WordPressでメディアライブラリのファイルを任意のフォルダで管理するためのプラグイン「Media Library Folders for WordPress(旧Media Library Plus)」



Wordpressはメディアの追加メニューからアップロードした画像やファイルだけが投稿編集画面などの管理画面上で投稿や固定ページなどへ挿入できるのはご存知ですよね?

メディアの格納先はインストールフォルダの中の「wp-content」の中の「wp-uploads」なので、適当にフォルダを作ってアップロードしてもメディア一覧に表示されなかったり、投稿編集画面で選択できないのはこの機能のためです。

「Media Library Folders for WordPress」はwp-uploadsフォルダ内に任意のフォルダを追加してアップロードしたファイルをWordpressで使えるようにしてくれる便利なプラグインです。標準ではアップロードできないサイズのファイルもFTPなどでアップロードして適用させると投稿などで使えるようになります。

さらにこのプラグインは画像に対するSEO設定やサムネイル画像の再生成機能も備えています。

以前は「Media Library Plus」という名前で単純に年月フォルダに格納するのが標準のWordpressのメディア管理を作成したフォルダで管理できるようにしたものでしたが、「Media Library Folders for WordPress」という名前に変わり、大きく仕様が変更となりました。

「Media Library Folders for WordPress」になりより安定的に動作し、さらにパワーアップしました。

スポンサーリンク



【Media Library Folders for WordPress】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 年月以外のフォルダでメディアの管理ができる
  2. 作成したフォルダへの画像などのアップロード・編集・削除などが管理画面上で操作できる
  3. プラグインの持つアップローダーでファイルをアップロードすることができる
  4. FTPクライアントでアップロードしたファイルをWordpressのメディアとして認識させることができる
  5. 認識したファイルや画像は通常の投稿や固定ページで使用できる
  6. 画像に対するSEO項目の設定ができる
  7. サムネイル画像の再生成ができる

「Media Library Plus」の頃は単純に作成したフォルダをWordpressのメディアとして認識させるためのものでしたがうまく動作しないことも多くありましたが今回テストした限りでは安定的に動作しました

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Media Library Folders for WordPress】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Media Library Folders for WordPress】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

Wordpressプラグイン【WordPress Media Library Folders】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Media Library Folders for WordPress】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Media Library Folders for WordPress】プラグインの基本的な使い方

ダッシュボードの「Media Library Folders」から操作します。

設定項目がありますが、フォルダをツリー表示するかどうかの選択だけなので特に変更する必要はないと思います。

管理するための画面はこんな感じです(日本語化した状態です)

パソコンの中のファイルを触る感じで作業できるようになっています。

目的のフォルダを開いてファイルを追加したり、思った場所にフォルダを作ったりします。

この画面から追加したファイルや画像はそのままWordpressのメディアとして認識されます。

メディアアップローダーでアップロードできない大きさのファイルなどはFTPを使って直接サーバー内にアップロードします。ただしこの場合にはWordpressのメディアとして認識させるため、画面右上の「更新」をクリックする必要があります。

操作自体は日本語になっていれば問題ないでしょう。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Media Library Folders for WordPress】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.0
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:4.1.4
  5. このプラグインの最新バージョンは4.2.6です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

いつの間にかすごくいいプラグインになっているのでびっくりしました。

FTPを使ってアップロードするのに慣れていない場合には

「File Manager」プラグインを使うと、Wordpressの管理画面で操作しているのにも関わらず、パソコンのエクスプローラーやFTPソフトのようにファイルの操作、移動、コピー、アップロード、ダウンロードができるようになります。

を使ってWordpress上でファイルをアップロードすれば管理画面からすべての操作ができますね。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る