WordPressで非公開のサイトやログインユーザーだけが閲覧できるサイトが作れるプラグイン「subway」

公開日:2018年3月29日 その他
Knowledge Base 会員 メンバー
【subway】はすべてのページを非公開(登録ユーザーがログインしないと閲覧できないようにする)にしたり、一部のページだけを閲覧可能にしてあとはログインユーザーのみ閲覧可能にするといった完全な会員制サイトを構築するためのプラグインです。

また、サイト公開前に一時的に非公開なサイトとしたり、ファイルや画像を保存するために完全プライベートなサイトを構築する際にも便利だと思います。

【subway】プラグインの基本的な機能・できること

  1. サイト全体を非公開にする
  2. フロントエンドからのみログイン可能にする
  3. 一部のページだけを公開する
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

特定の投稿や固定ページごとに簡単に閲覧の制限(限定)ができるプラグイン「User Specific Content」

本文に挿入した外部リンクのクリック数を計測できるようにするプラグイン「link-log – external link click monitor」

WordPressの投稿に埋め込んだGoogleマップのスクロールを無効にするプラグイン「Scroll Stop Google Maps」


【subway】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【subway】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

設定項目は少ないので何とか英語で設定できそうなプラグインですが、フロントエンドでのエラーメッセージなども翻訳ファイルの中に含まれていますので、日本語化することをお勧めします。

※バージョン1.2.1以前では翻訳ファイルが異なるため、リンク先ページからファイルを入手して適用しても一部しか日本語化されませんので、プラグインの更新を行ってから適用ください(プラグインの更新に伴って不具合が発生しても当サイトでは責任を負えませんので自身で判断ください)。

【subway】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【subway】プラグインの基本的な使い方

項目は少な目ですが、こうしたプラグインはしっかり理解して設定しないとトラブルのもと。必ず日本語化した上で使用することをおすすめします。

※バージョン1.2.1から仕様が変更になりました。以下は1.2.1以降の場合の紹介となります。

設定はダッシュボードから「設定」→「subway」で行います。

主な項目は

  1. ログインページを指定する
  2. サイト内の非公開ページへアクセスしたときにどのページへリダイレクトするのかの設定です(通常はログイン用のショートコードを挿入した固定ページを選択します)

  3. 公開する投稿のIDこのプラグインでのリダイレクトをしない(要するに誰でも見れるようにする)ページをIDで指定します
  4. IDは投稿一覧(固定ページ一覧)で各記事にマウスオーバーしたとき画面左下に表示されるURLのうちの「id=〇〇」の部分を指します。いちいちマウスオーバーして手入力するのはミスが発生する可能性があるため、設定時のみ

    などのプラグインで投稿IDを一覧に表示するようにすれば間違いは少なくなると思います。

  5. サイトの公開
  6. ここにチェックを入れるとこのプラグインでの設定がすべて無効になります

  7. リダイレクトの種類を指定する
  8. 1のログインページから正常にログイン処理が行われたときにリダイレクトさせる方法を指定します。

    1. カスタムページ/固定ページのリストの中から選択します
    2. カスタムURL/指定したいURLを入力します(外部サイトへはリダイレクトできません)
    3. デフォルト動作/Wordpress標準またはリダイレクトさせるようなプラグインの動作に従うようにします

不具合発生時やバックエンドのログイン画面を表示したいときは

バックエンドのログインを表示しようと通常のログインURLを手入力してもこのプラグインの機能によってフロントエンドのログイン画面にリダイレクトされるのがこのプラグインの最大のメリットではあるものの、何かの事情でバックエンドのログイン画面を表示したいときもありますよね?

そんなときには通常のログインURLの末尾の「/」を削除したうえで「?no_redirect=true」を追記することでバックエンドのログイン画面を表示することができます。管理者などはこのURLをブックマークしておけばいつもと変わらないログイン方法になりますから便利だと思います。

URLの例:「サイトURL/wp-login.php?no_redirect=true

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【subway】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.6
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.6.9
  4. プラグインのバージョン:2.0.8
  5. このプラグインの最新バージョンは2.1.3です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

簡単な設定でサイト全体(許可されたページを除く)を非公開にできるのが魅力です。私の場合はWordpressを使ってデジカメで撮った画像やファイルを保存する簡易メディアサーバーを構築した際に使用し始めました。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) / 石川..

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) / 石川..

1,738 円 (税込)
基本情報ジャンル建築・理工フォーマット本出版社インプレス発売日2019年07月ISBN9784295006664発売国日本サイズ・ページ280p 21×19cm関連キーワード 9784295006664 出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について 
WordPressセキュリティ大全 [ 吉田哲也 ]

WordPressセキュリティ大全 [ 吉田哲也 ]

2,420 円 (税込) 送料込
吉田哲也 秀和システムワードプレスセキュリティタイゼン ヨシダテツヤ 発行年月:2019年10月18日 予約締切日:2019年06月19日 ページ数:224p サイズ:単行本 ISBN:9784798058900 吉田哲也(ヨシダテツヤ) 有限会社TY Planning代表取締役。webコンサルタント・上級ウェ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報