【CPT UI】Custom Post Type UIで一部のカスタム投稿タイプの表示に不具合が出たときの対処

当サイトは複数のカスタム投稿タイプでジャンル分けしてコンテンツ作りをしています。

サイト環境としては、「Custom Post Type UI」でカスタム投稿タイプを作り、「Custom Post Type Permalinks」で投稿タイプごとのパーマリンク構造を設定して、「Code Snippets」でfunctions.phpへ追記させている状況です。今回の不具合が出るまでは正常に動作していたのですが・・・。

関連記事を表示する環境として「yarpp」プラグインを使うにあたってカスタム投稿タイプも含めようと思い、テスト的に1~2つのカスタム投稿タイプに「yarpp」のサポートを追加しました。そして「Custom Post Type UI」でカスタム投稿タイプを編集したときはお約束のfunctions.phpの書き換えをして、「yarpp」プラグインの関連付けデータにもきちんとカスタム投稿タイプが追加され、実際の関連記事もきちんと表示されたので、このまま他の投稿タイプを・・・と思って一応サイト表示したら、
今回変更していないカスタム投稿タイプの投稿が「続きを読む」から進まない
という現象が発生しました。

あまりないことだとは思いますが、「yarpp」プラグインのせい?と思ってプラグイン停止するも変わらず、変更した投稿タイプで不具合が出るなら理解できるのですが、今回は変更していない投稿タイプが不具合、正直??????状態でした。

ただ行った作業は投稿タイプの編集位ですから、ちょっと冷静になって、問題のある投稿タイプへ新規投稿を追加してみたら
いつもはできるパーマリンク変更ができない
という現象が発生。

ちょっとヒントを得たので「Custom Post Type Permalinks」の設定をチェックするも、
問題のある投稿タイプに対する設定項目がごっそりなくなってる
???ちょっとパニックになりました。ひょっとするとサイト自体が終了かなぁとも思った瞬間です。

ただやったのはカスタム投稿タイプの設定だけ・・・

実はカスタム投稿タイプについては通常コードを作ってfunctions.phpへ追記するのが標準の作業のようなのですが、プラグイン派の私は最初から「Custom Post Type UI」を使っているため、全部の項目と構造についてはあまり知りません。いわば「Custom Post Type UI」任せです。実はこれが原因だったのです。

状況としては、

  1. 編集した投稿タイプはきちんと記事が表示される
  2. 追加した「yarpp」が原因ではない
  3. 編集した投稿タイプは「Custom Post Type Permalinks」の設定でもきちんと項目が表示される
  4. 編集していない投稿タイプはすべて「つづきを読む」から先に進めない
  5. 編集していない投稿タイプは「Custom Post Type Permalinks」の設定で項目が表示されない

とだいたいの状況はつかめたので、

  1. 試しに編集していなかった投稿タイプをそのまま「Custom Post Type UI」で更新
  2. functions.phpへ追記(上書き)

をしてみたところ、きちんと表示されるようになり、諸所の問題もすべて解決しました!!そしてすべての投稿タイプに対して同様の作業をして完全復旧!!よかったよかった。

スポンサーリンク

原因は何だったのか?

結局原因の特定には至っていないのですが、おそらく

  1. WordPressそのもののアップデートによるもの
  2. 「Custom Post Type UI」のアップデートによるもの
  3. 「Custom Post Type Permalinks」と「Custom Post Type UI」との不具合

なのですが、1と3については今まで使えていた以上今回の不具合には関係なし、疑うべきは2となりました。

下に更新一覧の写しを掲載していますが、問題がありそうなのは赤字の項目。この日結構な内容変更が行われているのでその影響だと思われます。すべての投稿タイプに対して何も変更していなかったので今まではエラーがでなかっただけで、一部を変更したことによって何等かの不具合が出たのだと思われます。

