WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

登録ユーザーの凍結・凍結解除ができるプラグイン「BAN Users」

公開日:2016年11月15日 ユーザー管理


複数の人でサイト管理をしたり、不特定多数の方が登録して投稿するタイプのサイトを構築する際頭を悩まされるのが「ユーザー管理」です。

特に顔の見えないインターネット環境ではちょっとしたことでトラブルになる可能性もあります。

一般的にWordpressで行うユーザー管理としては

  1. 長期間ログインのないユーザーやふさわしくないユーザーのアカウント情報を変更する
  2. 長期間ログインのないユーザーやふさわしくないユーザーのアカウント情報を削除する

といった処理を行うのですが、

  1. 1ではアカウント情報を変更したことが伝わらず、変更した旨がメール通知されてしまう
  2. 2では削除したユーザーが作成したコンテンツが管理ユーザーに紐づいてしまう(管理ユーザーが作成したことになってしまう)

ので、いずれにしても不具合の元になる可能性があります。

「BAN Users」はユーザー情報の「ある」「ない」に対して「凍結」という処理を追加して不具合を解消するためのプラグインです。凍結処理時にはユーザーに何故凍結したのかの理由を付けてメール通知できますし、凍結の解除も可能、そして凍結したユーザーが作成したコンテンツをそのまま公開状態にしたり下書きとして扱ったり非表示にしたりできるのでマルチユーザー環境の決定版的なプラグインだと思います。

テスト環境で動作させたところ、きちんと凍結処理されますしメール通知も届きました。

【BAN Users】プラグインの基本的な機能・できること

  1. ユーザーの登録を削除せずに凍結状態にすることができます
  2. 自動で凍結を解除することができます
  3. 凍結・解除の通知をメールで行うことができます
  4. 凍結したユーザーの作成したコンテンツのステータスを変更できます

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「"」「'」などの記号を入力し直してみてください。

【BAN Users】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【BAN Users】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【BAN Users】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

設定はダッシュボードの「設定」→「BAN Users」から行います
基本設定

  1. Change user’s posts statuses when banning user (i.e. to hide posts from showing on blog)
  2. 凍結したユーザーが作成したコンテンツを公開状態から「非公開」「下書き」などへ変更します

  3. Allow user to be unbanned automatically when a date is reached.
  4. 一旦凍結したユーザーに対して日付を指定して凍結解除することができるようになります

  5. If already logged in when banned, force logout.
  6. 凍結するユーザーがログイン中の場合は強制的にログアウトさせます

  7. Send email notification to user when banned/unbanned
  8. 凍結・凍結解除したユーザーに通知メールを送信します

  9. Require unique reason for ban
  10. 凍結する際、理由の入力を必須にします

  11. Display BANned column in users table showing login status
  12. ユーザー一覧に凍結・凍結解除のインジケーター(色表示)列を追加します

  13. Highlight BANned users in users table using red background colour
  14. ユーザー一覧で凍結されたユーザーの行の背景を赤くします

  15. Message to display when a BANned user attempts to login:
  16. 凍結されたユーザーがログインした際に表示されるメッセージです。

通知メールの設定タブで、アクセス禁止した際に送信するメールの文章、アクセス禁止を解除した際に送信するメールの文章を設定します

【BAN Users】プラグインの基本的な使い方

  • ユーザー一覧のユーザー名の欄に新しく「Ban」というリンクが追加されます。
  • リンクをクリックすると「凍結理由」を入力する欄が出てきます(これがメール本文に記述されて送信されます)
  • 凍結されたユーザーは赤背景で表示されます
  • 凍結を解除する際には「Unban」をクリックします

Wordpress関連の本

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください
できるWordPress WordPress Ver. 5.x対応 本格ホームページが簡単に作れる本 できるシリーズ
インプレス
WordPressは無料かつ高機能で、シェア率No.1のCMS(コンテンツ管理システム)です。その拡張性の高さから企業のホームページ制作にも利用されているほどで、ホームページで情報発信をするに当たって、個人でも本気度の高い方はWordPressを利用していることが多いです。本書はそんなWordPressの初期設定から制作、カスタマイズ、運用のノウハウまで幅広く学べる1冊です。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,628
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】