Plugin "Admin Tools" that prevents other admin users from changing various settings

他の管理ユーザーが様々な設定を変更できないようにするプラグイン「Admin Tools」

公開日:2017年2月24日 バックエンド(管理)

WordPressに管理権限があるのはご存じですね。その中でも「Administrator(管理者)」権限を持つユーザーはサイトに関するすべての変更ができるようになっています。

逆にそれ以下のユーザーは投稿に関する権限はあってもその他の権限がありません。そこで例えば

  1. 有料でサイト制作をしてクライアントに納品する際
  2. 企業サイトで社内に複数の管理権限を持たせる場合

などはどうコントロールしてますか??というのは、他の人に任せてサイト管理をしてもらう場合には、ユーザー登録や削除など「ユーザー」に関する業務は必要ですよね?でもこれを実行できるのは「管理者」権限のみ。

ただ、管理権限ではユーザー回りの処理の他にデザインの変更やプラグインの導入・更新、WordPress本体の更新、テーマの変更や更新など全部できてしまうので、不具合が起こらないように更新をしてほしくない、何が使われているか分からないようにしたい場合には困りますね。

これを解決してくれるのが今回紹介する【Admin Tools】です。

「Admin Tools」は管理ユーザーでログインしたときに表示される様々な項目を非表示にできるだけでなく、指定したユーザーを「スーパー管理者(?)」として設定することができますので、他の管理ユーザーからもそのアカウントが見えなくなるためトラブルが少なく、不具合があった際には外部から「スーパー管理者(?)」として作業できるようになりますから、特にクライアントに納品するサイトでは重宝するプラグインだと思います。

【Admin Tools】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 特定の管理ユーザーをユーザー一覧から非表示にできる
  2. 1で指定したユーザー以外は「admin tools」プラグインを非表示にする
  3. ログインロゴ・WordPressロゴの変更
  4. 編集されたくないメニューを非表示にする
  5. 使用しているプラグインを非表示にする
  6. 管理バーの表示内容を限定したり非表示にしたりする
  7. 更新通知を非表示にしたり、自動更新をコントロールしたりする

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。

さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。

そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。

本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、テスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Admin Tools】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

当サイトで私が翻訳した【Admin Tools】プラグインの日本語化ファイルを配布しています。

翻訳ファイルは

からダウンロードできます(ダウンロードの方法や日本語の適用方法なども解説しています)

翻訳することで設定が容易になり、重要な項目の設定漏れも少なくなりますから日本語化をお勧めします。

【Admin Tools】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、WordPressのプラグイン公式配布ページからダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください(プラグインの公式ページは本ページ内記載のリンクをクリック、もしくは、WordPress公式サイトで検索してください)。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

【Admin Tools】プラグインの基本的な使い方

設定はダッシュボードから「設定」→「Admin Tools」で行います。設定画面は5つのタブに分かれていますのでそれぞれの項目について紹介します。

【基本】タグ

  1. 他のユーザーから管理ユーザーを非表示にする
  2. 管理ユーザー以外から「admin tools」プラグインを非表示にする
  3. ログインロゴを変更

【管理メニュー】タグ

選択した権限やユーザー以外へのメニューを非表示にする

左サイドバーに表示されるメニュー項目1つ1つを非表示にできます

【プラグイン】タグ

プラグイン一覧ですべてを表示するユーザーを選択します

プラグイン一覧に表示されるプラグインを1つ1つ非表示にできます

【管理バー】タグ

上部の管理バーの表示/非表示や表示する項目の限定ができます

【詳細】タグ

  1. 更新通知の表示・非表示を設定します
  2. WordPress本体の更新を行うことができるユーザーを選択します
  3. WordPress.org(公式サイト)で配布されているプラグインの更新を行うことができるユーザーを選択します
  4. WordPress.org(公式サイト)で配布されているテーマの更新を行うことができるユーザーを選択します
  5. 自動更新を停止
  6. 翻訳ファイルの更新を無効
  7. 更新通知メールを無効
  8. admin toolsプラグインの更新を無効

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。