WordPressで元画像を変更せずに表示された画像へ透かし(Watermark)を自動挿入するプラグイン「Dynamic Watermark」

写真サイトを作っていて困るのが、アップした画像の無断盗用。無断でダウンロードされ、あたかも自身で撮影したようにブログなどで使われたり、WordpressのようにURL経由で画像を挿入できたりするツールで勝手に使用されたりすることもあります。

WordPressに限って言えば、URLから画像を挿入して使用する場合、画像のリンク先を元サイトにしておく(画像のあるページにしておく)ことが最低限のエチケットだと思うのですが、やられていないケースも多くあります。

中にはインターネット上にアップロードされている画像は自由に使っていいものと認識している方がいることもしばしばで、確信犯的に盗用されるよりももっとやっかいな問題になりますね。対策としては画像に透かし(ウォーターマークと言います)を入れることが最善かつ最良の策になるのはホームページ作りをしている方にとって常識となっています。

通常画像が盗用(許可を受けて使用する場合も含む)されても所有者が分かるように、アップロードする前に画像へ透かしを入れるのが一般的ですが、1枚1枚挿入するのはとても面倒な作業ですし、誤ってオリジナルの画像に透かしを入れてしまい、せっかく撮影した画像が台無しになることもあります。

そこで、何でもできる?Wordpressのプラグインには画像保護のために透かし(Watermark)を管理画面上から入れられるものが複数リリースされているのですが、ほとんどのプラグインが元画像以外に作成される「大」「中」「サムネイル」の3サイズの画像に対して透かしを適用した形で保存するもので、後々透かしを入れ替えたくなってもできないものがほとんど。

そうなると、元画像からこれらの画像を再生成して再加工となるので、これもまた面倒。そんなときに役立つのが「Dynamic Watermark」です。

「Dynamic Watermark」は、アップロードしてWordpressで使用できるようにしている画像すべてに対して、設定した画像が表示されたときに自動で透かしを入れた状態にするプラグインで、画像に一切加工を加えない(動的に動作する)のが最大の魅力です。

スポンサーリンク



【Dynamic Watermark】プラグインの基本的な機能・できること

  1. フロントエンドで画像を表示する時、動的に設定した透かしを挿入する
  2. 「画像を保存」などパソコン側のメニューでパソコンに保存される画像にも透かし入りのものが適用される
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Dynamic Watermark】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Dynamic Watermark】プラグインは日本語化が可能な言語ファイルが同梱されていますので、翻訳を行えば日本語での使用が可能ですが、設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Dynamic Watermark】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Dynamic Watermark】プラグインの基本的な使い方

  1. 透かし(Watermark)を作成します
  2. 透かしの作成はパソコンにあらかじめインストールされているペイントで作ることもできるのですが、「AquaMaker2」というフリーソフトがおすすめです。

    画像を作成したら、「.png」形式で保存します。「AquaMaker2」の場合は「ファイル」→「png形式で出力」を選択するとPNG形式で画像が作成できます。

  3. ダッシュ―ボードから「設定」→「Dynamic Watermark」を開き、以下の設定を行います
    1. Enable watermarking/ウォーターマークを自動挿入するか?
    2. Print user ID/ウォーターマークにユーザーIDを挿入するか?(通常はOFFにします)
    3. Change watermark (PNG only)/表示されている画像をクリックして先ほど設定した画像をアップロードして設定します
    4. Position watermark/ウォーターマークの位置を設定します
    5. Scale watermark/ウォーターマークの大きさを設定します
    6. すべての設定が完了したら「変更を保存」をクリックします

これで設定は完了です。記事に挿入された画像が表示されると自動でウォーターマークが付加されます。

本文内だけでなく、アイキャッチ画像などにも適用されます。

透かしを外したい場合はプラグインを停止するだけです。ウォーターマークの変更も上の設定で画像を変更するだけです。

設定を行えばあとは自動で動作します

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
【中古】 WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスターできる / エビスコム / ソシム [単行本]【メール便送料無料】【..

【中古】 WordPressレッスンブック ステップバイステップ形式でマスターできる / エビスコム / ソシム [単行本]【メール便送料無料】【..

323 円 (税込)
著者:エビスコム出版社:ソシムサイズ:単行本ISBN-10:4883377245ISBN-13:9784883377244■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■メール便は、1冊から送料無料です。※宅配便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅配便を..
【新品】【本】小さなお店&会社のWordPress超入門 初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! オリジナルのテーマであっと..

【新品】【本】小さなお店&会社のWordPress超入門 初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! オリジナルのテーマであっと..

2,138 円 (税込)
■ISBN:9784774182186★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になりますタイトル【新品】【本】小さなお店&会社のWordPress超入門 初めてでも安心!思いどおりのホームページを作ろう! オリジナルのテーマであっという間にホームページができる! 星野邦敏/著 大胡由紀/..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る