WordPressのカスタマイズ方法やプラグインレビューを中心に、パソコン/動物/植物のことなどを紹介するホームページです
"Automatically Paginate Posts", a plugin that automatically paginates long content

長いコンテンツを自動的にページ分割するプラグイン「Automatically Paginate Posts」

公開日: その他

「Automatically Paginate Posts」プラグインは長い文章を書いた記事を自動で分割してくれるプラグインです。記事・固定ページはもちろんカスタム投稿タイプも使え、今まで書いた過去記事も含めて自動で設定してくれるのがいいところです。
通常ページ分割をする場合にはnextpageタグを使うのですが、今から書く記事は手動で設定できても、過去記事までをメンテナンスするのは大変な作業です。また、後々ページ分割を解除したいときはすべてのページに挿入したnextpageタグを削除していく必要があり、これまた骨の折れる作業です。「Automatically Paginate Posts」はこうしたわずらわしさを払拭する便利なプラグインです。

【Automatically Paginate Posts】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 記事・固定ページの文章を分割して表示
  2. カスタム投稿タイプの文章を分割して表示
  3. 分割ページ数をあらかじめ決めておいて分割する
  4. 文節数を計算して分割する

本記事を参考にWordPressサイトへプラグインの導入を検討される方へ

WordPressは古くから無料で配布されているサイト作成ツール(CMS)で、随時改良が加えられており、さまざまなバージョンが存在します。さらにWordPressを動かすためのプログラムであるPHP、サイトのデータを保存しておくためのデータベースについても様々なバージョンがあります。そしてWordPress本体同様にプラグインについてもさまざまなバージョンが存在します。本記事を参考にプラグインの導入をお考えの方は、以下に留意の上でインストールするようにしてください。

  • テスト環境での動作に基づいた紹介記事ですので、すべての環境で正常に動作するかどうかは不明です
    ※本記事の内容についてはページ内に記載しているプラグインバージョンのものになります。現在のバージョンと異なる場合、機能などが異なる場合があります。
    ※また、ページによってはテスト環境、テストしたプラグインバージョン等の表示が本文内にない場合、ページタイトル下にある最終更新日当時の情報となりますので、現在のバージョンでは全く違う機能となっているかも知れません。
  • プラグインに無料版と有料版(Pro版)がある場合、特に記載がなければ無料版の情報のみを紹介しています
  • このページでプラグインを使用する際に必要なショートコードやコードなどは、コピーして使用することができますが、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。
  • プラグイン本体の動作不具合や質問などは公式サイトのフォーラムなどで行ってください(ここでは質問にお答えすることはできません)

【Automatically Paginate Posts】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Automatically Paginate Posts】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Automatically Paginate Posts】プラグインのインストールと設定

インストール方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名を入力して検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordPressのプラグイン公式配布ページがダウンロード後、管理画面からアップロードインストールしてください。

WordPressを使い始めて間もない方(初心者の方)は、より詳細なプラグインのインストール手順や、インストール時に起こる問題などへの対処方法をまとめた【WordPress】プラグインのインストール&追加方法とエラー対処の方法も併せてご覧ください。

設定は、
「設定」→「表示設定」もしくは「プラグイン」→「Automatically Paginate Posts」の設定ボタンから行います。

設定項目としては、
1.適用するタイプ(固定ページ・記事・カスタム投稿タイプなど)を指定
2.あらかじめ設定したページ数に分割するか、文節数で分割するかを選択
で完了です。

【Automatically Paginate Posts】プラグインの基本的な使い方

基本的には設定したものは過去のコンテンツにすべて反映されます。ページ分割の必要がないコンテンツは編集画面で個別に分割解除することができます(編集画面のサイドバーに設定項目が新設されます)。

使ってみた印象として、文章の途中などで勝手に分割されたら読みにくいと思っていたのですが、それほど違和感なくきちんと分割してくれるようです。ページ番号ボタンも自動で作成されるので、設定するだけでフルオートになります。
文節数で分割するようにした場合には、サイトのプレビューを見ながら一番しっくりくる(サイドバーの長さなどとの兼ね合いなど)ように調整するといいと思います。ちなみに当サイトは30に設定しています。

前述しましたが、ショートコードを使うプラグインなどに発生しがちな「使わなくなったら個別に全部のページをメンテナンス」ということはなく、ページ分割を使用しなくなったらプラグインを停止すれば終わり!!となりますのでわずらわしさはないと思います。

【Automatically Paginate Posts】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、WordPressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

の記事で書いたのですが、テーマによってはページ分割がGoogleで重複コンテンツと判断されることがあるようです。ソースやSearchconsoleなどで確認しながらの導入をお勧めします。

WordPressのカスタマイズ・不具合対応などご相談ください

Wordpressのカスタマイズ、不具合解消のご相談はすべてココナラのダイレクトメッセージからお受けしております。まずはこちらのバナーからお気軽にお問い合わせください。