What to do when you are redirected to another site without permission in Google Chrome

Google Chromeで勝手に別のサイトへリダイレクトされてしまうときの対応策

公開日:2016年9月4日 日記・雑記
Knowledge Base トラブル 対処

Google Chromeブラウザを使っていて、検索結果などから目的のサイトやページを開くとき、ときどき変なページにリダイレクトされることありませんか?どうやらこれは「マルウェア」という悪意のあるプログラムによって引き起こされる動作のようなのです。マルウェアはひどいものだとページを開くときに必ずそのページへリダイレクトさせてしまうような悪質なものから、前述したように「忘れた頃に・・・」というものまでさまざまなのですが、これを放っておくと最悪の場合個人情報を読み取られたりすることもあるので、少しでも傾向があったら対策を施したいですね。

私の場合は「http://98k9r.5155859.com」というところへたまに転送され、ウイルスバスタークラウドで「安全ではありません!」と警告を受けていました。サイトを開いていないのでどんなところへ行ってしまうのかは不明ですが、恐らく何等かの悪さをするサイトなのでしょう。Googleで検索してみても明快なものは一切ありませんでしたし、別のブラウザでは現象が出なかったので、恐らくGoogle Chromeの中の何かなんだと思いました。

ちなみにこのリダイレクトされてしまう現象がウイルスなのかマルウェアなのか、はたまた別の何かなのか・・・というところはどこのツール配布サイトや解説サイトでも名言されていませんから対策のしようがありませんでした。おそらくどれかなのでしょうけど。

今回は「Google Chromeで勝手に別のサイトへリダイレクトされてしまう」現象に対して私が一切費用をかけずに無料で行った解消方法をご紹介します。

まずはブラウザをアップデート(更新)

最近のGoogle Chromeは基本的にブラウザを再起動することで最新版になるようになっています。が、古いバージョンや環境によってはこの機能が有効になっていないこともあるようです。

パソコンの場合には画面右上の点3つをクリックして設定に進み、左メニューの「Chromeについて」をクリックすれば最新版へアップデートされます。

スマホの場合よくあるのは自動更新が有効になっているのにきちんとブラウザが再起動していないケース。今まで見ていたページのタブを閉じただけではChromeが待機状態になっている場合があるので、スマホの電源を入れ直すことで(再起動させることで)最新版へアップデートされます。

2019年8月11日に起きたリダイレクト問題について、パソコン版Chromeにおいて私の場合は自動更新されたため、不具合は出ませんでしたが、この記事へたくさんの方がアクセスいただいていることから方々でこの現象が発生しているようですから、早めに対処した方がよさそうです。

ビーチサンダルや草履での運転は自動車もバイクも自転車も交通違反になる? -公安委員会規則とは?-

【2回目】一日のadsense広告収入が500円を超えた日

李氏朝鮮時代を題材にした韓国歴史ドラマと日本の時代年表


「無料」でできると謳っているマルウエア削除ツールは大嘘

もしもChromeを最新バージョンにしても解消されないときは、フリーのソフトを使って対処してみましょう。

マルウェアに対する駆除ツールは世界中でたくさん配布されています。インターネットを見ていて「何かおかしい・・・」と感じる時、「リダイレクト ウイルス」などの検索用語で検索すると、結果に表示されるのはウイルスに関するものと「マルウエア」という単語に基づいたサイト。そして「無料で駆除できる・・・」という説明があるサイトも表示されるので無料ならということでツールやソフトをダウンロードしてインストール。でも・・・

こうしたツールやソフトは
検索は無料でも駆除は有料」というのがほとんど
です。経験上では100%と言ってもいいでしょう。海外のものがほとんどなのでよく説明を読まずにインストールするとそれ自体がマルウエアかもというものさえありますから、じっくり説明は読むようにしてください。
何が無料なのか、何が有料なのか
が記載されていないツールはまず上記のような結果になりますから絶対に使わないことが大事です

検索だけ無料のツールのマルウエア検出結果も大嘘

こういったツールに共通していえるのは、検出するプロセスに時間をかけ、長時間かかってすごい数の検出をしたように見せかけ、駆除しようとすると有料版を購入してくれ!という流れになっています。

  1. この瞬間に購入しないと後々対策しようと思った時にまたとてつもない時間がかかるから
  2. たくさんのマルウェアが検出されたから早く対策しないと

という不安意識につけこむ形の商売手法なんですね。

共通しているのは
1については派手な経過画面のようなものが出てきて、進行度5~10%程度のところで一向に動かなくなり、ようやく終わったかと思ったらまた別の検索プロセスが動くのが定石ですが、検索しているのだからハードディスクは100%動いていないといけないのに、ランプが消えている時間が長くあることで悪質なツールであることが容易に判別できます。

2に関しては検出されたマルウェアと思われるプログラムの内容を見ていると、今使っているソフトで必要なものが数多く表示されます。そして凄い数(100とか200とか)のマルウェアがあたかもあるかのような結果が表示されるのも特徴です。笑える話ですが、一覧を良く見て知らないものだけを抽出するとゼロだったりします。

こうしたツールは安全ではありませんし、有料版を購入したからすべて対策できるかといえばおそらくノーなので、間違っても導入や購入をしないようにしましょう。

実はGoogle Chrome標準のツールで対策できる

前置きが長くなりましたがここからが本題です。

実はGoogleから無料で対策ツールが配布されています。もちろんこれで100%解決するものではないかもしれませんが、ブラウザソフトそのものの配布先ですからまず間違いありません。

Google Chromeは無料のウェブブラウザですが、Googleと名乗っているわけですから企業イメージのこともありますし、何より安全じゃないからと使われなくなることが一番怖いわけですから対策はきちんとしてくれています。

のサイトの手順に従って

  1. Chrome クリーンアップ ツールを入手
  2. Chrome クリーンアップ ツールを実行
  3. ブラウザの設定リセット

したら見事に改善されました。

もちろん前述した通りこれを使えば絶対大丈夫というわけではないので、お使いの環境によってはこのツールで対応できないプログラムやソフトがあって改善されないこともありますからあしからず。

でも完全無料でしかもデベロッパーであるGoogleが提供しているツールですから安心して使用できます。

ちなみに3のブラウザの設定リセットで行われるのは、私の環境では見た目は

  1. 拡張機能の無効化
  2. 初期の検索エンジンがGoogleになる

程度で、お気に入りやパスワード、初期に開くページの設定などは全て保持されました。

Google Chromeでページを開くと予期せぬサイトへリダイレクト(転送)されてしまうという現象がある方、ぜひお試しください。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報