サイトの表示速度改善はこれが限界かも・・・

ああやってこうやって必死に行ってきたサイトの表示速度高速化も一応の終了を迎えることとしました。

いかがでしょう??ストレス少なく閲覧できているのでしょうか??

一応GT Metrixでトップページを調べる限りでは
gtmetrix
とA評価をもらえているのでよしとしましょう。

大まかな対策としては

このサイトで効果のあったページ表示速度の高速化を効果順に紹介します。どうも最近サイトの表示が遅くなったなぁと感じる方の参考になれば幸いです。

でダラダラ書いているので参考にしたい方は見てみてください。

追加で行ったのはGoogle Adsenseのスクリプトタグを1つにして、かつ、フッターへ入れたこと。これについては

同一コードの集約はページ表示速度高速化の第一歩。今回はGoogle Adsenseのスクリプトを1か所だけにして表示が速くなるのか??を試してみました。

で書いています。

これによりある程度の速度改善ができましたが、最後に問題となったのがSimplicity2の外部リンクに対するブログカード機能のこと。独自キャッシュで行うとタイトルなどは一切表示されず、カードの中にURLが出てしまう現象が発生していました。

これについては情報を取得するところでうまくいかないようで、忘れましたがどこかのサイトで紹介されていた

add_action('init', function () {
	$info = curl_version();
	if (preg_match('~^NSS~', $info['ssl_version']) && version_compare($info['version'], '7.36.0', '<')) {
		$capabilities = array('ssl' => true);
		$cap_string = serialize($capabilities);
		$transports = array(
			//'Requests_Transport_cURL',
			'Requests_Transport_fsockopen',
		);
		foreach ($transports as $class) {
			if (!class_exists($class)) {
				continue;
			}
			$result = call_user_func(array($class, 'test'), $capabilities);
			if ($result) {
				Requests::$transport[$cap_string] = $class;
				break;
			}
		}
	}
});

というコードをfunctions.phpへ追記することで改善できていました。

が、明らかに独自キャッシュの外部リンクが挿入されている記事と外部リンクの一切ない記事での表示速度に差が出ていました。ひどいと倍以上の時間がかかるというもので、外部リンクを外して同じ記事を表示するとまーーー速い速い!!でもブログカードは捨てきれないし・・で行ったのが次の対策。

  1. 外部リンクに対するブログカード表示を独自キャッシュからはてなカードへ変更
  2. はてなカードで外部リンクを表示すると、結局はてなへ一度アクセスして情報を得て・・・ということで速度低下を招く可能性があるのでこの辺は上のコードの時との兼ね合いで判断しました。問題ははてなカードでのリンクをクリックしてそのサイトを訪問されたとき、リファラーがこのサイトではなくはてなになってしまうこと。もうこれは表示速度にこだわるため仕方ないかな?と決断しました。

  3. スクリプトを遅延読み込みするようにした
  4. 少しでも速度低下を防ぐために外部スクリプトを読み込む場合は「async」属性を付けて遅延読み込みさせるのが一般的ですが、テーマ内のどこにどう書かれているのかが分からなかったため、【Autoptimize】と同じ作者が提供しているプラグインを使用しました。自動で「async」属性を付けてくれる?プラグインのようで、【Autoptimize】の設定画面のタブから追加ができるので、一度試してみる価値はあると思います。

ここまで来ると我が家のかわいいかわいい猫たちのヘッダー画像を削除して転送データ量を削減してさらに・・・といいたいところですが、何もないサイトになってしまうのでここはこのままにしました。

ページをいくつか見ていただければお分かりかと思いますが、結構な数の広告が挿入されているにも関わらずこの速度だったらまあ合格点かな?と思っています。

このサイトはドメインキングで運用していて、サーバーの応答速度は速いときで0.3秒、遅いと0.8秒位かかるようなので、表示速度全体に対する割合としてはこれが非常に大きなボトルネックになっているかもしれませんね。他のサーバーがどうかは不明ですが、以前からこの数字はあまり変わりがないのでこれがこのプランの限界なのでしょう。

表示速度改善でアクセスアップ・・・ついでに広告収入アップ!!と言いたいところですが、なんだか速度が上がれば上がるほど両方ともダウン気味。なんでーーーって叫びたいところですが、これは再クロールされて順位が上がる(内容一緒で表示速度の改善をしたんだから当然・・・と言いたいところ)はずなのでこのまま待つしかないと自分に言い聞かせてます。

スポンサーリンク



後記

それからまたサイトの内容充実のため、広告収益のためにいろいろ追加したので、一旦高速にしたところから現状の5秒前後のところで落ち着きました。

トップへ戻る