"Image Meta", a plug-in that allows you to edit the metadata of images uploaded to media on a list.

メディアにアップロードした画像のメタデータを一覧上で編集できるプラグイン「ImageMeta」

公開日: 画像・動画
メディアにアップロードした画像のメタデータを一覧上で編集できるプラグイン「ImageMeta」

WordPressにアップロードした画像やファイルを管理するメディアメニュー。アップロードした画像などのファイルには画像そのものだけでなくいろいろなデータが追加されます(これをメタデータといいます)。

これらのメタデータはギャラリーで画像と共に表示されたり、画像が表示できない環境で「ここにはこの名前の画像がありますよ」と知らせたりする機能に使われているのですが、これを編集しようとすると、1枚1枚画像の編集ボタンをクリックして修正を繰り返す必要があり大変面倒です。

今回紹介する【ImageMeta】は、メディアに添付されている「タイトル」「キャプション」「alt」などのメタデータを一覧から簡単に編集できるプラグインです。

【ImageMeta】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 画像に含まれるメタデータを一覧上で編集できる
  2. 編集したメタデータは画面遷移することなく保存できる
  3. その場で画像の削除ができる

※このプラグインはWordPressで非推奨の関数である「exec」が使われています。これは投稿などの本文でPHPコードを実行するようなプラグインで使われる関数で、セキュリティ上あまりいい関数ではありません。このプラグインを使用しての編集を行わないときはプラグインを停止、もしくは削除されることをおすすめします

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。

さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。

そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。

本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、テスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【ImageMeta】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【ImageMeta】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【ImageMeta】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、WordPressのプラグイン公式配布ページからダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください(プラグインの公式ページは本ページ内記載のリンクをクリック、もしくは、WordPress公式サイトで検索してください)。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

【ImageMeta】プラグインの基本的な使い方

設定項目はありません。管理画面のメニューから「ツール」→「ImageMeta」をクリックして使用します。

メディアにアップロードした画像のメタデータを一覧上で編集できるプラグイン「ImageMeta」の画像|Knowledge Base

上のような画面が出てきます(メディアライブラリの中にある画像の一覧です)。

表示される項目を修正してフォーカスを外す(別の項目をクリックしたりする)と自動で変更が保存されるので、いちいち別の画面に移動したりすることがありません。

※この画面に「Warning: exec() has been disabled for security reasons in /プラグインの場所 on line 144」というエラーメッセージが出ますが、編集の動作自体には影響がありません。エラーメッセージ(警告)が出る理由は前述したとおりです。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【ImageMeta】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  • テストサーバー:カラフルボックス
  • WordPressのバージョン:4.9.6
  • PHPのバージョン:7.0
  • テーマ:Simplicity2 バージョン2.3.0g
  • プラグインのバージョン:本記事で紹介しているバージョン 1.0.4/最新バージョン 1.1.2
  • 公式サイト(wordpress.org上):https://wordpress.org/plugins/imagemeta/
  • 公式サイト(作者サイト):

個人的な評価・感想ほか

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

撮りためた画像を管理・保存するため作ったサイトでギャラリーを使用した際、表示されるキャプション情報を簡単に編集できないか?ということで探して見つかったプラグインです。地味ですが非常に便利だと思います。

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。