WordPressのコメントの入力チェックが画面移動なしでできるプラグイン「comment validation computy」



サイト作成側ではなかなか気づかないことがあります。それは訪問者の方が貴重なコメントを寄せてくれるシーンで起こる不都合。

コメント欄は名前やメールアドレス、本文が必須入力になっていますよね?設定で「名前」や「メールアドレス」のチェックをなくしてあるから誰でもコメントできるようにしてるし・・と思っている方、本文にもチェック(バリデーションというようです)がかかっているのをご存じですか?コメント本文へ入力した文字数がある程度ないとエラーになってしまうようになっているのです。

そのときに表示されるのがこの質素極まりない画面

・・・なんとも淋しい限りですし、戻るリンクをクリックすると入力した内容がクリアされてしまうこともありますね。そんなとき自分が訪問者だったらどうします??わざわざ入力しなおすことなく画面を閉じてしまいませんか?(私だけかな?)

この訪問者にとても不親切な動作が、今回紹介する【comment validation computy】で解消されるんです。

スポンサーリンク



【comment validation computy】プラグインの基本的な機能・できること

どんな動作をするかというと

  1. 同一画面上でコメント入力時のエラー内容が表示できる
  2. エラー内容は背景色・文字色が設定できる

というもの。単純ではありますが、その場でエラーが分かって入力してもらえたりできれば記事に対する貴重なコメントを余すことなく送信してもらえるようになります。もちろん、名前やメールに対しても同様の動作をしてくれますから安心ですね。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【comment validation computy】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【comment validation computy】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【comment validation computy】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

似たものが多数ありますので、プラグインの検索から「comment-validation-computy」で検索してください。

設定項目はありません。有効化すればそのまま使用できます。

【comment validation computy】プラグインの基本的な使い方

そのまま使えると紹介してしまったものの、デフォルトでは英語でエラーメッセージが出てしまいます。これではせっかくの同一画面チェックも台無しですよね?そこでソースを直接編集して日本語表記に変えてしまいましょう。

実はこの手のプラグイン、「mail validation」というキーワードで検索すればいくつか出てきます。実際にインストールすると分かるのですが、前述したような

  1. 同一画面上でコメント入力時のエラー内容が表示できる
  2. エラー内容は背景色・文字色が設定できる

の2つを実現できるものは私が探す限りではこの【comment validation computy】だけでした。

それでは早速どこをどう変更するのかを紹介します。プラグインの編集から「Comment Validation」を選択してくださいね。

  • 文字列の変更
  • 「comment-validation-computy/comment-validation.php」を開いて行います。ソースの下の方にある

                  messages: {
                        author: "Пожалуйста, укажите Ваше имя.",
                        bbp_anonymous_name:"Пожалуйста, укажите Ваше имя.",
                        email: "Пожалуйста, введите действительный адрес электронной почты.",
                        bbp_anonymous_email:"Пожалуйста, введите действительный адрес электронной почты.",
                        bbp_reply_content:"Сообщение должно быть не менее 20 символов.",
                        comment: "Сообщение должно быть не менее 20 символов."

    messages: {
                        author: "お名前が未入力です。入力後「送信」ボタンをクリックしてください",
                        bbp_anonymous_name:"お名前を入力してください",
                        email: "メールアドレスが無効、または未入力です。正しく入力後「送信」ボタンをクリックしてください",
                        bbp_anonymous_email:"メールアドレスを入力してください",
                        bbp_reply_content:"コメント本文を入力してください",
                        comment: "コメント本文を入力してください。入力後「送信」ボタンをクリックしてください"
    へ書き換えるだけです。何語か分かりません・・・から日本語になっている部分のみ変更します。このままでもいいですし、サイトの内容に合わせて変更していただいてもかまいません。

  • 表示する場所や色合いの変更
  • 「comment-validation-computy/css/style.css」で変更します

    label.error {
        display: block;
        background: #FFD2D2 none repeat scroll 0% 0%;
        margin: 37px 0px 0 0;
        position: absolute;
        padding: 3px 10px;
        font-size: 17px;
        font-family: "MyriadPro-SemiboldIt";
        color: #9F9E9E;
    }
    元のCSSはこんな感じなので、
      

    1. background: 背景色の設定
    2. margin: フォームとエラーメッセージ部分の隙間
    3. padding: エラーメッセージの背景色と文字の隙間
    4. font-size: フォントサイズ
    5. color: 文字色

    あたりを変更すればいい感じになります。

    ちなみに

    label.error {
        display: block;
        background: red none repeat scroll 0% 0%;
        margin: -10px 0px 0 0;
        position: absolute;
        padding: 3px 10px;
        font-size: 12px;
        font-family: "MyriadPro-SemiboldIt";
        color: #ffffff;
    }
    をそのまま上書きすれば、赤い背景で白い文字のエラーメッセージになります。

    ※margin部分を「-10px」へ調整してあるのは、テスト環境だとソースのままでは次の入力項目とエラーメッセージが被ってしまうからです。この部分はテーマによるので実環境で試しながら調整してください。テストで使用しているのは「Simplicity」というテーマです。

    【comment validation computy】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

    より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

    内緒話ですが、これらをそのまま適用したファイルをダウンロードできるようにしてあります。↓からダウンロードして使ってください。

    次のアップデートでこの辺が設定画面化されることを願っています。

    こちらをクリックしてダウンロードしてください

    ※プラグインのアップデートがあった場合、変更部分が元に戻ってしまう可能性がありますので注意してください

    Wordpressの本

    Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
    CS Shop
    小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

    小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

    2,894 円 (税込) 送料込
    <p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
    Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

    Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

    2,570 円 (税込) 送料込
    あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
    楽天ウェブサービスセンター CS Shop

    プラグインに関するお問い合わせ

    「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

    ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

    似たようなプラグインをお探しですか?

    このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
    トップへ戻る