WordPressで登録ユーザーの凍結・凍結解除ができるプラグイン「BAN Users」



複数の人でサイト管理をしたり、不特定多数の方が登録して投稿するタイプのサイトを構築する際頭を悩まされるのが「ユーザー管理」です。

特に顔の見えないインターネット環境ではちょっとしたことでトラブルになる可能性もあります。

一般的にWordpressで行うユーザー管理としては

  1. 長期間ログインのないユーザーやふさわしくないユーザーのアカウント情報を変更する
  2. 長期間ログインのないユーザーやふさわしくないユーザーのアカウント情報を削除する

といった処理を行うのですが、

  1. 1ではアカウント情報を変更したことが伝わらず、変更した旨がメール通知されてしまう
  2. 2では削除したユーザーが作成したコンテンツが管理ユーザーに紐づいてしまう(管理ユーザーが作成したことになってしまう)

ので、いずれにしても不具合の元になる可能性があります。

「BAN Users」はユーザー情報の「ある」「ない」に対して「凍結」という処理を追加して不具合を解消するためのプラグインです。凍結処理時にはユーザーに何故凍結したのかの理由を付けてメール通知できますし、凍結の解除も可能、そして凍結したユーザーが作成したコンテンツをそのまま公開状態にしたり下書きとして扱ったり非表示にしたりできるのでマルチユーザー環境の決定版的なプラグインだと思います。

テスト環境で動作させたところ、きちんと凍結処理されますしメール通知も届きました。



【BAN Users】プラグインの基本的な機能・できること

  1. ユーザーの登録を削除せずに凍結状態にすることができます
  2. 自動で凍結を解除することができます
  3. 凍結・解除の通知をメールで行うことができます
  4. 凍結したユーザーの作成したコンテンツのステータスを変更できます
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【BAN Users】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【BAN Users】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【BAN Users】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

設定はダッシュボードの「設定」→「BAN Users」から行います
基本設定

  1. Change user’s posts statuses when banning user (i.e. to hide posts from showing on blog)
  2. 凍結したユーザーが作成したコンテンツを公開状態から「非公開」「下書き」などへ変更します

  3. Allow user to be unbanned automatically when a date is reached.
  4. 一旦凍結したユーザーに対して日付を指定して凍結解除することができるようになります

  5. If already logged in when banned, force logout.
  6. 凍結するユーザーがログイン中の場合は強制的にログアウトさせます

  7. Send email notification to user when banned/unbanned
  8. 凍結・凍結解除したユーザーに通知メールを送信します

  9. Require unique reason for ban
  10. 凍結する際、理由の入力を必須にします

  11. Display BANned column in users table showing login status
  12. ユーザー一覧に凍結・凍結解除のインジケーター(色表示)列を追加します

  13. Highlight BANned users in users table using red background colour
  14. ユーザー一覧で凍結されたユーザーの行の背景を赤くします

  15. Message to display when a BANned user attempts to login:
  16. 凍結されたユーザーがログインした際に表示されるメッセージです。

通知メールの設定タブで、アクセス禁止した際に送信するメールの文章、アクセス禁止を解除した際に送信するメールの文章を設定します

【BAN Users】プラグインの基本的な使い方

  • ユーザー一覧のユーザー名の欄に新しく「Ban」というリンクが追加されます。
  • リンクをクリックすると「凍結理由」を入力する欄が出てきます(これがメール本文に記述されて送信されます)
  • 凍結されたユーザーは赤背景で表示されます
  • 凍結を解除する際には「Unban」をクリックします

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る