WordPressで固定ページにも投稿のカテゴリーを設定し、アーカイブに含めることができるプラグイン「Add Categories to Pages.」 | Knowledge Base

WordPressで固定ページにも投稿のカテゴリーを設定し、アーカイブに含めることができるプラグイン「Add Categories to Pages.」

「Add Categories to Pages.」は基本的に独立構造を持つWordpressの固定ページを投稿のカテゴリーに結び付けるためのプラグインです。これでガラパゴス化してしまいがちな固定ページに投稿と共通のカテゴリーを持たせることでカテゴリーページを通じた内部リンクを作成することができます。

【Add Categories to Pages.】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 固定ページにカテゴリーの要素を持たせる
  2. カテゴリーアーカイブページに紐づいた固定ページも表示
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Add Categories to Pages.】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Add Categories to Pages.】プラグインは設定項目がないので必要ありません

【Add Categories to Pages.】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Add Categories to Pages.】プラグインの基本的な使い方

固定ページの編集画面を開くと通常の投稿記事編集画面同様の「カテゴリー」が表示されます。カテゴリーを登録しておけば、カテゴリー一覧ページへ固定ページも表示されるようになります。

この機能が加わると、時間管理部分と個別テンプレート適用機能以外の部分に関して固定ページと投稿との境目がほとんどなくなりますね。

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー
トップへ戻る