いざというときに使える、論より証拠の「ドライブレコーダー」

公開日:2015年12月5日 おすすめアイテム

普段は何ともないけどいざというときに必ずトラブルになるのが交通事故後の処理。止まっている車に追突されたりといったいわゆる10対0の場合には特にもめることはありませんが、双方が動いている場合には結構大変だったりします。

そんなときに役立つのがドライブレコーダー。本当は相手の方が悪いのに、すごい剣幕で主張されて結局自分が悪いことになり、証拠もないから泣き寝入り・・・なんてことにならないように「いざ」というときの対策をしておきましょう。

「ドライブレコーダー」の人気商品





ドライブレコーダー選びのポイント

店頭や通販などの情報を見ているとやたらと高いものの方がいいという都市伝説?があります。

ドライブレコーダー選びでチェックしたいポイントは

  1. 後ろの情報が記録できるかどうか?(バックカメラがあるかどうか)
  2. 記録する媒体は何か?取り外して別のもので見たり転送したりできるか??
  3. 取りつけは簡単か?

といったところ。よくよく考えると、事故したときに直前の数秒間の映像が撮れれば済む話ですから、何が必要で何が不要かをよく考えて選ぶようにしましょう。

主用途であれば、個人的には安いものでも十分に使えると思います。

  • 記事の作者: ひまあーと(管理人)

  • ☆最後までお読みいただきありがとうございました。記事作者のひまあーとです。
    ☆Wordpressでサイトをカスタマイズしていく上で有用な情報を配信しつつ、「ココナラ」でサイトカスタマイズのお手伝い、不具合の修復、サイト引っ越し代行などをさせていただいております。
    ☆Wordpressネタが多いですが、趣味の「園芸」「卓球」などの情報や日々の出来事などもどんどん増やしていきますのでよろしくお願いいたします。


QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

【スポンサーリンク】


閲覧いただきありがとうございました。役に立つ情報でしたら是非SNSでシェアをお願いします