WordPressでログインユーザーがアドセンス(Adsense)広告を誤クリックするのを防止する方法(自動広告対応)

公開日: 使い方など
Knowledge Base Wordpress パソコン カスタマイズ 設定

いやぁ困ったことが起きました。それはGoogle Adsense広告の誤クリック問題。

・・・ってサイト制作者の私がという話ではありません(当たり前か・・)。手動で挿入したものはもちろん、自動広告も「ここはアドセンスね」ってわかってますからね。

問題は複数の人で記事を書くサイト。それが発覚したのは次の会話からでした。

著者A「サイトの広告ってへぇ~~っていうのが多くて感心しちゃう」

私「見ている人のいろいろな情報を元に広告表示してるからね」

著者A「ホラ見て!この広告なんか私の趣味にぴったりでついついクリックしちゃう、ホラ!」

私「どれどれ??」

えええええええええ~~~!!!そのページは・・・いつも記事書いてるやつじゃん!!

私「よくクリックするの??」

著者A「うん、記事書いてプレビューしたときについつい、これよさそうだなぁと思って」

私「・・・・・・・・・・」

こんなこと言われたら青ざめちゃいますよねぇ。待っているのはアカウント停止、しかも前から何度もやってるらしい・・・。と言っても「ここは広告だからクリックしちゃダメ!」が通用するのは固定的にアドセンス広告を挿入している場合の話。自動広告になったらそんなお願いも全く無効になっちゃいますよね?困ってる方いません??

まあ、Google様も同一IPアドレスからの複数クリックについては「所有者や関係者のクリックかな?」ということである程度は無料にしてくれるらしいですけど、その人が別の場所から繰り返し・・・となったら話は別ですよね?人の行動は計り知れないですから。

で、しばらく広告を外していたんです。誤クリックでアカウント停止になるのも嫌だし、何よりそのサイトは途上なのでそれほど収益ないし・・・。でもやっぱり多少なりとも運営費の足し位にはしたい!!ということでいろいろ調べたら・・・、方法はあるんですね。

ということで今回はWordpressのサイトでGoogle Adsense他の広告をログインしているユーザーが誤ってクリックしてしまわないようにする設定方法を紹介します。もちろんレイアウトなどが変わってしまわないように広告は表示したままで!しかもアドセンスの自動広告にも対応できる方法です。

私のように共同で投稿するサイトではなくクライアント(お客様)に納品するサイトでもこの設定をしておいてあげればちょっと親切な設定だと思います(こうした地味でも有益な設定が喜ばれると思いますよ)。

また、アドセンスに限らず自己クリックからの購入を規約違反としているアフィリエイトサービス(Amazonアソシエイトなども確かそうだったと思います)でも有効な手段だと思いますから応用してみてくださいね。

そうそう大事なことですが、前提としてはログインしているユーザーを!というのが条件になりますので、会員制サイトなどでは使えない方法なのであしからず。

手動で貼り付けたAdsense広告をログインユーザーが誤クリックしてしまうのを防止する方法

実は私、なんでもかんでもプラグインでやっちゃう派(サイト内をいろいろ見た方はご存知ですね)なのでプラグインをいろいろ探したのですが残念ながら見つからず・・・でいろいろ検索してたら文末にある参考サイトのページへたどり着きました。

ふむふむ・・・なーーんて簡単に制御できるの??と感動すらしてしまいました。その方法を元に解説させていただきますね。

これを実装するには2つの手順が必要です。

1つはdivタグでログインユーザーにクリックしてほしくない広告を囲むこと。今回は他のクラスと被ることがないよう「koukoku」というクラス名にしました。

<div class=”koukoku”>
ここに広告コード
</div>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

「ここに広告コード」と書かれているところに広告コードを入れます(実際には今ある広告コードに上下の2行を足していく作業になりますね)。

そして次に

.logged-in .koukoku {
    pointer-events: none;
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

をテーマのstyle.css(テーマによって異なる場合あり)へコピペします。

コードの解説を簡単にしておくと、divタグで「これに囲まれたものを1つの部品として扱い、「koukoku」という名前の部品にしますよ!」としておいて、その部品に対してcssで.logged-in(ログインしている人)に対してpointer-events(クリックできるようにする操作)をnone(しない)ようにしてちょ!という流れなんですね。

