WordPressでページごとに必要ないプラグインの読み込みを停止して表示速度を改善するためのプラグイン「plugin load filter」



Wordpressでサイト作りをしていると、プラグインが便利すぎて気が付いたら何十個にもなることがあります。

私はプログラマーではないのでWordpressで作ったサイトのページがどのように読み込まれるのかの詳細までは分かりません。

が、いろいろな解説記事などを見ると、ページを表示する命令(クリックなど)を出すと、有効化しているプラグインの情報や設定を読み込んでおいて、必要であればその情報を引っ張り出して1ページを構成していくという作業をするようです。

訪問する方が見るページを表示するのに読み込まなくてもいいプラグインの情報をわざわざ読んでいるということは、それだけページを表示する速度に影響を与えることになりますね。

・・・・ということは、そのページを表示するのに必要ないプラグインは「無効になっている」ことにして読み込まないようにすればいいのでは?という発想に基づいて作られたのが、今回紹介する「plugin load filter」です。

実際に導入してテストしてみて結果は次の通りです。私にとってはサイトを作る際外せないプラグインになりました。私のように何でもプラグインで解決しようというタイプの人には特におすすめのプラグインです。



「plugin load filter」を使って実際にテストしてみた結果

私が作っているサイトのいくつかで、一番簡単にできる速度計測ツールの「Google Chromeのデベロッパーツール」を使って計測してみたところ

  1. サイトA  17.75秒→13.14秒(約4.5秒改善
  2. サイトB  13.82秒→ 9.47秒(約4.4秒改善
  3. サイトC  16.93秒→11.40秒(約5.5秒改善

結構な効果がありました。5秒近くの改善ですから大きいですね(このサイトのトップページで30%の速度改善ができました、プラグイン1つですごい効果です!)

フロントエンドで使うプラグインでもカスタム投稿タイプなどでさらにフィルタリングできるようですが、ひとまずバックエンドでのみ使用するものだけフィルターをかけた結果です。

上の2つのサイトはトップにスライダーを入れたり、時間で表示の変わる背景画像を入れたりしていますので、速度もそうですが何よりも最初のギザギザ感がなくなりスムーズに表示される感じがします。

ちょっと一息
サイトの表示速度を測定するツールはいろいろありますね。Google Analyticsのレポートにも機能があります。でも、Google Chromeブラウザを使っている場合には特定ページの速度を計る方法としては今回の計測でも使用した「Google Chromeのデベロッパーツール」が一番簡単です。

使い方は、

  1. ページを読み込んだ状態で「F12」をクリックする
  2. 一番上のタブの中から「Network」をクリックする
  3. ページを再度読み込む

これで速度が計測できます。
画面一番下に表示される「Finish:○○」というのがサイト表示にかかった時間になります。ただ、この数字は画像スライダーなど動的なものがページにある場合読み込む度に数値が増えてしまうので、最初の完全表示にかかった時間は一番右の「Load:○○」を見るようにします。

サーバーの状態や広告などで外部のデータの読み込みを行う数など環境によって誤差はありますが、2~3回リロードして計測するとだいたいの数字が見えてきます。

ページ表示のスピードもサイト評価の対象となるようですから、なるべく速いほうがいいようです。

これも脱線情報ですが、Wordpressでインストールして何もプラグインなどを追加せず、「Simplicity」というテーマを使った場合のトップページクエリー数は30(読み込み速度は4.03秒)、このサイトのトップページクエリー数は371(読み込み速度は上記の通り11.40秒)、クエリー数とはデータベースの中のデータに問い合わせる回数ですから、1ページ表示するのに370回もやり取りをしているという結果になりました。これを減らすようにするのもページスピードを上げる目安になりますね。

【plugin load filter】プラグインの基本的な機能・できること

  1. フロントエンドのみで動作させるプラグインはバックエンドで動作させないようにする
  2. バックエンドのみで動作させるプラグインはフロントエンド表示時に動作させないようにする
  3. フロントエンドの中でもカテゴリーや投稿タイプによってさらに動作させるかどうかを設定できる

日本の方が作っているプラグインなので、詳しい日本語解説は

の開発者のサイトをご覧ください。

また、当サイトで設定している備忘録については

この「plugin load filter」は表示速度の改善もさることながら、アクセス数が上がってきた時の負荷対策として、不要なものは不要だから読み込まないようにして負荷を減らそう!!というのが本来の使い方(プラグイン作者の意図)だと思います。今回はもう少し具体的に、当サイトで実際に設定している内容を備忘録として紹介していきます。

で具体的に紹介しています。

1つ疑問なのは、フロントエンドで動作させるプラグインのうち、バックエンド側で設定のあるものや、アクセス解析を行うものに関してはどう動作するの??となってしまったので、不安なものについては「通常ロード」のままにしておけばOKです。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【plugin load filter】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【plugin load filter】プラグインは有効化すると日本語で使用できるようになっていますので、英語が分からない方でも安心して使えます

【plugin load filter】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【plugin load filter】プラグインの基本的な使い方

作者サイトより引用した画像
ダッシュボードの「プラグイン」→「plugin load filter」を開くと上のような設定画面が出てきます。

  1. 「Admin Filter」に登録するとバックエンドでの操作時のみ有効化させるプラグインとして認識させることができます
  2. 「Page Filter」に登録するとフロントエンドで有効化させるプラグインとして認識させることができます
  3. 「Page Filter」に登録すると「Page Filter有効化プラグイン」という項目でさらに詳細な設定ができます

設定の部分が出来上がればあとは自動で動作します。

※投稿編集画面に「plugin filterプラグイン」という項目が追加され、コンテンツごとに有効/無効の設定もできるようになっていますから、設定画面での「Page Filter有効化プラグイン」設定は大は小を兼ねる感じにしておくといいのではないかと思います。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る