mixhostサーバーのサイトを常時SSL化したいときに.htaccessファイルが見つからないときは



高速動作で有名なmixhostサーバー。管理画面であるcPanelも使いやすくていいですよね??(と言いながら私はmixhost使ってません・・・)。

今回躓いたのは私がココナラで出品させていただいている

から依頼されて「mixhost」上のWordpressサイトの常時SSL化をしたときのこと。

よく常時SSL化するときに確認させてもらうとSSL証明書は適用したけどその後どうすれば??で依頼が来ることが多いのですが、今回も同じパターンでした。

てっきりお客様側でやられたのだろうとメッセージを送ったところ、「何もしてません」との返答。何で???でよく調べたら、mixhostはドメインを追加(設定)すると自動でSSL証明書が割り当てられる模様。ドメイン設定から24時間程度(実際にはもっと短い時間)で一応https:~でも接続できるようになるんです(なんて親切!!)。

ここだけの話常時SSL化は慣れてしまえば同じ作業なので特に問題が起こった経験はないんです。その中で一番手間がかかるのがこの証明書を適用する時間。大抵のサーバーでは適用から30分~1時間程度作業が停止するのでその間は待つしかないんですね。その間何かあるといけないので、時折https接続して状況確認してないと不安だし・・・。

おっとまたまた脱線気味になってしまいました。

これが終わればあとはどのサーバーでもほぼ同じ作業♪♪ということで、サーバー内の「.htaccess」を編集して301リダイレクトの設定をしようとしたら・・・あれ??ファイルがない

そんなはずはない!!ということでやんちゃな私はファイルを追加してみることに・・・(よい子は決して真似しないでください)。

すると英語で「もうすでに同じファイルが存在してるよ!!」のメッセージ。そりゃそうですよね!Wordpressをインストールしたら必ず設定されるファイルなのですからね。

同じ状態で?????となってしまった方、簡単に解消できますのでぜひやってみてください



mixhostにインストールしたWordpressサイトの.htaccessファイルを編集する方法

からくりをザクっというと、mixhostでは触っちゃいけないファイルは非表示になってるんですよね。.htaccessファイルは普段特に変更するものではないので、それらを間違って編集しないようにという配慮のようです(何て親切なの、このサーバー)。

それが判明すればあとは簡単!!表示してやればいいんです。具体的には

  1. cPanelからファイルマネージャー起動
  2. Public_htmlの中の変更するドメインを展開
  3. 設定メニューをクリック
  4. 隠しファイルの表示をするようにして保存

はい、おしまい。これでPublic_htmlの中のドメイン名と同じフォルダの中に「.htaccess」が登場します。

あとは必要なコードを挿入して保存すれば終了です。

念のために表示するようにした隠しファイルは再度非表示にしておくことをおすすめします(せっかくの親切機能ですから)。


いや~~何事も経験ですね。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
トップへ戻る