WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです
"WEN Featured Image" plug-in that allows you to easily change the eye-catching image on the list of the management screen of WordPress

管理画面の一覧上で簡単にアイキャッチ画像の変更ができるプラグイン「WEN Featured Image」

公開日: 画像・動画

WordPressで投稿や固定ページ作成時に設定する「アイキャッチ画像」。テーマによっては各ページのタイトル下などに大きく表示されたり、一覧に小さな画像が表示され、その投稿にどんなことが書かれているのかを示す「顔」になりますね。

公開時には「これだな!」と設定したアイキャッチ画像であっても、後々確認したときに「何となく今のイメージに合わないなぁ・・」と画像の入れ替えを行う際、どのように操作していますか??

1つ1つ入れ替えたい投稿の編集画面を開いて変更というのが一般的な作業だと思いますがいかがでしょうか?ちょっとどころか本当に面倒に感じる作業ですね。また、環境によっては更新ボタンをクリックすると「更新日」がアイキャッチ画像を変更した日になってしまい、内容は古いのにあたかも最新の記事のようになってしまってちょっと具合が悪いということもあります。

そんなときに便利なのが【WEN Featured Image】。管理画面の投稿一覧上で簡単にアイキャッチ画像の入れ替えができるようになります。もちろん更新日もそのまま。大量の投稿のアイキャッチ画像を入れ替える際には特に重宝するプラグインでしょう。

【WEN Featured Image】プラグインの用途や機能

このプラグインの主な機能としては

  • 管理画面の投稿一覧上にアイキャッチ画像を表示し、一覧上で簡単に画像の入れ替えができる
  • 公開時にアイキャッチ画像が設定されていない投稿は公開せずエラーメッセージを表示する(旧エディタ(ビジュアルエディタ・テキストエディタ)のみの機能です)
  • アイキャッチ画像設定画面の上下にオリジナルメッセージを表示できる(旧エディタ(ビジュアルエディタ・テキストエディタ)のみの機能です)

設定により、カスタム投稿タイプの一覧でも使用できるのが便利だと思います。

この紹介記事を最後に編集したときの環境・バージョンなど

プラグインは製作者によって日々更新されていくため、この紹介記事が最新バージョンのものであるとは限りません。参考までにこの記事の最終更新日時点におけるテスト環境、プラグインバージョン、プラグイン導入時の留意点などを記載しておきます。

プラグインを使用(試用)したテスト環境

  • テストサーバー:カラフルボックス管理画面の一覧上で簡単にアイキャッチ画像の変更ができるプラグイン「WEN Featured Image」の画像|Knowledge Base
  • WordPressのバージョン:5.5
  • PHPのバージョン:7.4.6
  • テーマ:ha-Basic(オリジナルテーマ)
  • プラグインのバージョン:記事更新時のバージョン 1.5/最新バージョン 1.5

本記事を参考にWordpressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

Wordpressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。さらにWordpressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。そしてWordpress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。
  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
  • ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。※また、ページによってはテスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【WEN Featured Image】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WEN Featured Image】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになりますが、設定項目が少ないため特に翻訳しなくても設定できると思います。

【WEN Featured Image】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

を参照ください

基本的な設定方法や使い方

設定は管理画面から設定WEN Featured Imageから行います。以下設定画面全体のイメージです。

設定は上から

  • Image Column Settings・・・アイキャッチ画像の入れ替えを可能にする(このプラグインの機能を有効にする)投稿タイプを選択します。
  • Required Featured Image Settings・・・旧エディタでアイキャッチ画像の設定を必須にする投稿タイプを設定します。
  • Message Settings・・・投稿編集画面のアイキャッチ画像設定欄上下に任意のメッセージを表示します(旧エディタのみに適用されます)

プラグインの最終更新日は最近になっていますが、古くからあるプラグインがWordPress5.5で使えるかどうか確認できているというもののようですので、Gutenbergエディタでは必須設定・上下のメッセージ設定は利用できません。

以下、Required Featured Image Settings、Message Settingsを有効にした場合の旧エディタの画面サンプルです。

冒頭にも書いた通り、画像の入れ替えが一覧上で簡単にできるという機能だけでも大変便利なのではないかと思います。

変更の仕方によって未添付扱いになるので注意が必要

管理画面の一覧上で簡単にアイキャッチ画像が変えられて本当に便利なのですが、注意点が1つあります。それはこのプラグインを使って新規にアップロードした画像をアイキャッチに設定した場合、画像の扱いが投稿未添付となることです。

通常の投稿編集画面を使ってアイキャッチ画像を設定(設定し直し)し、更新をすると、メディアの一覧にある「アップロード先」列にはどこかの投稿に添付されていることを示す表示と、関連付けを解除するための切り離すというリンクが表示されます。が、このプラグインでアイキャッチ画像を編集する際にそこから新規アップロードした画像にはこの表示が出ません。

恐らく通常の投稿公開時・更新時・下書き保存時などのタイミングでメディアに「〇〇という投稿に添付されてるよ」というフラグ(印)が内部的に書き込まれるようになっていて、管理画面の一覧から新規追加による変更をしたためフラグが立たないと考えられます。

普段使用では特に問題はありませんが、不要な画像をこのフラグがあるかどうかを基準として削除する場合には誤って使用中の画像を削除してしまうことがありますから注意が必要です。メンテナンス性を考えるなら、新規追加した画像は一度どこかの投稿で通常通りの編集画面から変更して、紐づけされるようにしておくといいと思います。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
インプレス
大きな画面の操作手順で迷わない。人気のテーマで、パソコン&スマホ両対応のWebサイトを作れる!ソーシャルメディアとの連携やSEO対策、バックアップなどの運用面も丁寧に解説。
※表示している価格は単行本のものです
参考価格:1,738
※参考価格です。サービスやショップ、掲載時期などにより価格は異なりますのでご注意ください

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。

【スポンサーリンク】