【WordPress】「Google Analytics Dashboard for WP」のアップデートで肝心な情報が見れなくなったときの対処

「Google Analytics Dashboard for WP」が4.9にバージョンアップされましたが、何の気なしにアップデートしたら、ダッシュボードに肝心の「ページ」表示がなくなってしまいました。セッション数だのはどうでもよくて、「今日どのページにアクセスがあったか」が知りたかっただけに残念でなりません。このままでは使えないので、前のバージョンに戻しました。

スポンサーリンク

4.9で更新された機能(公式ページを直訳)

バグ修正:競合を避けるためにjQueryのUIツールチップにユニークなクラスを追加
バグ修正:複数のCSSの改善
バグ修正:無効なローカライズされた日付フォーマット
バグ修正:マルチサイトモードの切り替えは、すべてのサイトに新しいネットワークの状態を伝播しません。
バグ修正:記事/ページのレポートでは無視場所の設定
強化:認可を取り消すか、キャッシュをクリアしながら、未設定のクッキー
強化:管理ダッシュボードウィジェットのこれ以上のページを再ロードしたレポートを切り替えます
強化:リアルタイム機能と統合された報告システム
強化:COOKIENAME、cookieDomain、cookieExpiresをカスタマイズすることを可能にする新しいトラッキングオプション。小道具マルティンスSipenko
強化:管理者のみにのみ、ダッシュボード上の表示更新通知
強化:力の言語は、ネットワーク上のすべての利用可能な言語の更新をパック
強化:追加されたビューのスイッチ機能

バク修正やスイッチの強化があったようですが、私にとっては余計なおせっかい以外の何物でもない!!という感じです。安全に前のバージョンに戻すには

今回はWptouchプラグインで行いましたが、他のプラグインも最初は無料であっても有料化したり追加機能を購入したりする傾向に必ず進みますので上記の方法で過去のバージョンを手に入れて運用するのがいいと思います

を参考にしてもらえばいいと思うのですが、面倒だという方は、こちらからダウンロードして使ってください。

一旦アンインストールしてから再度プラグインの追加でアップロードインストールすれば元のバージョンに戻せます。ただ、私の場合はダッシュボード上に日付と項目以外にプロファイルが追加されてしまいました(マルチサイト対応の名残かも)が、問題なく使えます。

1つ注意が必要なのは、設定の中に自動アップデートのスイッチが追加され、デフォルトでONになってます。これまたおせっかいな機能なのですが、そのままにしておくと勝手に4.9へアップデートされてしまうので必ずOFFにしてくださいね。

おそらく要望などが出て、この「アクセスがあったページや記事の一覧」が近いうちに復活するとは思われますので、しばらくはアップデートのお知らせを無視というのが一番なのですが、この通知をOFFにするには

の記事を参考にしてください。

お約束ですが、環境によっては不具合が出るかもしれませんので、対応は自己責任でお願いします。

困っている方がいるかも知れませんので、Twitter等やってる方は拡散してあげてくださいね。

トップへ戻る