【CSS】ブロック要素とインライン要素(divタグとspanタグなど)の違いと使い分け

公開日: 更新日: サイト作成日記
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定




【この記事の目次】- 必要な部分だけ見たいときにどうぞ - [表示する]

htmlタグと言えば

<div>内容</div>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. 上のようなことがないのに更新できない
  6. 特に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページのコードを転載される場合には必ず当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

のように、「内容」に記述された内容に対して何かをするという書き方が基本ですね。このタグには大きく分けてブロック要素を持つタグとインライン要素を持つタグがあるのをご存じですか?

どちらの要素のタグも中にデザイン要素やCSSの呼び出しなどさまざまなことができることに違いはないのですが、この2つには決定的な違いがあるのです。

ざっくりした定義ですが、認識としてこれで間違いないのは

  • ブロック要素を持つタグは前後に改行が入る
  • インライン要素を持つタグは前後に改行が入らない

ということです。対になるタグが全てあるわけではありませんが、ブロック要素を持つタグとインライン要素を持つタグの代表的なものを紹介します。

よく言われるのはdivタグとspanタグの使い分けです。どちらも「かたまり」を定義するタグなのですが、前述したように前後に改行が入るか入らないかという違いがあります。要するに
divタグ=/br+span+/br
と同様の表示結果になるということです。厳密に言えば違いがあるかもしれませんが、使い分けとしてはこんな認識で間違いないと思います。

ブロック要素の例

  • 段落 P
  • 見出し Hn
  • 順序なし箇条書き UL
  • 順序あり箇条書き OL
  • 引用 BLOCKQUOTE
  • 水平線 HR

これらのタグは前後に必ず改行が入るため、文章の途中にタグを挿入しても必ず次の行の先頭から表示されます

インライン要素の例

  • 太字 B
  • 斜体 I
  • 強調 EM
  • 強い強調 STRONG
  • 文中での引用 Q
  • 画像 IMG

これらのタグは改行が入らないため文章の中で特定の部分を装飾したりする場合に使用します。

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】