WordPressのメディアライブラリ一覧上でALT(代替)テキストの編集ができるプラグイン「Quick Alt Editor」

Wordpressに限らず本文などに画像を挿入した場合、htmlソース上ではimgという画像タグが挿入されるようになっているのはサイトを作っている人なら当然ご存知だと思います。

ただ、画像が表示できない環境(今時そんなのあるのかな?)でページを見た時その部分は空白になってしまいますし、検索エンジンなどではimgタグで画像なんだろーなーというのは分かっても何に関する画像なのかは分からない、それを解消する方法として使われるのが画像タグの属性として指定できるALTタグ(正式名称はAlternative Text、代替文字列なんて言い方もします)を使うことで、確実に知らせることができます。

このALT属性は昔は検索エンジンで検索順位を決める要素として使われていましたが、Keywordメタタグ同様に全然関係ない文字列を入れて無理やり検索順位を操作しよう!なんていう輩が多数存在したことから、少なくともGoogleではSEO対策には一切ならないようになっています。

とはいえ、きちんと「ここは〇〇という画像ですよ!」とお知らせすることは必要だし、何より画像表示できない環境(今時・・・)の場合には必要な設定だと思います。

そんな理由で画像を使う場合には設定しておきたいaltタグですが、Wordpressでメディアを使って画像をアップロードするとき、よく忘れるのもaltの内容。これを後から編集するには画像1つ1つの編集画面を開いて書き加える必要があります。

・・・・うーん、何枚かの画像ならこの作業も大丈夫ですけど、今までアップロードした何百枚・何千枚の画像をこの手順で更新していくのは・・・心折れますね。

そんなときに活躍するのが【Quick Alt Editor】プラグイン。メディアをクリックしたときに開くメディア一覧から簡単にaltタグの内容を編集・追加できるプラグインです。

スポンサーリンク

【Quick Alt Editor】プラグインの基本的な機能・できること

  1. メディアにアップロードした画像のalt属性をメディア一覧から編集できる
  2. 画面の遷移なしで次々に設定していける(ajax)

※このプラグインで画像のalt属性を変更しても、過去に本文内へ挿入した画像の値が変更されるわけではありませんので、本文については1つ1つ修正する必要があります。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Quick Alt Editor】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Quick Alt Editor】プラグインは有効化すると日本語で使用できるようになっていますので、英語が分からない方でも安心して使えます

【Quick Alt Editor】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになりますが設定画面がありませんから問題ないと思います。

【Quick Alt Editor】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Quick Alt Editor】プラグインの基本的な使い方

インストールして有効化すると、メディアをクリックしたときの一覧に窓ができます
quick-alt-editor設定画面
こんな感じです。ここに現在alt属性が設定されているものは表示され、ないものは空欄になっていますので、自由に追加・編集ができます。

特に更新ボタンなどは存在せず、文字を入力(修正)してフォーカスを外す(他の項目をクリックするなど)すれば自動保存されるので便利です。

※このプラグインは他の動作に一切影響しませんから、不要なときは停止しておくことができます

前述したとおり、過去に本文へ挿入した画像でalt属性を設定し忘れたり変更したりしたい場合には個別に修正する必要があります。そんなときには

「Search Regex」は管理画面側から投稿や固定ページ、コメント、プログラムそのものなどに含まれた語句を検索して指定語句に置き換えたり、1つ1つ編集したりできる便利なプラグインです。単純な文章ではなく中に含まれるショートコードやphpプログラムなどの要素を検索して編集するには大変重宝します。

を使って検索キーワードを「alt=””」とすれば、どの投稿にalt属性のない画像があるのかが一覧表示されるので、そこから編集していくと少しは楽に作業できるかと思います。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Quick Alt Editor】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.6
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:1.0.1
  5. このプラグインの最新バージョンは1.0.1です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る