【WordPress】2つのプラグインを使ってウィジェットの表示・非表示を完璧にコントロールする方法

WordPressでサイトを作り進めていくにつれて、内容によってウィジェットの表示・非表示を切り替えたいとか、このウィジェットのタイトルを非表示にしたいと思うときないですか??

通常だとウィジェットはタイトルに入力した文字は閲覧画面でも表示され、サイト内のどのページでも同じウィジェットが表示されますね。

タイトルを表示させたくないということで、ウィジェット設定でタイトルなしにすると管理画面側では「テキストウィジェット」などという表示になってしまい、「これ何のウィジェットだったっけ??となってきますね。

また、特定の投稿タイプや記事だけに表示したいウィジェットもあると思います(逆に特定のものだけ非表示にしたい場合も)。

今回は2つのプラグインを使って「ウィジェットのタイトルを管理画面側だけ表示する方法」と「ウィジェットをケースによって表示/非表示にする」の2つの機能を実現する方法を紹介します

スポンサーリンク

ウィジェットタイトルを管理画面側だけ表示する方法

実現するには「Flexible Widget Title」というプラグインを使います

「Flexible Widget Title」は自分で考えた記号をウィジェットタイトルに付けることで管理画面上では表示されるタイトルを閲覧画面上では非表示にできる地味に便利なプラグインです。

これはウィジェットのタイトルを[]で挟んだものはバックエンド(管理画面側)だけ表示されるようになるプラグインです。特に設定も必要ありませんから簡単に表示/非表示が切り替えられます。

これで管理画面側のウィジェット設定で「これ何??」となることがなくなります

ウィジェットをケースによって表示/非表示にする方法

実現するには「Restrict Widgets」というプラグインを使います

Wordpressのサイトが充実してくると「条件によって表示されるサイドバーなどのウィジェットを替えたい」というシーンが出てくると思います。「Restrict Widgets」は条件に応じてウィジェットごとに表示/非表示の切り替えができる便利なプラグインです。

これは条件に応じて特定のカテゴリーや投稿タイプ、1つ1つのコンテンツでウィジェットを表示/非表示を切り替えられるプラグインで、各ウィジェットに「条件によって表示する」「条件によって表示しない」の選択と、適用する場面を設定することができます。

複数条件を設定することができますので複雑な動作をさせることができます。

私が使用している「Simplicity」というプラグインはたくさんのウィジェットエリアがあるので、タイトルの下に特定のカテゴリーだけ注意事項を表示するなどといった使い方をしています。特に定期的に変更するあいさつ文や特定の投稿タイプだけに表示する定型文の挿入には重宝しています。ウィジェットにしておけば変更も該当する記事すべてではなく1度に済みますからね。

とても便利なのでぜひやってみてください

トップへ戻る