簡単!Twitterにパソコンから動画をツイートする方法

パソコン版Twitterで動画をツイートするのは大変なのかなと思って試してみたら意外に簡単でしたので方法をご紹介します。パソコン版ツイッターからは30秒までの動画が投稿できます。

スポンサーリンク

Twitterでツイートできる動画の条件

  1. 動画形式はMP4 (H264形式、AAC音声)
  2. アップロードできる動画のサイズは最大512MB
  3. 動画の長さは30秒以下
  4. 最小解像度: 32 x 32
  5. 最大解像度: 1920 x 1200 (および1200 x 1900)
  6. 縦横比: 1:2.39~2.39:1の範囲 (両方の値を含む)
  7. 最大フレームレート: 40fps
  8. 最大ビットレート:25Mbps

この形式でない動画をアップするには変換が必要です。

動画をツイートする手順

  1. アップしたい動画を作ります
  2. パソコン版Twitterを起動します
  3. 通常のツイート画面を開き、「メディア」をクリックして用意した動画を選択しアップロードします
  4. 動画のどの部分をツイートするのかを調整します
  5. 通常のツイート本文を書いてツイートすれば完了です

※添付できる動画は30秒までですが、ある程度長い動画でもアップ自体はできます。アップ後スライダーが表示されますので30秒の枠の中で切り取りをすれば完了です。

動画を変換する方法

  1. 動画形式はMP4 (H264形式、AAC音声)
  2. 最大解像度: 1920 x 1200 (および1200 x 1900)
  3. 最大フレームレート: 40fps
  4. 最大ビットレート:25Mbps

動画条件の抜粋ですが、動画を扱ったことのない人にとっては何だこれ?という内容ですね。通常スマートフォンからパソコンに転送すると「3gp」という形式になり、ムービーなどで撮影すると「mpeg2」などの動画形式になるためそのままではアップできません。でも、無料の動画エンコードソフトを使えば簡単に上の条件で動画を作成することができます。おすすめのソフトは

手順と方法さえ覚えてしまえばスマホで撮影した動画を簡単にWordpressのサイトへアップロードして投稿や固定ページへ埋め込むことができます。今回はいろいろ試した結果一番簡単にできる方法を紹介します。

の記事の中で紹介している「Oxelon Media Converter」というフリー(無料)ソフトです。

また、スマートフォンで撮影した動画をパソコンに転送する方法が分からないという方は

面倒な配線を使わずに確実にデータをスマホからパソコンへ転送する方法。無料のアプリAirdroidを使った便利なファイル転送方法を紹介します。

の記事にあるAirdroidという転送ツールを使えば動画だけでなく静止画や音楽などスマホに入っている様々なファイルの出し入れやメンテナンスができます。

スポンサーリンク

役に立つ情報でしたら是非拡散をお願いします

トップへ戻る