WordPressでサイト内検索語句をタグクラウドのように表示できるプラグイン「Frequently Searched Words」

役に立つ情報でしたら是非拡散(シェア)をお願いします

Wordpressでページビュー数を増やす方法の1つに「サイト内検索」がありますね。最初は必要だろうという感じで表示してあっても、あまり使われている印象がないサイト内検索窓なので、いっそ外してしまおうかと考える方も少なくないと思います。

ただ逆に実際には使われているのに履歴がないから勝手に使われていないと思いこんでいるということもあるかも知れません。特に初期と比べて投稿などのコンテンツはどんどん増えている訳ですから、訪問した方がサイト内検索をするというケースは増えていくかもしれません。

では「どんな単語でサイト内検索されたか」を知る方法はないの?ということで探したらありました。おそらくこの機能を持つプラグインは唯一位のものだと思います。プラグインの名前は【Frequently Searched Words】です。

スポンサーリンク



【Frequently Searched Words】プラグインの基本的な機能・できること

具体的に何をするプラグインかというと

  1. WordPressのサイト内検索機能を使って検索した単語を記録し、管理画面上で集計して表示
  2. よく検索される単語をショートコードを挿入することで表示

といった機能が追加されるようになっています。

そこで、Wordpress標準の検索機能はあまり使えないから別のものにしている・・・ということを前提に私が作るサイトでは必ず入れているサイト内ライブ検索プラグイン「Search Live」

「Search Live」は検索するフリーワードを入力してしばらくすると自動で検索が開始され、候補が表示されるプラグインです。ウィジェットでも投稿や固定ページでも使用できるのがいいところだと思います。

でサイト内検索したデータもきちんと反映されました。要するに、他のプラグインでもWordpressの検索機能を流用しているものであればOKということのようです(自身のサイトで確認してみてください)。

この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Frequently Searched Words】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Frequently Searched Words】プラグインは設定項目が少ないので特に必要ないと思います

【Frequently Searched Words】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Frequently Searched Words】プラグインの基本的な使い方

インストールして有効化したときから履歴が取られるようになっています。

検索語句と検索された数についてはダッシュボードから「Search Words」を開くと確認できます。この情報を投稿本文やウィジェットなどへショートコードで表示できるようになっています。

[wp-frequently-searched-words]が基本的なショートコードで

  1. class = “CSSクラス”
  2. id = “IDクラス”
  3. limit = “5”(デフォルト:10)

を追加してデザイン要素や表示数の調整ができます。

また、「Search Words」で表示される検索ワードは任意に削除することができますから、テストで使用した単語や相応しくない単語、おおよそサイトの内容と関係ない(検索結果がない)単語は削除のみできるようになっています。私的には削除できても編集や追加ができないところが正直な感じがして気に入っています。

【Frequently Searched Words】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

おまけ 表示を横並びにするには

出力自体はリストタグなので、普通にショートコードで本文やサイドバーウィジェットへ表示すると単語ごとに改行される普通のリストとして表示されます。タグクラウドのように横に並ぶだけ並んで・・・という感じにできればという方のためにコピペでできるようにしておきますので使ってみてください(環境によってはうまく動作しないかもしれません)。

まずはショートコードにCSSクラスを追加します
[wp-frequently-searched-words] ↓   ↓   ↓
[wp-frequently-searched-words class=”fsw-original”]

クラス名は「fsw-original」にしました。別のものにする場合には下のCSSも変更してください

/********* Frequently Searched Wordsのリスト表示を横ならびにする ************/
.fsw-original ul {
  font-size: 0;
}
.fsw-original li {
  display: inline;
  font-size: 14px;
}

これで横並びになります。さらに周りを囲んだりするには

border:1px solid #000000;
  border-radius: 3px;
  padding:5px 0px 2px 2px;
  margin-right:5px;
などといった要素を入れればいいでしょう。

また、表示される文字はリンク文字列ですから通常は別の色にアンダーラインが引かれてしまいますので

.fsw-original li a{
  text-decoration: none;
  color:#000000;
  font-size: 14px;
}   
というリンク文字列に対するCSSを加えれば自由に表現できます(上のコードは14ポイントの文字で文字色を黒にしてアンダーラインを除くという意味です)

リストの中身を横並びにする方法は他にもいくつかありますが、これが一番単純だと思います。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
いちばんやさしいWordPressの教本第3版 [ 石川栄和 ]

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 [ 石川栄和 ]

1,706 円 (税込) 送料込
評価 4
石川栄和 大串肇 インプレスBKSCPN_【bookーfestivalーthr】 イチバン ヤサシイ ワードプレス ノ キョウホン イシカワ,ヒデカズ オオグシ,ハジメ 発行年月:2017年02月 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784295000792 石川栄和(イシカワヒデカズ) 株式会社ベクトルの..
できるWordPress WordPress Ver.4.x対応 [ 星野邦敏 ]

できるWordPress WordPress Ver.4.x対応 [ 星野邦敏 ]

1,512 円 (税込) 送料込
WordPress Ver.4.x対応 星野邦敏 相澤奏恵 インプレスデキル ワード プレス ホシノ,クニトシ アイザワ,カナエ 発行年月:2017年08月 ページ数:254p サイズ:単行本 ISBN:9784295002017 星野邦敏(ホシノクニトシ) WordPressのテーマやプラグインを開発している株式会..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る