コンテンツ泥棒(コピー)されたかどうかを追跡するツール【whocopied.me】に登録してみた

公開日:2017年5月20日 日記・雑記
Knowledge Base パソコン

デンマークのサイトのようで、サイトURLとメールアドレスで簡単に登録、無料で使ます。アカウント1つで複数のサイトの監視ができるのがいいですね。

<script type="text/javascript">(function(){var s=document.createElement('script');s.type='text/javascript';s.async=true;s.src='//pxl.host/c.js';var x=document.getElementsByTagName('script')[0];x.parentNode.insertBefore(s,x);})();</script>
【注意】コードをコピーして使用する前に必ずお読みください

この記事内にコードが記載されている場合、コードはそのままコピー(いわゆるコピペ)してお使いいただいても構いませんが、以下の件にご留意ください。

使用については自己責任でお願いします

コードの確認は私の管理するサイト、またはテスト環境で問題が起こらなかったものですので、お使いの環境での動作等を保証するものではありません。

万が一このコードを使用してサイトに重篤なトラブルが生じても当サイト、当サイト管理者は一切責任を負いません

コードの変換エラーなどにより動作しない場合、更新エラーが出る場合があります

コードをそのままコピーしても問題なく使えるよう文字列変換を行った上で掲載しておりますが、希に変換できていない場合があり、コードエラーとなることがあります

その場合には以下の方法で修正を行ってみてください

  1. コードの中に全角の記号が入っていませんか?
  2. 半角にすることで解消できます
  3. コードの中に全角の空白(スペース)がありませんか?
  4. 半角にすることで解決できます
  5. コードは合っているはずなのに更新できないときは
  6. 特にエラーの出た行内に日本語での文字列が入っている場合には全角での文字列があるということでエラーになる場合があり、Wordpressのエディタチェックではこれを「’」や「)」など閉じ子のエラーとして認識され更新できないことがあります。エラーとして返される行の先頭に空白がある場合には空白をなくすことできちんと認識され更新されるようになることが多いです。
  7. 「何かが間違っています...」と表示され、更新できないときは
  8. このエラーは本当に何がエラーなのかをWordpressのチェックが判断できない場合に発生します。解決策としてはその画面を開き直すことなのですが、その際希に元のコードがすべて削除されてしまう場合がありますので、今表示されているコードを一旦どこかへコピーしてからページの再読み込みをするようにしてやり直します。
    ※このエラーは不明なエラーなので予期せぬ動きをする可能性がありますので特に慎重な対処が必要です
これらのエラー対処については以下のページが参考になるかも知れません

コードを転載する場合には

ご自身のサイトで当ページで紹介しているコードを転載される場合には当ページへのリンクを入れていただきますようお願いいたします

登録後はこのコードを</body>タグの直前(おそらくbodyタグの間ならどこでもいい)に貼りつければOKみたいで設定も簡単なのでやってみました(コードは変わる可能性があるので参考までに・・・)。

WordPressでサイトを作っている方で私と同じく【Simplicity】テーマを使用している方なら「footer-insert.php」へ書けば一番bodyタグの末尾に近い所に挿入できますね。しばらく様子をみたところきちんと計測されました(当サイトの場合Wordpressのプラグインを紹介している兼ね合いで、ページを見た方が自身のサイトでプラグイン検索するのにプラグイン名をコピーするのですぐにログが取れました)。

登録フォームに入力して登録が完了すると、メールが送られてくるので確認リンクをクリックして本登録完了。そのメールにはパスワードが含まれていますから保存しておく必要があります。

ログイン後の画面はこんな感じ
コンテンツ泥棒(コピー)されたかどうかを追跡するツール【whocopied.me】に登録してみた

これでしばらく様子見ですね。

このサイトには

  1. 単語がコピーされた形跡の追跡
  2. 文章そのものがコピーされた形跡の追跡

の2つがあり、1は前述したようにプラグインの紹介ページ-プラグイン名でコピーされているので問題なし、2については今のところ反応がありません。まあ反応がないにこしたことはないですけどね。引用ではなくコピペを見つけたら記事の削除を申し入れようと思っています。

WordPressだけでなく、どんなサイトでも使えるので使ってみては??

5月22日追記 コピペの形跡も発見された

 「文章そのものがコピーされた形跡の追跡」で他のWordpressサイト本文へコピペされたことがレポートに出てきました。これもプラグイン名と同様、プラグインを使用するためのショートコードを本文へコピーしたものなのですが、詳細なURLとかどの文章かなど詳細にレポートされるのには驚きました!!

コピーコンテンツに関してはコピーされた側が訴える「親告罪」。つまりコピーしたでしょ!!という側が訴え出ていく必要があるんですね。そんなとき、こんなショートコード1つでも発覚するのですから、文章のコピーなんてきっちり反応してくれそうなこのツールは最強の味方になるかもしれません。

警察を騙って違反金を請求してくるランサムウェア「ポリスランサム」って何?

【WordPress】rss importプラグインを使ってRSSを表示させるために役立つサイトを見つけた

ホームセンターコーナンで丸形フィンにつけれられる激安ドリンクホルダー発見!!


WordPressのダッシュボードで確認するプラグイン

このサイトに興味を持ったのは新着プラグインの紹介記事で

というのがあったことから。いちいち「whocopied.me」のサイトに行く必要がないので早速導入しました。

でインストールすると・・・ん??何も変化なし。ソースを調べたら、↑のbodyタグへコードを挿入するプログラムが書いてあるだけ!!まったくダッシュボード表示するためのコードはありません(だまされたか??)でした。これだとコードが重複してしまいますね。

プラグイン停止して次の更新までしばらく様子見します。

そして登録したメールアドレスに変なメールが来ないかも監視中です。

ひまあーと(管理人)
  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


【スポンサーリンク】


記事の拡散にご協力をお願いします

閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします

関連情報