従ってこのdivタグで囲んだものはすべてログインユーザーではクリック操作ができないということになりますから、前述したように自己クリックすると規約違反になる広告などにも応用が利くということなのです。

文末の参考リンクでは旧型のブラウザに対応させる方法も掲載されていますが、私の場合にはWindows10以外のOSがありませんのでこの処置はしていません。もしも・・・という方はリンクページを参考に設定してください。

※これを設定して該当する広告にマウスオーバー(広告にマウスポインタが重なった時)したときに矢印のままになっていたら設定完了です。

他社で取得したドメインで現在使っているサーバー内のWordPressを動作させる方法

【初心者向け】1つのドメインで複数のWordPressサイトを作る方法とメリット・デメリットなど

「WordPress Popular Posts(WPP)」プラグインを更新したら閲覧数がカウントされなくなったときの対処


Adsenseの自動広告にもログインユーザーの誤クリックを防止する方法

これができないと意味がないわけですけどどこに表示されるかも分からないから無理かなぁ・・・とデベロッパーツールで各広告のコードをじーーっと見ていると・・・なんだぁちゃんとDiv Class設定されてるじゃん(当然といえば当然)というオチでした。

自動広告には必ず「.google-auto-placed」というクラス設定がされているんですね。

ということはこれを使って手動の時のようにログインユーザー限定でクリックを停止すれば・・できました!!

ちなみにコードは以下の通り。テーマのCSSへ追記するだけです。

.logged-in .google-auto-placed {
    pointer-events: none;
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

※これを設定して該当する広告にマウスオーバー(広告にマウスポインタが重なった時)したときに矢印のままになっていたら設定完了です。

設定したらログインした状態とログインしていない状態でマウスポインタがどうなるのか?ログイン時にクリックは本当にできない?(このテストは自己責任で!)のチェックをしてください。

最後にもう一度書きますが、今回の方法2つは「ログインしている」ユーザーがクリックできないようにする方法ですから、会員制のサイトなどでは使えませんから悪しからず。

Google Adsenseや自己クリック禁止のサービスでの誤クリックで問題を感じてる方、ぜひやってみてくださいね。

おまけ情報として、これは誰でも知ってるとは思いますが、もしもアドセンスの広告で魅力的なものを見つけたけどクリックできないしというものがあった場合は広告の上で右クリックしてURLをコピーし、別のウインドウまたはタグにURLを張ってアクセスすればクリックイベントにはならず誤クリックとなりませんから、気になるものはこの方法で広告を見るようにしましょう。

※この方法も私自身が問題となっていないだけでひょっとしたら・・ということがあるかもしれませんので自己責任でお願いしますね。

タイトルにWordpressで・・・と書きましたが、divタグとCSSのみを使用しますから、他のCMSとかブログとか、HTMLで作成したサイトでも使えますよ。

今回の方法で参考にさせていただいたサイト

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書 2(スマートフォン対応サイト編 / プライム・ストラテジー株 / [大型..

【中古】 本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書 2(スマートフォン対応サイト編 / プライム・ストラテジー株 / [大型..

799 円 (税込)
著者:プライム・ストラテジー株式会社出版社:SBクリエイティブサイズ:大型本ISBN-10:4797370963ISBN-13:9784797370966■こちらの商品もオススメです ● 20歳の自分に受けさせたい文章講義 / 古賀 史健 / 講談社 [新書] ■通常24時間以内に出荷可能です。■メール便は、1冊..
【新品】【本】エンジニアのためのWordPress開発入門 野島祐慈/著 菱川拓郎/著 杉田知至/著 細谷崇/著 枢木くっくる/著

【新品】【本】エンジニアのためのWordPress開発入門 野島祐慈/著 菱川拓郎/著 杉田知至/著 細谷崇/著 枢木くっくる/著

3,278 円 (税込)
■ISBN:9784774187068★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になりますタイトル【新品】【本】エンジニアのためのWordPress開発入門 野島祐慈/著 菱川拓郎/著 杉田知至/著 細谷崇/著 枢木くっくる/著フリガナエンジニア ノ タメ ノ ワ−ドプレス カイハツ ニユ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報