プラグインとテーマの情報をカード表示する「WP Plugin Info Card by b*web」

プラグインとテーマの情報をカード表示する「WP Plugin Info Card by b*web」

WordPressのテーマやプラグインを紹介するようなページを作っている方以外にはあまり需要がないかもしれないプラグインの紹介です。

当サイトではプラグインの紹介記事をたくさん書いていて、2つのプラグインを使ってトップには「Browser Shots」を使って公式ページのスクリーンショットを、一番下には「Plugin All Info」を使って取得したデータを表にして表示するようにしていました。

でも、この「WP Plugin Info Card by b*web」を使えばきれいに、しかも両方の役割が果たせるということで早速入れ替えをしていこうと思っているプラグインです。

ちなみにこの記事の上下にあるプラグイン情報はこれを使って挿入しています。

本当に使い道が限られていますが、何かでテーマやプラグインの紹介記事を書くときには使ってほしいプラグインです。

余談ですが、「Browser Shots」はURLからスクリーンショットを取得する、「Plugin All Info」はプラグイン名から情報を取得する、そして「WP Plugin Info Card by b*web」はスラグから情報を取得するので若干違う。それをカスタムフィールドから抽出しているので余計切り替えがややこしい・・・(至って個人的な悩みです)。

【Browser Shots】プラグインの基本的な機能・できること

  1. WordPress公式サイトで配布されているテーマの情報をカード表示
  2. WordPress公式サイトで配布されているプラグインの情報をカード表示

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。

さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。

そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。

本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、テスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Browser Shots】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Browser Shots】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Browser Shots】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、WordPressのプラグイン公式配布ページからダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください(プラグインの公式ページは本ページ内記載のリンクをクリック、もしくは、WordPress公式サイトで検索してください)。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

【Browser Shots】プラグインの基本的な使い方

基本となるショートコードは

です。ここにいろいろなパラメーターを追加していきます。

パラメータと標準値(赤字は省略したときの値

  1. type: 「plugin」か「theme」かを指定します。plugin
  2. slug: スラグ名:wordpress.orgで表示される該当のプラグインのURLから「スラグ」となっている部分の文字列のことを指します https://wordpress.org/plugins/スラグ/
  3. layout: 使用するテンプレートを「カード」「大きなカード」「WordPressのリンク」から選択しますカード表示
  4. scheme: カラースキーム:色合いをscheme1~scheme10の中から設定します
  5. image: WordPress標準ロゴの代わりにカスタム画像のURLを設定できます。空欄
  6. align: center, left, right 空欄
  7. containerid: カスタムdiv id wp-pic-PLUGIN-NAME
  8. margin: カスタムコンテナの隙間 空欄 
  9. clear: このカードの前後の文章を回り込み表示します。カードの後ろの文章が回りこみ表示
  10. expiration: キャッシュの間隔:数字のみで分数を入力します 720
  11. ajax: (BETA) AJAXを使ってプラグインのデータを取得するかどうか:「yes」「no」no
  12. custom: 特定の情報のみテキスト表示する際に使用 空欄

– プラグイン用: url, name, icons, banners, version, author, requires, rating, num_ratings, downloaded, last_updated, download_link
– テーマ用: url, name, version, author, screenshot_url, rating, num_ratings, downloaded, last_updated, homepage, download_link

ちなみにこのページ上部へ表示しているカードのショートコードは


です。いくつか設定しているうちにだんだんコードは決まってくると思います。

もう一つの機能としてダッシュボードに特定のプラグインの情報が表示できるようですが、個人的には特に必要性は感じていません。気になるプラグインの情報を知りたい場合には使えるかもしれませんね。

サイトへの支援をお願いします

最後までお読みいただきありがとうございました。本記事の内容がお役に立てましたら幸いです。
今後もよりよい情報を提供し続けることができるよう、投げ銭によるサイトへの支援、およびSNSによる拡散をお願いします

作者:

☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。

年齢:40代 趣味/園芸・ペット・卓球