【WordPress】Google Chromeで管理画面がフリーズ(固まる)現象と対策

WordPressのダッシュボードから投稿一覧やプラグインの一覧、ウィジェットなどを表示したとき、何となく固まった状態になってから動き出したり、固まったままになってしまったりしたことないですか?

私の場合はウィジェットの内容を変更しようと思ったら固まって、時にはしばらく経つと動く(スクロールできる)ようになったり、そのまま固まったりしていたのですが、動くときでもウィジェットの更新ができないという現象が出ました。

あくまでも経験上ではありますが、対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

原因はGoogle Chromeの拡張機能

Google Chromeにはたくさんの拡張機能があります。特にサイトを作成しているとアクセス解析の結果やアドセンスアフィリエイトの実績などを管理ページへ行かずに確認したいなんてこともあると思います。

かくいう私も「Google Puplisher Toolbar」という拡張機能を使っていました。Adsenseの実績もリアルタイムで分かるし、ページ表示したときにどの位アクセスがあったかをAnalyticsから抽出して表示してくれるので非常に便利!と思っていたのですが、今回の不具合はここに元凶がありました。

試しに他のブラウザで確認したらきちんと動作するので「Chromeの問題」ということが明白になりました。こんなときはいろいろな不具合対処の経験が行きますね。

Chromeが原因であることが特定されたらまずは定石である「すべての拡張機能をストップする」ことから開始。

拡張機能をすべて停止したところ、きちんと前述した不具合は解消されました。

そして1つ1つ有効化してはブラウザを開き直して動作確認・・・という作業を繰り返してようやくたどり着いたのが「Google Puplisher Toolbar」でした。

「Google Puplisher Toolbar」の中でもアドセンスの収益との連携をしても不具合は発生せず、Analyticsとの連携をしたら途端に不具合発生!!原因特定です。

そこで、Analyticsとの連携はしたままで「広告オーバーレイ」をOFFにしたら見事解消しました。

この広告オーバーレイというのは連携されているアドセンス広告のあるページが表示されたときに広告単位での収益状況が表示されるというもの。これの設定でドメイン指定したことが原因でした(私自身は設定した覚えはないのですが・・・まあ置いといて・・・)。設定はそのままに広告オーバーレイをONにすると不具合発生、間違いありません。

ドメインを指定することで、ドメインの中にある管理画面でも広告があるのかないのか?を検出しようとすることが原因だと思われます。ドメインでなくても個別ページの指定はできるのですが、膨大なページ1つ1つ登録することも大変ですからOFFのまま使用することにしました。

トップへ戻る