WordPressで登録済みユーザーのユーザー名を変更できるプラグイン「Username Changer」

閲覧いただきありがとうございます。当サイトのURLは変更となりました。

旧アドレス(http://happy2010.wpblog.jpで始まるアドレス)でブログなどからのリンク、お気に入り登録、RSS登録などを頂いている方は、恐れ入りますが登録の確認と変更をお願いいたします

Wordpressはプラグインなどを使って特別なログイン方法を行う以外は「ユーザー名」と「パスワード」での認証でバックエンド(管理画面側)での操作ができます。

そしてCMSの泣き所でもある「どのサイトも同じ階層に同じプログラムがある」ことから、Wordpressで作成したサイトである、もしくはログイン用のプログラムへアクセスされてしまえば、あとは2つのファクターでしかログインセキュリティが守れないというツールでもあります
。標準の機能を使って定期的にパスワードの変更をされている方は多いと思いますがそれだけでセキュリティ面は決して万全とは言えません。「Username Changer」は管理者権限を持つユーザーがユーザー名を任意に変更できるプラグインで、セキュリティの保持に役立ちます。

また、過去に投稿などを行っていたユーザーが退会する場合には、削除するユーザーが作ったコンテンツの作者を別のユーザーへ割り当てる必要があり、例えば「退会したユーザー」というような仮のユーザーを作ったとしても複数のユーザーの投稿が混在するなど都合の悪い場合が発生することがあります。

かといってパスワードだけ変更してユーザー名を残しておくと、万が一悪質なユーザーだった場合にパスワードを類推され、サイトに悪影響を及ぼすような操作をされることもないとは言えません。

このプラグインを使えばそうした不都合を回避することができるようになります。

スポンサーリンク

【Username Changer】プラグインの基本的な機能・できること

  1. ユーザー名を変更する
  2. 投稿などのコンテンツとユーザーの紐づけは変更なし
  3. 単にユーザー名のみ変更されるため、ニックネームその他のプロフィールは保持される
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Username Changer】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Username Changer】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Username Changer】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Username Changer】プラグインの基本的な使い方

ユーザー名の変更方法は2通りあります
1つ目の方法は

  1. ダッシュボードの「ユーザー」からユーザー一覧を開く
  2. ユーザー名を変更したいユーザーへマウスオーバーすると「Change Username」というリンクが現れるのでクリックする
  3. 新しいユーザー名を入力して「Save Changes」をクリックする

2つ目の方法は

  1. ダッシュボードの「ユーザー」から「Username Changer」をクリックする
  2. 変更するユーザーを選択し、新しいユーザー名を入力して「Save Changes」をクリックする

どちらの方法も最終的には同じ画面でユーザー名変更を行うのですが、1つ目の方法のほうが変更すべきユーザーが特定しやすいので間違いが少ないと思います。
※間違って変更してしまっても、同じ手順で再度元のユーザー名へ戻すことができます。

【Username Changer】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

頻繁に登録や削除を行う複数のユーザーで管理するようなサイトを作成した経験がありませんので必要性は個人的に感じませんが、将来的にそういうサイトを作成した際には必ず必要なプラグインだと思います。

使用するシーンとしては、企業などのブログとして使っていて投稿者がたくさんいる場合や、社内サイトで入退社があった場合などが多いと思います。企業のサイトの場合はシステム管理などの経験上、管理者自体も忘失を防ぐために一定の法則を持ってパスワードを設定していることが多いですから類推される可能性が高いと思われますので、ユーザー名が変更できるこのプラグインは重宝するのではないかと思います。

似たプラグインに

Change User ID's for WordPress Standalone.

というユーザーIDを変更するプラグインもありますが、ユーザーIDを用いて一般的に何かを管理することは稀ですし、ユーザー名変更よりもハイリスクになりますからあまり使用はおすすめしません。

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る