【WordPress】「Parse error:・・・」が出てサイトも管理画面も表示されないときの対処

WordPressでプラグインの導入やテーマの変更、テーマの編集などをしていて頭が真っ白になるのが、頭と同様に画面が真っ白になる現象と、今回紹介する「Parse error:・・・」という文字だけが表示される現象。この不具合の意味と簡単に解消する対処方法を紹介します

スポンサーリンク

「Parse error:・・・」とは

「Parse error:・・・」は構文などに問題があって動作させることができないという意味のエラー文です。別に自分でカスタマイズしたわけではないのにと思われるかもしれませんが、リリースされているすべてのWordpress向け拡張機能がどんな環境にも対応しているかというとそうではなく、あくまで開発した段階であったり最終更新した段階でのものであったり、他の拡張機能との相性などをすべてテストしているわけではないことから発生します。

「Parse error:・・・」の解消方法

問題となる構文を直すというのが正当な方法ですが、PHPなどのプログラム知識がないから配布されているプラグインやテーマなどを使う場合がほとんどなので、今回はもっと単純に解決する方法を紹介します。

エラー構文の例

「Parse error: syntax error, unexpected ‘<' in /サイトの場所/wp-content/○○/××/エラーファイル名 on line エラーの出ている行」
○○はplugins(プラグイン)やtheme(テーマ)のフォルダ名
××はプラグインやテーマの名前

エラー対処の方法

問題となるテーマやプラグインのフォルダを削除します。Wordpressの管理画面には入れない状況ですから、ファイル転送を行うFTPを使います。
上記のエラー構文の中で××となっている名称と同じフォルダを削除します。ただし、プラグインの場合は単純に削除で構わないのですが、テーマは1つもなくなってしまうと問題が発生しますので、Wordpressの公式サイトなどから仮で構わないので適当なテーマをダウンロードして、解凍してからthemeフォルダへアップロードしておきましょう。

問題のフォルダを削除して再度Wordpressの管理画面を開くと、問題は解決して正常に使えるようになります。なお、テーマやプラグインが変更されたり削除されたりしたというメッセージがでますが1回限りなので無視して構いません。

プラグインやテーマが原因で画面が真っ白になった場合の対処

プラグインの導入やテーマの変更で画面が真っ白になったときは

対応策としては、問題となったプラグインやテーマのフォルダをザクッと削除してしまうのが一番です。訳が分からなくなって全部削除してしまうと、原因も解りませんし、何よりせっかく作った環境を壊してしまうこともありますので、

テーマのfunctions.phpを変更したら画面が真っ白になったときは

テーマやプラグインの充実でカスタマイズ性の高いCMSツールWordpress。でも、プラグインを新規導入したら、テーマのファイルをちょっと変更してみたらいきなり画面が真っ白になった経験ありませんか?今回はテーマのFunctions.php編集に失敗した際の対処方法を紹介します。

をそれぞれ参照ください

トップへ戻る