WordPressで新着情報にNewマークを付けて自動表示するプラグイン「What’s New Generator」

「What’s New Generator」はページのトップなど任意の位置にショートコードで「新着情報」を表示できるプラグインです。

設定した日数に応じてNewマークを付けたり、表示する投稿数を指定できたりといろいろなオプションがあり、面倒な作業なしで簡単に新着情報を表示することができます。

スポンサーリンク

【What’s New Generator】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 公開日または更新日での最新投稿を指定した件数分表示する
  2. 公開日または更新日から○日分の新着投稿にNewマークを付ける
  3. 外枠付きの一覧形式で表示(色などは指定可能)-下記「表示例」参照
  4. カテゴリーでの絞り込み表示ができる
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【What’s New Generator】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【What’s New Generator】プラグインは有効化すると日本語で使用できるようになっていますので、英語が分からない方でも安心して使えます

【What’s New Generator】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

設定項目は

  • タイトルにNEW!マークを表示する期間を指定
  • 新着情報に表示するコンテンツに投稿または固定ページを設定
  • 表示する件数を設定
  • 表示順序は、公開日順・更新日順から選択
  • カテゴリを指定して記事の新着情報を表示(投稿のみ)

です

【What’s New Generator】プラグインの基本的な使い方

挿入したい場所に
[showwhatsnew] というショートコードを挿入するだけです。

ショートコードがそのまま表示されてしまうときは

こうした不具合の原因自体が分かっているわけではないですし、いろいろなテーマやいろいろなプラグインで試したわけでもないので根本解決ではないのかもしれませんが、動くことが大事なので、エラーが出たときにはこの方法で対処しています。
Wordpressでは何等かの表示をするためにショートコードが使われることが多いので、ほとんどのテーマでは問題なく動作するのですが中には非対応のものもあります。「Shortcodes in Sidebar」はこうした不具合を解消するためのプラグインです。

などを参照ください

【What’s New Generator】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

「What’s New Generator」でカスタム投稿タイプを含めるには

「What’s New Generator」は簡単便利なプラグインですが、初期状態では「投稿」と「固定ページ」しか扱うことができません。カスタム投稿タイプを含めるには以下の方法でプログラム中の記述を変更します(自己責任で行ってください)

  1. 管理画面の「プラグイン」→「プラグイン編集」をクリックします
  2. 右上の「編集するプラグインを選択」から「What’s New Generator」を選択し「選択」をクリックします
  3. 130行目付近(真ん中よりも少し下)に

    $condition[‘post_type’] = ‘post’;
    という記述がありますのでここを下のようにします
    $condition[‘post_type’] = array(‘post’,’カスタム投稿タイプ名’);
    要するに’post’のみのところをarray()で囲み、,’カスタム投稿タイプ名’を追加するだけです。複数のカスタム投稿タイプがある場合には,’カスタム投稿タイプ名’を続けて追記していけばOKです。

※プラグインの設定で表示するコンテンツを「投稿+固定ページ」にしていると上記のカスタマイズは動作しません。固定ページとカスタム投稿タイプ名を含める場合は設定を「投稿」にした上で、

$condition[‘post_type’] = array(‘post’,’page’,’カスタム投稿タイプ名’);
という風に、post(投稿)の記述の中へpage(固定ページ)を含めるようにすれば動作します。

ただし、この方法だとプラグインをアップデートした際に再度変更を行う必要がありますので、やり方だけ覚えておいていただきたいです。

もしもこの変更でエラー画面のみ表示されWordpressが使用できなくなったときは

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。

を参考に復旧させればOKです

枠線や背景色などのカスタマイズ方法

設定には「タイトル背景色」「タイトル文字色」のみ変更が行えるようになっています。その他の変更をしたい場合には前述したカスタム投稿タイプの追加と同様にソースそのものを変更する必要があります。

  1. 管理画面の「プラグイン」→「プラグイン編集」をクリックします
  2. 右上の「編集するプラグインを選択」から「What’s New Generator」を選択し「選択」をクリックします
  3. whats-new-genarator/whats-new.cssをクリックします

例えば枠線の変更をしたい場合には
div.whatsnewの下にある「 border: 1px silver solid;」を変更します

その他の変更についてもこの画面で行えますので、ブラウザのデベロッパーツールで確認しながらカスタマイズしましょう

ただ、この方法だとプラグイン更新時にCSSが上書きされて元に戻ってしまう可能性があるので人工夫します。

例えば、外枠の色を変更したい場合には

div.whatsnew {
  margin: 10px 0;
  font-size: 100%;
  word-break: break-all;
  overflow: hidden;
  border: 1px silver solid;
  -webkit-border-radius: 3px;
  -moz-border-radius: 3px;
  -ms-border-radius: 3px;
  -o-border-radius: 3px;
  border-radius: 3px;
}
となっているところをそのままテーマのCSSへコピーして、「div.whatsnew」となっているところを通常のセレクタである「.whatsnew」にします。

そして、変更する部分を書き換えたり足したりしていくのですが、ここで1つコツがあります。こうしてテーマやプラグインの中にCSSが含まれているものは、大抵の場合最終的にプラグインの設定が反映されてしまい、CSSで追記した部分は無視されてしまいます。

それを防ぐための魔法のコードが「!important」です。これは「なんでもいいからこれを優先して!!」というCSS特有のルールで、変更したところにこれを付け足すだけできちんと適用されるようになります。

例えば、外枠の色を変えるなら
border: 1px silver solid;」となっているところを「border: 1px red solid!important;
とすれば、きちんと適用されます

このプラグインだけでなく、いろいろなシーンで使えますから覚えておくと便利です。

なお、「!important」が同じ設定に対して複数設定されていると読み込み順で最終的に読んだものが適用されますから、ここぞというときに使うことをお勧めします。

※余談ですが、こうした「投稿」のみしか扱えないプラグインでもコードをよく見ていると上記のような変数の記述があり、同様に変更するとカスタム投稿タイプでも動作するようになりますので、カスタムしたい場合にはやってみてください。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
【中古】WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスタ-できる /ソシム/エ・ビスコム・テック・ラボ (単行本)

【中古】WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスタ-できる /ソシム/エ・ビスコム・テック・ラボ (単行本)

258 円 (税込) 送料込
◆◆◆ディスク有。中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】商品状態著者名:エ・ビスコム・テック・ラボ発行者:ソシム発売日2010年09月
WordPressによるウェブアプリケーション開発 [ Rakhitha Nimesh Ratnayake ]

WordPressによるウェブアプリケーション開発 [ Rakhitha Nimesh Ratnayake ]

4,104 円 (税込) 送料込
Rakhitha Nimesh Ratnayake プライム・ストラテジー オライリー・ジャパンワードプレスニヨルウェブアプリケーションカイハツ ラーキサ ニーメシュ ラーネヤク プライム ストラテジー 発行年月:2014年11月26日 予約締切日:2014年11月25日 ページ数:364p サイズ:単行本 I..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る