WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです

標準ナビゲーションメニューを画像やボタンに変更するプラグイン「Menu Image」

公開日:2016年4月7日 デザイン


テキストと色のみで味気ないWordpressの標準ナビゲーションメニュー。カスタマイズするにはCSSの知識が必須だから非表示にしたりそのままのテキストを表示したりする方が多いのでは?このナビゲーションメニューに画像を追加したり、作成したボタンを表示したりできるのが「Menu Image」プラグインです。ここまで来るともはやWordpressでCSSの知識は要らないのでは?と思えてしまう便利なプラグインです。

【Menu Image】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 個々のメニューに画像を追加できる
  2. メニューテキストの代わりに作成したメニュー画像を表示

メニューの表示方法で妥協したり、苦労したり、どうしてもうまく表示できなくてメニューを表示しないようにしたりということが多い中、このプラグインを使えば今までの苦労は何だったのかと思えるほど簡単にビジュアルライクなメニューが作成できます。メインだけでなくサブメニューも全て個別に設定できるところがこのプラグインの優れている点だと思います。メニューはサイトが充実してくるとサイト内を見てもらうために重要となる要素ですからきっちり設定したいですね。

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「"」「'」などの記号を入力し直してみてください。

【Menu Image】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Menu Image】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Menu Image】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Menu Image】プラグインの基本的な使い方

日本語化してもしなくても、設定項目に出てくる英語が単純なので問題はないと思います。

設定は「外観」→「メニュー」から行います
メニュー1つ1つを開くと、通常のメニュー項目にない設定項目が表示されるので、お好みで変更していきます。

変更できる内容

  • メニュー表示時:通常時に表示する画像を選択します(ここからアップロードも可能です)
  • マウスオーバー時:マウスポインタが上に乗った際の画像を選択します(ここからアップロードも可能です)
  • 画像サイズ:表示する画像のサイズを選びます(original sizeでアップロード画像そのままの大きさ)
  • タイトルテキストの位置:画像の上下(Above/Below)、前後、非表示から選択します

この記事を公開した時点では、当サイトのメニュー表示はこのプラグインでボタン画像を表示するようにしています。
「AquaMaker2」などの画像作成フリーソフトを使えば簡単にボタン作成ができます。

【Menu Image】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

Simplicityでメニューをボタン表示する際のパディング設定

他のテーマはどうか分かりませんが、この記事を公開した当時に使っていたSimplicity(version1.9.x)ではボタンの左右余白(パディング)が大きく不格好になってしまったので、以下のようにCSSで調整しました。
/* メニュー同士の隙間 */

#navi ul li a{
  font-size:14px;
  display: block;
  padding: .1em .1em;
  color:#111;
  text-decoration:none;
  z-index:99;
}
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「'」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします


各テーマに合わせて調整してください

【Menu Image】プラグインのファイル

現在は公式サイト上に再掲載されていることが確認できましたが、2016年8月現在このプラグインはWordpress公式サイトから削除されていました。この類のプラグインはなかなかないので、使いたい方も多いはず。再び公式サイトからなくならないように、ここからプラグインのファイルを入手できるようにしておきます。公式サイトから削除されているので使用に際しては完全に自己責任で行ってください。

こちらをクリックしてダウンロードしてください

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】