WordPressでフリマ(マッチング)サイトを作る 投稿者の連絡先保護

公開日:2015年11月4日 使い方など
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

作っているこのサイト「大切な命をつなごう」もだんだん形になってきました。

ひとまずテスト的に安定運営されるまではユーザー登録なしに誰でも投稿できるようにして・・・

で問題発生!!

個別記事の画面は前の記事でも書いた通り、「WP User Frontend」というフロントエンドから記事投稿を可能にするプラグインで自動的に生成できる機能を利用したのですが、フォームの中にメールアドレスを入れてもらうと・・・
あらま!メールアドレスが丸裸!!
になってしまいました。メール送信のリンクが作成されるので便利なカスタムフィールドなのですが、別の文言にするとかして何とか隠す方法を模索しました。が、どうしてもアドレスそのものが表示されてしまう現状の状態が限界のようです。
1.「Email Encoder Bundle」プラグインを使ってメールアドレスをアドレス収集ボットなどで読み取られないようにする
2.「WP Copy Protect」を使ってテキストをコピーできないようにする

メールアドレスをアドレス収集ボットなどで読み取られないようにする

「Email Encoder Bundle」というプラグインを使うとサイトをソース表示したときに確実にメールアドレスが化けコード化されているので安心なのですが、このプラグインで出来ると思われる「代替テキスト」の設定がどうしても反映されませんでした。

【WordPress】でサイトを作るにはどの程度のプログラミング知識が必要か?

【WordPress】のプラグイン「WordPress Popular Posts」でリストの表示を思い通りに表示する方法

【Simplicity】バージョン1.9.xで記事やページを分割するとSEOに不利かもしれない


メールアドレスのコピーを禁止する

そうなると、メールアドレス自体は表示されてしまうのでこれを何とか保護する方法を模索。
もともと文章のコピーを防止する「WP Copy Protect」プラグインを入れて、テキストの選択もマウスの右クリックも、コピーのキーボードショートカットも効かないようにしました。

一応これで表示されてしまう以外は保護できたと思います。あとは、フォームの注意書きに保護についての文言を書いて様子見ですね。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報