WordPressで一定の時間内でのログイン試行回数を制限するセキュリティプラグイン「Login LockDown」



Wordpressで会員制サイトなどを作り、たくさんのユーザーからログインされるようなサイトを運営する際のログインセキュリティ対策はどうしていますか?

また、単純にユーザー名やパスワードを忘れてログインの失敗が続く場合ではなく、適当なユーザー名やパスワードを使ってログイン試行を行う「ブルートフォースアタック」の標的になっていませんか?

単純なミスによる試行に関しては仕方ないとしても、悪意を持って短時間に不正ログイン処理を繰り返されると、少なからずサーバーに負担がかかり、最悪の場合はサーバーがハングアップしてしまう、高負荷によりアカウントが停止され、せっかく作ったサイトが凍結されてしまうということもあります。

対策として一般的なのは「capcha認証」。出てきた数字を入力したり、画像の位置を合わせたりするものなのですが、ユーザーがログインするときには重宝するものの、管理者がログインするときには面倒で仕方ないですよね?何か対策はないか?を満たしてくれるのが「Login LockDown」プラグインです。

「Login LockDown」は同一のIPから○○分の間に○回ログインに失敗した場合○○分間ログイン処理を行うことを制限するプラグインです。

同じ用途のプラグインが多数リリースされていますが、時間設定や回数設定の変更が有料版でのみ行えるものが多いのですが、このプラグインは無料で調整が可能です。



【Login LockDown】プラグインの基本的な機能・できること

  1. 設定した時間内に多数のログイン失敗があった場合、ログイン処理を中断する
  2. ログイン失敗時に表示される「○○が違います」を表示しないようにする
この記事の内容について
このプラグイン紹介記事は簡易的に動作テストをした上で紹介していますが以下の点にご注意願います
  1. すべての環境で動作するとは限りません
  2. できる限り最新のバージョンの情報を紹介するようにしておりますが、閲覧される時期によってはバージョンが変わり、仕様が大きく変更されている場合があります
  3. 有料版と無料版がある場合、テストは原則無料版のみで実施しています
  4. テスト環境については文末に記載しています
  5. 使用方法で紹介しているショートコードをコピーして使用すると、環境によっては記号などが文字化けすることがあります。コピーしたのに動作しない場合は特に「”」「’」などの記号を入力し直してみてください。

【Login LockDown】プラグインの設定画面や表示の日本語化と翻訳

【Login LockDown】プラグインは言語の変更に未対応ですので表示のまま設定することになります

【Login LockDown】プラグインのインストールと設定

インストールと設定方法

インストールはプラグインの新規追加でプラグイン名で検索してインストールするか、ページ先頭の画像をクリックして表示されるWordpressのプラグイン公式配布ページがダウンロードしてからアップロードインストールします。

インストール方法の詳しい解説は

Wordpressと言えばさまざまな追加機能を使って思い通りの表現や動作ができるのがブログやHTMLで作ったサイトと違って楽しいところですね。ここでは基本的なプラグインの導入の仕方とトラブルが発生した場合の対処方法について解説します。
を参照ください

【Login LockDown】プラグインの基本的な使い方

簡単な英語で書かれていますがやっぱり日本語化できないのは不便・・・ということで設定方法を解説すると

ダッシュボートの「設定」→「Login LockDown」を開き、

  1. Max Login Retries/同一IPから何回ログイン失敗したら制限を行うかの数を設定します
  2. Retry Time Period Restriction (minutes)/ログイン画面が表示されてからログインするまでの時間を分単位で設定します
  3. Lockout Length (minutes)/ログイン失敗により制限されたIPから再度ログインが行えるようにするまでの時間を分単位で設定します
  4. Lockout Invalid Usernames?/ここにチェックを入れるとパスワードだけでなく「ユーザー名の相違」も失敗回数に含めるようになります
  5. Mask Login Errors?/ログインエラーの理由を非表示にすることができます
  6. Show Credit Link?/プラグイン作者へのリンクを表示するかどうかの設定です

要するに2の時間内に1で設定した回数ログインを失敗すると3の間同一IPからのログイン処理をできないようにするという動作をします。

ついでのように書かれていますが、よりセキュリティを上げるためには4のユーザー名を含めることも重要ですし、5のログインエラーの理由を表示しないようにすることも大事だと思います。

【Login LockDown】プラグインの便利な使い方・カスタマイズ方法など

より便利に使うカスタマイズ技やテストサイトで使用した結果や感想、Wordpressのプラグイン公式配布ページには書かれていない事柄などを紹介します。

よりセキュリティアップを図りたい方は

インストールも簡単でレンタルブログよりも機能的なサイトが作れて、しかもカスタマイズできる「テーマ」や「プラグイン」も充実している、まさにいうことなしなサイト作成ツールであるWordpress。簡単故に潜む危険をご存じですか?未対策のまま使い続けているとしたら「このサイトを乗っ取ってください」と言っているようなものかもしれません。サイトが勝手に改変されたり乗っ取られたりする前に、簡単かつ最低限やっておきたいセキュリティ対策についていくつか紹介したいと思います。

も併せてご覧ください。

Wordpressの本

Amazonの人気商品楽天市場の人気商品
CS Shop
小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

小さな会社のWordPressサイト制作・運営ガイド【電子書籍】[ 田中勇輔 ]

2,894 円 (税込) 送料込
<p>【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】<..
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 [ 田中勇輔 ]

2,570 円 (税込) 送料込
あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運 田中勇輔 翔泳社ウェブ タントウシャ ノ タメノ ワードプレス ガ ワカル ホン タナカ,ユウスケ 発行年月:2015年09月15日 ページ数:287p サイズ:単行本 ISBN:9784798142708 田中勇輔(タナカユウスケ) Webディレク..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

プラグインに関するお問い合わせ

「こんなプラグインないの?」「設定方法をもっと詳しく教えてほしい」「プラグインを少しカスタマイズして使いたい」などのご相談は、こちらのリンクからお願いします(【ココナラ】のサイトへ移動します)。

ココナラ Wordpress プラグイン探し バナー

似たようなプラグインをお探しですか?

このプラグインはに分類されています。リンクをクリックすると同じような機能を持つプラグインの紹介記事一覧が表示されますので、プラグイン探しに是非ご活用ください。
トップへ戻る