サイトの公開をしながら別のテーマの試用ができるプラグイン「Theme Test Drive」

公開日: デザイン バックエンド(管理)


Wordpressでサイト運用していて思うのは、このままの状態でテーマを変更したらどうなるか?ということではないでしょうか??

WordPressは導入が簡単なので、同じサーバー内や別のサーバーにインストールしてテスト環境として設定した後に本サイトへ適用するといった使い方をする場合が多いですが、同じプラグインを別のサイトにそっくりそのままインストールするのも面倒ですし、何より記事やカテゴリー・タグなどの情報を移すのは大変。

そんなときどうしてますか?一か八かで変更してなるべく影響の少ない夜中に調整してますか??サイトは見た目がすべて?ですし、何よりサイトをいつも見ているという常連さんは圧倒的に少ないですから、一見さんに見苦しいサイトを見せるのはできるだけ避けたいところですよね?

まあやり方としては前述したように似たようなサイトを用意して「これでいいだろう!」というのが一般的。その「これでいいだろう」を本サイトで動作させてみたらとんでもないことに・・・なんて経験は私にもあります。

願わくば今稼働させているサイトはそのままにしておいて、私だけが見えるようにテーマ変更やカスタマイズができたらなぁ・・・。

今回紹介する【Theme Test Drive】はまさにこれができるプラグイン。現在稼働しているサイトの見た目はそのままに、こっそり別のテーマの設定が行えるようになります。

今公開しているサイトそのものでカスタマイズや実際の見た目などをテストできるので、テーマ変更による失敗を限りなくゼロに近づけることができる優れたプラグインです。

【Theme Test Drive】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 現在稼働しているサイトのテーマはそのままで、別のテーマでの設定・カスタマイズ・閲覧ができる
  2. 別のテーマでの表示状態を再現できる権限を調整できる

この記事を参考にプラグインの導入をする際以下に留意ください

このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については本文中に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードやコードなどをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「"」「'」などの記号を入力し直してみてください。

【Theme Test Drive】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Theme Test Drive】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Theme Test Drive】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

【Theme Test Drive】プラグインの基本的な使い方

日本語化が不可能なので英語のまま設定することになりますが、設定内容が少ないので多分大丈夫だと思います。

別のテーマをテストするかどうかはダッシュボードから「外観」→「Theme Test Drive」で行います。

設定画面はこんな感じ(普段は公式サイトのスクリーンショットの引用してますけどそれが古いようですのでテストサイトの画面です)

設定画面は3か所だけです。

  1. ①でテストするテーマを選択します(子テーマも選択できます)
  2. ②でアクセスレベルを設定します
  3. 権限レベルは 10:管理者 7:編集者・管理者 4:投稿者~管理者 1:寄稿者~管理者 となりますので、通常は10でいいと思います。

  4. ③でテスト稼働するかどうかを選択します
  5. 「Disable Theme Drive」は適用しない(テストしない)/「Enable Theme Drive」はテストするという切り替えになります

つまりテストをする場合には「テーマを選択」して「Enable Theme Drive」をクリックすれば管理者のみテストテーマでの表示ができます

テストを終了する場合は「Disable Theme Drive」をクリックするだけです

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【Theme Test Drive】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.0
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:2.9.1
  5. このプラグインの最新バージョンは2.9.1です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

今動いているサイトで簡単に別テーマの表示や設定ができるので、きちんとテストを行ってから切り替えができて本当に便利です。

Wordpress関連の本

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください
できるWordPress WordPress Ver. 5.x対応 本格ホームページが簡単に作れる本 できるシリーズ
インプレス
WordPressは無料かつ高機能で、シェア率No.1のCMS(コンテンツ管理システム)です。その拡張性の高さから企業のホームページ制作にも利用されているほどで、ホームページで情報発信をするに当たって、個人でも本気度の高い方はWordPressを利用していることが多いです。本書はそんなWordPressの初期設定から制作、カスタマイズ、運用のノウハウまで幅広く学べる1冊です。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,628
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

いつでもご相談・サイトカスタマイズの依頼を受け付けています

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

※一度もココナラを使ったことがない方はココナラへの無料登録が必要です。こちらから登録後、上のリンクをクリックする、またはココナラトップページから「ひまあーと」を検索してお問い合わせください。


【スポンサーリンク】