今回はいい勉強になりました

最近のCustom Post Type UIプラグインの更新履歴と原因と思われるもの

おそらく赤字にしている1.4.0 – 2016年8月22日あたりが要因かもしれません

1.4.2 – 2016年10月3日

修正:セクションの応答性と「広告」スペース小さな画面上のポストタイプまたは分類法を作成します。小道具@thecxguy

1.4.1 – 2016年8月25日

修正:タクソノミーのメニュー/ナビゲーションメニュー表示に関する新しいパラメータのデフォルト値の問題。
修正:サポートエリアのタイプミス。

1.4.0 – 2016年8月22日

追加しました:「エクスポート」タブを素早くアクセスするためのエディタ画面でタイプまたは分類のエクスポートページに投稿します。
追加:CPTUI通知が右側のボタンを使って、今dismissableです。
追加:書留郵便の種類および登録タクソノミーの一覧へのリンク「コードを取得」。
追加:ポストタイプと分類ナメクジに不正な文字の詳細改正。唯一の標準的なラテンアルファベット。ごめんなさい。
追加しました:最近のWordPressのバージョンから新ポスト型テンプレートスタック参照。
追加:サイド警告通知ポストタイプまたは分類スラグが編集された場合。
追加しました:プラグインの起動時にページについて表示します。
追加:それらを取得に関する広告以下のリンクは、拡張CPTUIの購入を介して除去。
追加:最初のメニューでポストタイプと分類法を参照するために保存した後にページを更新する必要はありません。
追加:show_in_menuとshow_in_nav_menusための分類をサポート。
修正:入力の情報テキストのためのさらなる改善されたラベル。
修正:非jsのユーザーのための「アイコンを選択」ボタンを非表示にします。
修正:parent_item_colonでなければならない誤用「親」のラベルキーでの問題。
修正:「コードを取得」エリアのパラメータをshow_in_menu_string逃しました。
修正:分類法は、関連するポストタイプを必要としていたことを確認してください。
修正:必要なときにリスト領域の「編集」リンクは今拡張CPTUIで、ネットワーク管理者を占めています。
更新:適用された管理者のカラースキームとの間の色の一貫性を保つための専用dashiconに切り替えます。
更新:ページについて更新しました。
更新日:また、UIの改良により、より優れたWordPressの管理を一致させます。崩壊を含むmetaboxesから見つかった適応スタイル、/トグルを展開します。

1.3.5 – 2016年6月3日

「コードを取得」エリアでpublicly_queryableため削除され、未定義のインデックスエラー。そのパラメータは、1.4.0のリリースを対象としています。

1.3.4 – 2016年5月4日

修正:プラグイン自体の中にWDSベースのサービス「広告」を移動しました。リモートリソースを要求しません。
修正:より良い出力書式WDS / Pluginize「広告」は、画像をロードするために失敗した場合。
修正:cptui.jsで未定義の変数エラー
追加:ニュースレターの購読フォームカスタムポストタイプUI&カスタムポストタイプUI拡張ニュースをUPTODATE滞在します。
追加:Pluginizeと最近のサイドバーの動向に関するサポートページ/ FAQ情報。

1.3.3 – 2016年4月5日

ポストタイプ登録の前にAJAX /ハートビートのAPIリクエストのための変更を元に戻します。ポストタイプが登録されていなかったため、サードパーティまたは他のプラグインが破壊されました。

1.3.2 – 2016年4月5日

修正:それらが意味するものではないし、どこにロードcptuiのJSファイルとロジックの問題。
修正:必要なマーカーは、後に必要なタイプのフィールドに欠落しています。
修正:WordPressのコアで使用されていない余分なラベルを削除しました。
追加:新しい貢献者がファイルをREADMEを。ジョンとライアンを歓迎します。
更新:1.3.0リリースからの新しいスクリーンショット。ユーザーは、もはやCPTUIの一部としてダウンロードされますので、資産フォルダに移動さ​​れません。
更新日:アヤックス/ハートビートのAPIリクエストの間に我々のコードを実行しているのより良い予防。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メニューを表示できません

ページ先頭へ