Time when Suzumushi hatches -Esaya and environment-

鈴虫(スズムシ)が孵化する時期 ~えさや環境など~

公開日:2015年5月12日 ペット・動物

大体卵を保存している場所の温度が20度を超えると一斉に孵化し始める鈴虫くんたち。

今年もたくさん孵化してきました。

今は小さい小さい一見○○ブリみたいな感じですが、これが毎週脱皮して7~8回後には成虫になるかと思うと楽しみです。

孵化したばかりのスズムシのエサ

えさはいろいろ試行錯誤するしかないですが、市販のスズムシのエサでもいいですし、ゆで卵の黄身やかつおぶしなどを食べます。動物性タンパクをあげないと共食いするようなので、今回は「かつおぶし」を使っています。

食品のトレーを小さく切って、そのうえにエサを置くようにすれば撤去も簡単だし、土壌も汚れないのでいいですよ。

スズムシの隠れ家を作る

あまりにも密集しているとやっぱり不具合がでそう・・・ということで、隠れ家を作ることにしました。一番手っ取り早くて黒くて暗いところが好きなスズムシのためには木炭が一番ですが、○㎏もいらないので、100円ショップ(ダイソー)で700g入りのものを購入。大きさも量もちょうどいいのでお勧めです。

が、においの問題なのか、警戒心なのか、2日経ってもなかなか登ってくれないです。早く慣れてほしいですね。

  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

【スポンサーリンク】