.3以降

実はこの機能が加わったのはWordPressのバージョン5.3からということが分かりました。毎回本体更新前には何が変わるのかを一読するようにはしているのですが、恐らく更新内容の詳細には書かれていたのでしょうけど、すっかり読み飛ばしていたのですね。

の公式開発ページによると、

大きな画像をアップロードし、「full」で埋め込んだ場合、画像のファイルサイズが大きいことからサーバーに負荷をかけたり、ページの表示速度を低下させることがあるので、幅が2500pxを超える画像をアップロードしたときには自動検知をして、それ以下の画像にリサイズしたものを生成する。

という機能とのこと。つまり、ホームページ内で表示する必要のない大きな画像がアップロードされたらWordPress側で勝手に自動で幅2500PX以下の画像を生成して、それを「full」指定時の画像として扱うということだそうです。

そしてリサイズされた画像には判別できるようにファイル名、ファイルのURLに「-scaled(サイズ調整後)」という文字が追加されるようになったようです。

たまに・・・というのはこういうからくりだったんですね(笑)。

同ページにはこの機能をOFFにする方法も書かれていて、テーマのfunctions.phpへ以下のコードを追加すればいいそうです。

add_filter( 'big_image_size_threshold', '__return_false' );

百聞は一見に如かずということで一応どうなるのか検証してみました。

画像の下が、勝手に自動で幅2500PX以下の画像が生成されたもの、上が上記のコードを追記してから(この機能を無効にしてから)アップロードしたものです。

通常あまりフルサイズの画像を本文などに挿入することはないと思いますから、機能停止しても問題ないかなぁとも思いますが、もしも・・・特に複数の方で運営するようなサイトではひょっとするとあり得ることかもしれないので、そのままにしておいた方が無難かもしれません。

ちなみに前述した通り、幅2500px以上のアップロードされた画像に対して自動で「-scaled」という画像を作る機能ですから、アップロードした元画像自体はそのままのサイズでサーバー内にありますのでご心配なく。

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】