WordPressで長いコンテンツを自動的にページ分割するプラグイン「Automatically Paginate Posts」



「Automatically Paginate Posts」プラグインは長い文章を書いた記事を自動で分割してくれるプラグインです。記事・固定ページはもちろんカスタム投稿タイプも使え、今まで書いた過去記事も含めて自動で設定してくれるのがいいところです。
通常ページ分割をする場合にはnextpageタグを使うのですが、今から書く記事は手動で設定できても、過去記事までをメンテナンスするのは大変な作業です。また、後々ページ分割を解除したいときはすべてのページに挿入したnextpageタグを削除していく必要があり、これまた骨の折れる作業です。「Automatically Paginate Posts」はこうしたわずらわしさを払拭する便利なプラグインです。



【Automatically Paginate Posts】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 記事・固定ページの文章を分割して表示
  2. カスタム投稿タイプの文章を分割して表示
  3. 分割ページ数をあらかじめ決めておいて分割する
  4. 文節数を計算して分割する
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Automatically Paginate Posts】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Automatically Paginate Posts】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Automatically Paginate Posts】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

設定は、
「設定」→「表示設定」もしくは「プラグイン」→「Automatically Paginate Posts」の設定ボタンから行います。

設定項目としては、
1.適用するタイプ(固定ページ・記事・カスタム投稿タイプなど)を指定
2.あらかじめ設定したページ数に分割するか、文節数で分割するかを選択
で完了です。

【Automatically Paginate Posts】プラグインの基本的な使い方

基本的には設定したものは過去のコンテンツにすべて反映されます。ページ分割の必要がないコンテンツは編集画面で個別に分割解除することができます(編集画面のサイドバーに設定項目が新設されます)。

使ってみた印象として、文章の途中などで勝手に分割されたら読みにくいと思っていたのですが、それほど違和感なくきちんと分割してくれるようです。ページ番号ボタンも自動で作成されるので、設定するだけでフルオートになります。
文節数で分割するようにした場合には、サイトのプレビューを見ながら一番しっくりくる(サイドバーの長さなどとの兼ね合いなど)ように調整するといいと思います。ちなみに当サイトは30に設定しています。

前述しましたが、ショートコードを使うプラグインなどに発生しがちな「使わなくなったら個別に全部のページをメンテナンス」ということはなく、ページ分割を使用しなくなったらプラグインを停止すれば終わり!!となりますのでわずらわしさはないと思います。

【Automatically Paginate Posts】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

要因の1つはお約束の個別ページとアーカイブページでの重複だったのですが、その他大きな割合で発生していたのがページ分割が要因の重複コンテンツでした。訪問者に見やすくしたつもりが、一番大切な?検索エンジンのGoogleから重複として判定されていたのにはちょっとショックでした。

の記事で書いたのですが、テーマによってはページ分割がGoogleで重複コンテンツと判断されることがあるようです。ソースやSearchconsoleなどで確認しながらの導入をお勧めします。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る