地震のときに発生する通電火災を防止するための「地震ブレーカー」

公開日:2016年4月15日 おすすめアイテム

地震が発生したときに一番怖い二次災害は「火事」です。原因はそのときにちょうど火を使っていたということもあるのですが、最も多いのが停電から復旧した際に発生する「通電火災」のようです。津波で被害を受けた東日本大震災でも発生していますし、何より阪神淡路大震災では発生後みるみるうちに火が広がって大変な犠牲者が出たのは記憶に新しいところです。

地震後の通電火災は何故起こる?

見えるところでは電源コードが倒れた家具などに押されてコードに亀裂が入ってショートしたり、見えないところでは建物のゆがみなどで同じくコードの亀裂からショートして火が出るというケースが発生します。地震後は一旦火事になると消火活動もままならない状態ですからどんどん被害が拡大し、地震で屋内に閉じ込められた方などがなすすべなく犠牲になるということが考えられます。

車の音質向上はデッドニングから スピーカー交換と同時にしたい「防音・防振 超大判デッドニングシート」で音質向上

これで大切なものをなくさない!! スマホとBluetooth接続して使うキーホルダー

衝撃を吸収しておしりが痛くならないようにする「自転車用サドルカバー」


地震による通電火災を少しでも防ぐ方法

1人1人がちょっと注意すればこの被害は大幅に削減できるのでは?ということで開発されたのが、「地震ブレーカー」です。地震ブレーカーは揺れを感知して家の中に供給される電気をブレーカー(主幹)でカットするというもので誰でも簡単に設置できますから、いざというときに自分を、そして地域を守るために是非取りつけておきたいグッズです。

「地震ブレーカー」の人気商品





Knowledge Base Wordpress ha-Basic テーマ
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報