Plugin "WP Options Editor" that allows you to check / edit the contents of the wp_options table and delete unnecessary data

wp_optionsテーブルの内容を確認・編集、不要なデータを削除できるプラグイン「WP Options Editor」

公開日: バックエンド(管理)
wp_optionsテーブルの内容を確認・編集、不要なデータを削除できるプラグイン「WP Options Editor」

WordPressの基本的な設定やテーマ・プラグインの設定情報はデータベースの中の「wp_options」というテーブルに記述されています。このデータがあることで以前に使用していて削除したプラグインやテーマの設定も再インストールすると復活するようになっています。

一見便利な機能なのですが、プラグインやテーマによってはここにたくさんのデータを残すものがあり、2度と使用しないものであればゴミデータということになります(プラグインの停止や削除をしてもこのデータはほとんど削除されません)。

このプラグインを使って一覧表示してみると実にたくさんのデータがこの「wp_options」の中に存在します。ページを表示したりする度にこの情報を読み込んでいるのですから、不要なものがあればそれだけ反応が遅くなるのは当然ですね。

通常このデータを整理したりするにはデータベースに接続して「wp_options」を開いてということになるのですが、あまり慣れていない画面ですから間違えてサイトを台無しにしてしまうこともあります。

【WP Options Editor】はWordPressの管理画面上で「wp_options」にあるデータを一覧表示し、編集・削除などができるプラグイン。普段使っている投稿一覧などと似た画面ですから操作はしやすいと思います。

【WP Options Editor】プラグインの基本的な機能・できること

  1. WordPressのwp_optionsテーブル内のデータ一覧を表示
  2. その場でデータの編集ができる
  3. その場でデータの削除ができる

※この「wp_options」というテーブルはWordPressを動かすうえでかなり重要なファイルですから、闇雲に削除や編集をしないようにしてください

※データの編集などによって不具合が発生した場合には当然WordPressそのものが動作しなくなるためこのプラグインで復旧させることができません。復旧できないような(データベース接続不可な)サーバーでは使用しない方がいいでしょう。

※このデータを整理することで改善される表示速度は数ミリ秒といった微々たるものですから、無理にきっちり整理しなくてもいいのではないかと思います(自信をもってこれは不要と思われるもののみメンテナンスすることをおすすめします)。

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。

さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。

そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。

本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、テスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【WP Options Editor】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【WP Options Editor】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

※設定項目がありませんのでそのままで大丈夫です

【WP Options Editor】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、WordPressのプラグイン公式配布ページからダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください(プラグインの公式ページは本ページ内記載のリンクをクリック、もしくは、WordPress公式サイトで検索してください)。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

【WP Options Editor】プラグインの基本的な使い方

ダッシュボードから「ツール」→「Manage WP Options」を開きます。wp_optionsテーブル内のデータが検索され、一覧表示されます。

wp_optionsテーブルの内容を確認・編集、不要なデータを削除できるプラグイン「WP Options Editor」の画像|Knowledge Base

「option data」列のデータをクリックすると編集が可能になります

wp_optionsテーブルの内容を確認・編集、不要なデータを削除できるプラグイン「WP Options Editor」の画像|Knowledge Base

削除可能なデータは一覧の一番右にある「Actions」という列に「Delete Option」というボタンが表示されます。一応WordPressのコア(必須)データについては削除というボタンが表示されないようになっているようです。

プラグインのテスト環境&個人的評価

最後に【WP Options Editor】を動作確認した際の環境と個人的な評価を書いておきます。導入の検討や参考になれば幸いです。

テストした環境

  • テストサーバー:カラフルボックス
  • WordPressのバージョン:4.9.0
  • PHPのバージョン:7.0
  • テーマ:Simplicity2 バージョン2.3.0g
  • プラグインのバージョン:本記事で紹介しているバージョン  1.1/最新バージョン 1.1
  • 公式サイト(wordpress.org上):https://wordpress.org/plugins/wp-options-editor/
  • 公式サイト(作者サイト):

個人的な評価・感想ほか

  1. 設定のしやすさ:★★★★★
  2. 使いやすさ:★★★☆☆
  3. おすすめ度:★★★☆☆

当然のことながらどのファイルがどの部分のもの(プラグインの名前など)なのかがわからないので、失敗するとサイトがダメになってしまう可能性がありますので、使用には注意が必要です。

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。