【WordPress】Twitter(ツイッター)へ書いた記事をツイートする

せっかく作った情報なのでより多くの人に読んでもらいたくてTwitter(ツイッター)へWordpressで書いた記事をアップすることにしました。

とはいえ、TwitterのTの字すら理解していない私にとってはどきどきの設定です。

これから設定したいなぁと思う方の参考になればと思います。

まずはTwitterへの登録ですが、検索サイトで「Twitter」を検索すれば出てきます。

あとは指示に従って新規のツイッターアカウントを取得してください。

※登録メールアドレスはメールの量が増えるのでは??の懸念があったので専用に作りました

Twitterアカウントの取得が終わったら、Wordpressで記事投稿時に自動的にTwitterへツイートするためのプラグインを導入/設定していきます。

使うのはWP to Twitterというプラグイン

TwitterとWordpressを連携させるプラグインはたくさんあるようですが、「wordpress Twitter 連携」というキーワードで検索したら最初に出てきたプラグイン紹介だったのでこれにしました。

プラグインのインストールと有効化は通常のプラグインと同じです。

WP to Twitterを有効化したら、「設定」→「WP to Twitter」から連携の設定をします

出てきた画面に「Twitterアプリケーション登録ページ」というのがあるのでクリックします

Twitterにログインしている状態で開くとアプリケーション作成画面が出ます(ログインしていない場合にはログイン画面が出てきますのでログインしましょう)

「名前」には適当な名前

「説明」

「ウェブサイト」「コールバックURL」には連携するWordpressサイトのURLを入力します

画面下のほうの「同意」にチェックを入れて「あなたのTwitterアプリケーションを作成します」をクリックします

アプリケーション管理という画面が登場しますので、

「アクセスレベルは」の右にある「アプリの許可を変更する」をクリックし、出てきた画面で「読み書き」を選択して「アップデート設定」をクリックします

画面上のほうの「キーとアクセストークン」をクリックします

下のほうの「私のアクセストークンを作成します」をクリックします

出てきた画面の

1.コンシューマーキーとコンシューマーキー(秘密)

2.アクセストークンとアクセストークン(秘密)

の4つをWP to Twitterの設定画面へ入力して「Twitterと連携」をクリックすれば、設定完了です

が、パーマリンク設定で異常に長いURL(たとえばタイトルそのままのような場合日本語だとすごく長いURLになります)は短縮するための設定をしておいたほうが無難なので、設定画面下のほうの「短縮URLを使用する」の窓から適当なサービスを選んで「Save WP to Twitter Options」をクリックして設定変更します。

あとは、実際に投稿や編集をしてみて何もエラーがなく、Twitter側にも問題なくツイートされていれば設定完了です。

WP to Twitterではあらかじめ「記事タイトルを更新した」という内容がツイートされるようになっているのですが、記事の作成(編集)画面でツイート内容を追加できるようになっているので便利です。

役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メニューを表示できません

ページ先頭へ