WordPressバージョン4.9.8の更新通知でダッシュボードに表示されるのは・・・新しいエディタの説明でした。

WordPressバージョン4.9.8の更新通知が出たかと思ったら、いきなり画面いっぱいに登場した「A new, modern publishing experience is coming soon.」という表示。こんな感じのやつです。

Wordpress 4.9.8 アップデート通知

もう閉じちゃいました??結構肝心なこと書かれてたんですけど・・・。

全文はこれ

Test the new editor today.
You can take Gutenberg for a spin (and share your feedback, if you’d like) before we officially release it, by installing it as a plugin. You can help by testing, filing bugs, or contributing on the GitHub repository.

Not quite ready?
The new editor will be enabled by default in the next major release of WordPress. If you’re not sure how compatible your current themes and plugins are, we’ve got you covered. Install the Classic Editor plugin to keep using the current editor until you’re ready to make the switch.

右上の「非表示にする」だけが日本語(パッチが当たっているため)であとは英語って・・・。

簡単に言うと、次期リリースのメジャーバージョンである5.0では記事の作成に「Gutenberg」というエディタに変更になるので、

  1. 今のうちに試しておくなら【Install Gutenberg】をクリックしてね!が左側のボタン
  2. まだ使う予定はないし、5.0にしてからも今のまま(バージョン5.0より前)のエディタを使いたいときは【Install the Classic Editor】をクリックしてプラグインを追加してね!が右のボタン

という内容が書かれています。つまり、今後リリースされるバージョン5.0にアップデートすると何が何でもGutenbergエディタになってしまうので、以前のエディタが良ければプラグインを追加する必要があるってことなんです。

・・・もう閉じちゃいました??

Restores the Classic Editor and the old-style Edit Post screen layout (TinyMCE, Meta boxes, etc.). Supports the plugins that extend this screen.

そんな方のために?↑が旧エディタのプラグインリンクです(「Classic Editor」で検索しても出てきます)。

バージョン5.0にアップデートしたときにこの表示がもう一度出るのか??「Gutenberg」になったときに今使っているクイックタグなどが表示されるのか??など不明な点が多く、アップデートしてから慌てて探すのも大変ですから、今のうちに「Classic Editor」をインストールだけしておいて、5.0にしてから有効化すれば不具合は最小限に抑えられるのではないかと思います。

※この「Classic Editor」を有効化したからと言って前述したような不具合が解消されるかも不明です・・・

メジャーアップデートを経験した方(3.x→4.0など)ならご存知かと思いますが、メジャーアップデートって結構中身が変わるんですよね。それによってプラグインやテーマで不具合が起きてサイトが表示されない・・・などのトラブルになる可能性もありますから、メジャーアップデートはしばらく様子を見てから行った方がいいと思います。

今までも〇.0リリースからほどなく次のマイナーバージョンがリリースされていますから、みんながアップデートしてみたら・・という未知の不具合も多いのだと思います。

トップへ戻る