Cocoonで入力したSEO項目をSEO SIMPLE PACKの項目として継承(移行)する方法

Cocoonで入力したSEO項目をSEO SIMPLE PACKの項目として継承(移行)する方法

テーマの変更やSEO対策系プラグインの変更などで困るのが、せっかく入力した「タイトル」「ディスクリプション」「キーワード」項目の入力をし直す作業。

これらの項目は検索エンジンへ、その投稿や固定ページの基本情報を伝えたり、検索結果に表示させる参考になったりするので大変重要なのですが、テーマやプラグインの移行に四苦八苦して後回し..なんてことにしていませんか?

実は、仕組みさえ分かれば結構簡単に継承(移行)することができるんです。

本記事では、よく行われると思われる、CocoonテーマのSEO設定機能で入力した値をSEO SIMPLE PACKプラグインのデータとして移行する方法を紹介していますが、他のテーマやプラグインでも可能なことがほとんどですので、本記事で紹介する確認や変更の方法が使えるかどうか確認してみてください。

ページ上部へ戻る▲

「cocoon」から「SEO SIMPLE PACK」へSEO情報を移行する方法

「cocoon」テーマも「SEO SIMPLE PACK」プラグインも、「タイトル」「ディスクリプション」「キーワード」のデータはそれぞれの投稿(固定ページ)にあるWordPress標準のカスタムフィールドという機能利用しています。

カスタムフィールドについては、ここでは省略しますので、詳しく知りたい方は、後半の「WordPressのカスタムフィールド機能ってなんだ?」をご覧ください。

では進めてまいりましょう。

投稿(固定ページ)ごとに編集する方法と、プラグインを使って一括で変換する方法がありますので、まずは個別にやってみて問題がないことを確認してから、一括編集(一括)してしまいましょう。

投稿や固定ページごとに編集して移行する方法

「Cocoon」の時にSEO欄で入力した値のある投稿の編集画面を1つ開いてください。

開いたら、編集画面右上にある「・・・(縦並び)」をクリックして、一番下にある「設定」をクリックしてください。

出てきた窓の左側メニューにあるパネルをクリックします。

右側の一覧にある「カスタムフィールド」を有効にします。

有効にすると、下に「有効化してリロード」というリンクが表示されるのでクリックしてください。

この操作が終わると、編集画面の本文の下の方に下図のようなカスタムフィールドの一覧が表示されます。

Cocoonで入力したSEO項目をSEO SIMPLE PACKの項目として継承(移行)する方法|Knowledge Base

続いて下表にあるCocoonのメタキーを一覧から探します。ご自身で入力した値が入っていますよね?

見つかったら、下表を見ながら、カスタムフィールド一覧の中にある「名前(メタキー)」をCocoonのものからSEO SIMPLE PACKのものへ変更して、項目すぐ下の「更新」をクリックします。

項目CocoonのメタキーSEO SIMPLE PACKのメタキー
タイトルthe_page_seo_titlessp_meta_title
ディスクリプションthe_page_meta_descriptionssp_meta_description
キーワードthe_page_meta_keywordsssp_meta_keyword

項目すぐ下の「更新」をクリックしないと反映されない点に注意してください

更新が終わったら、プレビューを開き、HTMLソースを表示してきちんと変更されているか(出力されているか)を確認しましょう(ソースの先頭の方に表示されているはずです)

ソース表示はプレビュー表示後右クリックして「ページの表示」をクリックします

以下は、ssp_meta_descriptionへ変更し、ソース表示をしたときの例です

Cocoonで入力したSEO項目をSEO SIMPLE PACKの項目として継承(移行)する方法|Knowledge Base
カスタムフィールドのメタキーを「ssp_meta_description」へ変更して更新した図
Cocoonで入力したSEO項目をSEO SIMPLE PACKの項目として継承(移行)する方法|Knowledge Base
ソース表示できちんと反映されている場合の例

SEO SIMPLE PACKでは、2か所の出力が変わります

全部の投稿や固定ページで「タイトル」「ディスクリプション」「キーワード」繰り返せば完全移行..ですが、やっぱり面倒ですよね?では次項で一気に移行する方法を紹介しましょう。

プラグインを使って一括で移行する方法

上記の作業で、何をしたら移行できるのかは理解いただけたと思います。そう、カスタムフィールドの「名前(メタキー)」を変更するのでしたね。

これを一括で行える、すごいプラグインがあるんです。「Simple Post Meta Manager」というプラグインです。

機能や詳しい使い方については、本サイト内で紹介していますので、そちらを見て移行してください。

以上、簡単ですが、Cocoonで入力したSEO項目をSEO SIMPLE PACKの項目として継承(移行)する方法でした。


最後に注意点が1点あります。

すでにいくつかの投稿や固定ページで入力しなおしてしまったというケースです。

このケースでは一括でCocoonのメタキーをSEO SIMPLE PACKのそれに変換してしまうとメタキーの重複が起こり、予期せぬ出力になる可能性があることです。

そういう場合には、入力しなおしたものを削除してから一括変換する、または、一括変換後に入力しなおした投稿や固定ページの重複メタキーを削除するという方法で解決してください。

冒頭でも説明した通り、この種のデータ管理はカスタムフィールドで行われていることが多いので、「入力しなおすのかぁ..」と落胆せず、紹介した方法でデータ移行ができるかを試してみては?

ページ上部へ戻る▲

WordPressのカスタムフィールド機能ってなんだ?

カスタムフィールドは、「名前(メタキー)」と「値」からできていて、その投稿や固定ページ固有の情報をいくつでも登録できるようになっています。

通常使うときは、以下のようなカスタムフィールド一覧を表示した状態で、名前と値を追加して、テーマテンプレートなどで利用するというのが一般的です。

Cocoonで入力したSEO項目をSEO SIMPLE PACKの項目として継承(移行)する方法|Knowledge Base

が、今回のSEO項目のようにサイト全体で同じものを使用する時、いちいちメタキーを追加して、値を追加して..というのは面倒ですよね。

これを解決するために、テーマやプラグインでカスタムフィールドを使う場合には、投稿や固定ページの新規作成時に、カスタムフィールド一覧ではなく、入力しやすいフォームを用意し、必要な「名前(メタキー)」を追加して、カスタムフィールドを自動で設定(更新する)ようにしているのです。

今回紹介した、Cocoonテーマも、SEO SIMPLE PACKもこの方法を用いているので、特にカスタムフィールドというのを意識することなく、使えるようになっているのです。

Avatar photo

作者:

☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、このサイトでも使用している【HABONE】テーマの制作と配布を行っています。

年齢:50代 趣味/園芸・ペット・卓球