WordPressで登録した用語へマウスオーバーした際に説明をポップアップ表示するプラグイン「WP Glossary Hover」

Wordpressで何かの解説などをするサイトでは、難しい用語を使用する場合も多いと思います。その用語について、記事内ですべての意味を紹介するのは難しいですし、何よりその記事で伝えたいことがぼけてしまう場合もあると思います。

そんなときに使えるのが《ツールチップ》という機能。この機能は設定した用語や単語にアンダーバーなどの目印を付け、そこにマウスポインターが当たったとき(マウスオーバーしたとき)に小窓で説明を表示するというものです。

今回紹介する「WP Glossary Hover」は、投稿などとは別に用語集を作っておき、投稿などの本文に用語集で登録した用語があった場合にはツールチップを自動で設定してくれる便利なプラグインです。

イメージはこんな感じです(公式サイトのスクリーンショットです)

それなら投稿タイプを作ってそこへリンクしては??と少しWordpressに詳しい方なら思うかもしれません。でも用語の説明は結構短文が多いので、わざわざリンク先ページを表示する必要もありませんし、そのページを検索エンジンにインデックスされるように設定するとSEO効果としてマイナス評価を受ける可能性があります(意味のない短いコンテンツが多いサイトと判断される)ので、こうした機能を使う方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

【WP Glossary Hover】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 登録した用語にツールチップリンクを張る
  2. マウスオーバー時に自動でツールチップ表示する
  3. ツールチップを表示する投稿タイプを限定できる

※中には「この投稿タイプだけにツールチップを表示したい」ということもあるかと思います。あくまでも全体の設定の中ではありますが、このプラグインは投稿タイプの限定もできるので他のプラグインと比べてちょっと便利だと思います。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【WP Glossary Hover】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【WP Glossary Hover】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

Wordpressプラグイン【WP Glossary Hover】の日本語翻訳ファイルのダウンロードページです。

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【WP Glossary Hover】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【WP Glossary Hover】プラグインの基本的な使い方

設定は管理画面から「設定」→「WP Glossary Hover」をクリックして行います。設定画面はこんな感じです(英語)


※上のリンクから日本語翻訳ファイルを入手して適用するとすべて日本語になります

用語の登録は管理画面から「Glossary Hover用語」をクリックして登録していきます。通常の投稿編集画面と基本的な画面は同じです。

設定の仕方により例えば用語集に登録されている文字列が複数本文内にある場合、すべてにツールチップを用意するのかどうか?ツールチップの表示方法、表示している時間などの調整ができます。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【WP Glossary Hover】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  1. WordPressのバージョン:4.9.6
  2. PHPのバージョン:7.0
  3. テーマ:Simplicity バージョン2.3.0g
  4. プラグインのバージョン:1.3.0
  5. このプラグインの最新バージョンは1.3.1です。バージョンが異なる場合には設定の仕方や動作仕様が変更になっている可能性があります。

個人的な評価・感想ほか

    5段階評価

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★★★
  3. おすすめ度:★★★★★

一度設定してしまえばあとは用語を追加していくだけで過去の投稿や固定ページ、設定したカスタム投稿タイプにも自動でツールチップ表示用のリンクが挿入されますので非常に便利だと思います。

Amazonの人気商品

CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る