ホームページやブログへTwitterのツイートを簡単に埋め込む方法

WordPressで投稿や固定ページを作っていて、「Twitterの関連ツイートを表示できないかな」と思ったことありませんか?プラグインないかなぁと思っていろいろと漁ってしまった方、完全にWordpress病です。

かくいう私もその一味です。いろいろとプラグイン試してみましたが、Twitterのツイートを取得するにはapiキーを使わなければならないため、プラグインを試すにもapiの許可登録が増える一方・・・そうしたら・・・、なんとプラグインなんか使わなくても簡単に埋め込む方法があったんです。

これは別にWordpressに限ったことではありませんので、記事の中でjavaスクリプトが動くブログやサイトでも同様に表示可能です。

自分のツイートを表示する方法は

Twitter記事をプラグインなしで表示する方法ですが、もともとTwitterには表示ウィジェットを作る機能があり、それをブログやWordpressのサイドバー・本文などに貼るだけでTwitter記事を簡単に表示することができます

で紹介していますが、今回は自分だけでなく他のユーザーや関連する検索語句でのツイートを表示する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Twitterのツイートを簡単に投稿や固定ページへ埋め込む方法

使うのはいつも使っているツイッターの画面です。

  1. Twitterの検索画面で適当な文字でツイート検索します。例は「Wordpress」です
  2. 検索結果

  3. 検索結果が出たら、「検索オプション」から「この検索をサイトに埋め込む」をクリックします
  4. 検索結果2

  5. 出てきたプレビューを確認しながら左のオプションを変えて好みの表示にし、左下の「ウィジェットを作成」をクリックします
  6. 検索結果3

  7. 出てきた画面の下にコードが表示されるのでそれを投稿や固定ページへコピペすれば完了です
  8. 検索結果4

このままだと左寄せになってしまうので、

<div align="center">この間にコード挿入</div>

で中央寄せすれば見栄えがよくなります。

ただ1点気を付けるべきは、あまり多用するとTwitter.comとのやりとりが頻繁に発生してしまうのでページの表示速度が遅くなってしまうことです。使用する際にはページ速度にも気を付けて設置するようにしましょう。

WordPressでまずはプラグイン・・・と思っていた方、一度試してみてください。

おまけ

見ている投稿に対してTwitterでツイートがあった場合にコメント欄へ表示するプラグインもあります。

Twitterに投稿された、Wordpressの記事に対するツイートを収集してコメント欄に表示するプラグインです。スパム対策等でなかなか普通のコメント欄に記述してもらえない場合でもツイートから拾うと結構な数があったりします。2年以上前のプラグインですが、設定すれば問題なく動作します。
役に立つ情報でしたらぜひSNSやメールでシェアしてください
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

メニューを表示できません

ページ先頭へ